ブランズシティ久が原・奇跡の森伐採

林田力

東急不動産は「(仮称)ブランズシティ久が原計画」のために江戸時代からほぼ手つかずの貴重な自然林を伐採した。住民らは東急不動産の自然破壊を批判する。ブランズシティ久が原は自動車交通量増加や六郷用水跡の景観破壊の問題も抱えている。

建設地は東京都大田区鵜の木1丁目である。約9千平方メートルのほとんどが樹木で覆われていた。地域住民からは地主にちなみ「天明(てんみょう)さんの森」と親しまれていた。区内最大とされたトチやイチョウなど幹の直径1メートルクラスの大木をはじめ、直径10センチ以上の樹木が581本あった(「江戸からの「奇跡の森」、開発で伐採 なぜ守れなかった」朝日新聞2015年1月18日)。朝日新聞は「奇跡の森」と表現している。

「鵜の木」の地名は鵜が多く住み着いており、豊かな森が広がっていたことに由来する。東急不動産の伐採は地域破壊である。東急不動産は「奇跡の森」を伐採して全てを台無しにしてしまった。ブログでは以下の批判が表明された。「数本の木を残すだけの悲しい姿の森を見ると、もう少しなんとかならなかったのかと悔やまれます」(「ええっ?「奇跡の森」だったの?」『(仮称)ブランズシティ久が原ってどうよ?』2015年1月18日)

「西側の塀も撤去され、丸裸の痛々しい姿を晒しています。失われた森はもう二度と元には戻りません。本当に悲しいです」(「朝日新聞「江戸からの『奇跡の森』、開発で伐採 なぜ守れなかった」」『「(仮称)ブランズシティ久が原計画」周辺住民のブログ』2015/01/18)

「建設を強引に押し進めようとする事業者に対する憤りを禁じえません」(「かつての森の残骸」『「(仮称)ブランズシティ久が原計画」周辺住民のブログ』2015/01/24)

「CSR(企業の社会的責任)の文章のなかに、人の手が入っていない都心の貴重な森林を守ろうなどという姿勢は1ミリも感じられないのは筆者だけか」(「「奇跡の森」を伐採 不動産会社は企業の社会的責任を果たしているか」『マンション・チラシの定点観測』2015/01/18)

「こういう森を残せるのが本当の豊かさだと思うのですが、残念です」(「江戸からの「奇跡の森」、開発で伐採 なぜ守れなかった ( 自然保護 )」『えぞももんが通信』2015/01/19)

東急不動産の広報担当者は新聞の取材には「任意である生態系調査も実施した」と答えている(重政紀元「江戸からの「奇跡の森」、開発で伐採 なぜ守れなかった」朝日新聞2015年1月18日)。これは形式的なものと批判されている。「みどりを守る気など最初からさらさらない東急が形だけの調査をして、そんなものはいなかったとする調査結果を作るのは当然でしょう」(「ウグイスよ、さようなら!」『(仮称)ブランズシティ久が原ってどうよ?』2015年1月2日)

地域住民らは六郷用水跡の緑ある景観と安全を守る会を結成した。六郷用水散策路の安全と景観を守る会は2014年12月3日付で東急不動産株式会社代表取締役三枝利行宛に「六郷用水散策路の安全と景観保全に関する要望」を送付した。

要望書は以下のように述べていた。「計画予定地は、大田区「環境基本計画」「グリーンプランおおた」で「緑の拠点」として指定を受け、大田区として樹木の保全を進めている地域です。この樹木のほとんどすべてを伐採してしまうことは、区の方針に反します」

東急不動産の森林伐採批判

東急不動産の森林伐採に対してTwitterでも批判が寄せられている。「なんも価値がわからなかったんだね・・・この森に」

「日本でも、あとで緑化をすれば、開発を許すという考えはやめるべきだ」

「緑化面積とか生態系調査とか言ってますが、問題はそんな事じゃないだろ。。。 地主も不動産屋も、結局はお金なんでしょう。 今どき信じ難い文化レベルの皆さんですね」

「こういうことして世界遺産認定欲しがる、おかしな日本」

「あとで植樹すれば既存の森林を伐採して開発を許可するという発想には無理があるでしょう」

「本当に、どうして、守れなかったんだろう。江戸時代から残る森を伐採してまで、マンションを建てるって。。。日本ってこういうところ、本当に遅れていると思う」

「配達先で毎日通るけど、マジで今無残。守るべきものは守れる国であろうぜ」

「東京はマンションを未だに建設し続けているが、これ以上人口を増やさないでほしい。電車やバスは混むし、道路の渋滞も異常なほどだし」


ブランズシティ久が原伐採報道

林田力

東急不動産は「(仮称)ブランズシティ久が原計画」のために東京都大田区鵜の木の自然林を伐採した。江戸時代からほぼ手つかずの貴重な自然林であった。これは東急不動産の住民無視体質を示すものである。マンション建設反対運動が起きたブランズ市川真間やブランズシティ守谷、二子玉川ライズなどとも共通する。東急不動産は同じ大田区鵜の木のザ・久が原レジデンスでもマンション建設反対運動を起こされた。

東急不動産の自然林伐採を朝日新聞は奇跡の森伐採と報道した(重政紀元「江戸からの「奇跡の森」、開発で伐採 なぜ守れなかった」朝日新聞2015年1月18日)。奇跡の森は朝日新聞のネーミングである。朝日新聞が、この問題を報道したことは非常に素晴らしいことである。奇跡の森はキーワードとして広がったために私も使用している。これは戦略的な割りきりであり、奇跡の森という表現の良し悪しは別問題である。

実際のところ、奇跡の森とのネーミングに対して戸惑いも見られる。従軍慰安婦の誤報に絡めて過剰・大袈裟なネーミングではないかとの声もある。これは東急不動産の開発を批判する側からも出ている。

「第4回の住民説明会の際も、昆虫学者の方が、何百年も人間の手が入っていないので貴重だとは仰っていましたが、それにしても「奇跡の森」という表現はちょっとオーバーなんじゃないですかね」(「ええっ?「奇跡の森」だったの?」『(仮称)ブランズシティ久が原ってどうよ?』2015年1月18日)

ここに住民運動の政治的幅広さがある。地域の環境を破壊する東急不動産のマンションに反対する上で右翼も左翼もない。むしろ良好な住環境を守ることは保守の思想と親和性がある。

Twitterのコメントでも今回は東急不動産が土地所有者ということで好き勝手に伐採したが、外国勢力に土地所有者になることを恐れる意見もあった。「この記事の内容だけを見れば環境関連の問題だけど、国防や資源に関わる用地の日本人名義の外国からの買収への規制や対処は進んでいるのだろうか」

私は左派の人々が住民運動で果たしてきた役割に敬意を表する。苦しむ住民の側に立つのは左派ばかりという現実さえある(林田力「主権回復を目指す会が在特会を批判」PJニュース2010年8月21日)。きっちり反対を主張する政治勢力を選択することも有権者として必要である。

一方で左翼教条主義はいただけない。たとえば階級闘争の一貫としてマンション建設反対運動に取り組む、脱原発・反TPPの一環として取り組むなどと言われるとドン引きしてしまう。住民感覚の幅広さを大切にしたい。原発再稼動や憲法改正に賛成であるが、東急不動産のマンション建設に反対という人々とも気持ちよく連携できなければならない。リベラルと称しながら右派的主張を認めない偏狭を戒めたい。

奇跡の森ネーミングへの戸惑いのもう一点は奇跡の森クラスでない、普通の森ならば伐採しても問題ないという論理を生じさせかねないところにある。しかし、奇跡の森クラスでなくても、地域住民に有用な自然はいくらでもある。東急不動産のマンション建設で潰すには惜しい自然である。

近年の開発問題における自然保護の大きな勝利に鞆の浦裁判があるが、鞆の浦裁判を基準にすると世界遺産クラスしか保護されなくなり、東京の開発問題は全滅しかねない(林田力『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』「開発問題から考える東京都政の課題」)。生活を重視することが開発問題への対抗軸になる。ここでも地に足ついて生活する住民感覚を大切にしたい。


ブランズシティ久が原と東急不動産だまし売り裁判
http://sky.geocities.jp/hayariki4/travel.htm
ブランズシティ久が原の景観破壊
http://book.geocities.jp/hedomura/branzcity2.html
ブランズシティ久が原の伐採批判
http://homepage2.nifty.com/tokyufubai/
ブランズシティ久が原・安全意識の低さ
http://hayariki.x10.mx/branzcity3.html

「(仮称)ブランズシティ久が原計画」周辺住民のブログ
http://rokugouyousuimamoru.blog.fc2.com/
六郷用水跡の緑ある景観と安全を守る会
https://www.facebook.com/rokugouyousuimamoru
六郷用水跡の緑ある景観と安全を守る会 (@rokugou_mamoru) | Twitter
https://twitter.com/rokugou_mamoru
(仮称)ブランズシティ久が原ってどうよ?
http://tqwatcher.com/
tqwatcher (@tqwatcher) | Twitter
https://twitter.com/tqwatcher

ブランズシティ久が原
奇跡の森


【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』
『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』『東急不動産だまし売り裁判21東京都知事選挙』『東急不動産だまし売り裁判22東急不動産の遅過ぎたお詫び』『東急不動産だまし売り裁判23江東区』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』
『裏事件レポート』『絶望者の王国』『歌手』『林田力書評集』『林田力書評集2』『蘇我善徳』
『ブラック企業・ブラック士業』『脱法ハーブにNO』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『貧困ビジネスと東京都』『ブラック東京都政にNO』『ブラック東京都政にNO 2』『ブラック東京都政にNO 3』『ブラック東京都政にNO第4巻』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』『二子玉川ライズ反対運動13』『二子玉川ライズ反対運動14中野ビル風』




Yahoo! Japan
林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 住まいの貧困 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区 東陽町 世田谷区 写真 スレイマン 1ch 2ch 3ch Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook