マンション欠陥施工で東急不動産が呆れた説明

責任のなすり合いを続ける関係者たち

初出:林田力「マンション欠陥施工に対する東急不動産の呆れた説明」オーマイニュース2007年7月30日

住宅において水回りはトラブルになりやすい。東急不動産の新築分譲マンションでの排水通気管の欠陥施工を紹介する。欠陥は特定の部分のみ排水通気管の口径が細いというものである。特定部分の口径が細くなっているため、排水時に通気不足が生じ、排水管からゴボゴボという大きな騒音が発生し、居住者を悩ましていた。
問題の物件は株式会社ピーエス三菱東京建築支店が施工し、株式会社昇建築設計事務所(金井照彦代表)の竹内久・一級建築士が設計・監理者となった。東京都江東区にあり、2003年9月に竣工したマンションである。
驚くべきは特定の部分のみ通気管口径が細くなった経緯に対する東急不動産の説明である。騒音は2003年の引渡し直後から居住者を悩ましていたが、東急不動産の反応は鈍かった。管理組合宛回答書(2007年4月26日)においてようやく経緯を説明した。
「施工会社からは、現場で本系統は7F天井懐で梁との納まりの関係で施工難易度高く、他の選択・施工ができないかの問い合わせを、設計・監理会社に行ったこと申告ありました。一方、設計・監理会社は、本件は、販売用パンフに従い室内空間等を確保し、配管径も確保・施工するよう指示あったとされています。」
回答書ではピーエス三菱と昇建築設計事務所による責任のなすり付けあいを東急不動産が他人事のように記述する。しかし、ピーエス三菱と昇建築設計事務所の両者の主張は共に筋が通らない。
第一に施工会社には設計通りに施工する責任がある。施工会社が設計者に設計変更の希望を口にすることは許されるが、設計者が変更に応じない以上、設計通りに施工しなければならない。設計者の了解を取らずに勝手に施工しやすい方法で施工してしまったならば手抜き施工になる。
ピーエス三菱は昇建築設計事務所に対し、「他の選択・施工ができないか」という問い合わせをしたとされる。しかし、昇建築設計事務所がピーエス三菱の問い合わせに応じて設計変更したとは主張していない。反対に昇建築設計事務所は配管径を確保して施工するよう指示したと主張する。設計変更がなされていないにもかかわらず、ピーエス三菱は施工難易度が高いという工事会社の都合で勝手に細い配管で施工してしまった。ピーエス三菱のしたことは手抜き施工である。
第二に監理者には設計通りに施工されたかを確認し、されていない場合に是正する責任がある。ピーエス三菱が勝手に細い配管で施工したことは問題であるが、それに対し、確認・是正しなかった昇建築設計事務所の竹内久・一級建築士は工事監理者としての責任を果たさなかったことになる。
結論として、ピーエス三菱も昇建築設計事務所も共に責任を有耶無耶にしているが、両社に責任がある。それを悪びれずに平然と管理組合宛ての文書で書く東急不動産の神経にも驚きである。三社とも消費者のことは考えていない。全て自社の責任逃れである。しかも最後は自社のためになるから、ここは自己を殺そうという遠回しの論法も頭になく、その場限りの短絡的な責任逃れであった。
マンションは多くの消費者にとって一生に一度あるかないかの大きな買い物であるが、作り手が品質に対して、いい加減であることを示す一例である。このマンションを記者は購入したが、不利益事実(隣地建て替えなど)を説明されなかったために消費者契約法に基づき、売買契約を取り消した(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社、2009年)。契約取り消しの正しさを実感させた欠陥施工であった。

アルス欠陥
東急不動産の管理組合宛て文書(撮影:林田力、撮影日2010年7月9日)

TOP
BACK
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた著者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判で売買代金を取り戻した闘いの記録(ロゴス社、2009年7月1日発行)。
東急不動産だまし売り裁判
書店
アマゾン
楽天ブックス
ジュンク堂書店
BK1
JBOOK
TSUTAYA
紀伊國屋
HMV
リンク
hayariki.net はやりき シーサー
Jakou
ヤプログ
ジュゲム
FC2
Yahoo!
goo
Excite
Shinobi
ウェブリ
楽天
のブログ
teacup
ライブドア
Copyright (C) 2010 hayariki All rights reserved.