希望のまち東京in東部

さあ、はじめよう!希望のまちづくりを

希望のまち東京in東部(Hope Town in Eastern Tokyo)は東京都東部地区(足立区、荒川区、江戸川区、葛飾区、江東区、墨田区、台東区)で希望の持てるまちづくりを目指す市民の集まりです。希望のまち東京in東部は東京都東部地域で夢と希望を持てるまちづくりを目指します。希望の持てる街づくりについて、活発に意見交換しています。自分達が生活する場所からの声を大切にしていきたいと思います。是非ご参加ください。

希望のまち東京in東部の活動に参加してくれる方も募集しています。「このままではいけないのではないか。何か私にできることはないか」と考えている方のご参加を歓迎します。東部地区以外の方の御参加も大歓迎です。お知り合いの方々にも拡散していただければ幸いです。まわりの方にも広げてください。

希望のまち東京in東部は希望の政策の実現を目指します。2014年2月の東京都知事選挙の宇都宮けんじ東部勝手連を母体として発足しました。私達は2012年12月と2014年2月の2度の都知事選の運動を通じて、市民主体の政治とは何かということを模索してきました。残念ながら、私達の推す都知事候補者は惜敗しましたが、その掲げた政策は素晴らしいものでした。私達は、この政策と同時に地域独自の政策の実現を目指して運動を継続していきます。

ある思想家は「魚屋は魚屋をやりながら、八百屋は八百屋をやりながら出来る革命でなければその革命は成立しない」というようなことを言いました。意味するところは、各自生活を営んでいる「場所」を離れた変革は「虚構」にすぎないということではないかと思います。市民主体の政治とは、自分が生活する場所から「声」を挙げていく、ということではないでしょうか。

希望のまち東京in東部は心地いい居場所作りを目指します。地域の人々が日々利用するようなコミュニティを目指します。近代社会が民主化を経験していく過程で、結社が大きな役割を持った事実があります。つながることで、できることの範囲はどんどん広がります。希望のまち東京in東部が「つながる」場となれば幸いです。市民による協力の広がりにはとても勇気づけられます。希望のまち東京in東部は社会をより便利にし、人と人との距離をもっと縮めたいと思います。

希望のまち東京in東部は会員を募集しています。一緒に企画・運営しませんか。東京都東部地区以外の都民あるいは他県の人でもOKです。「何かおもしろそうだな」や「少し位なら手伝ってもいいかな」「市民活動は初めてなんでわけわからないけど…」でもかまいません。おかしいことはおかしいと声をあげ、次の世代に希望をつなげていきます。

希望のまち東京in東部
団体名 希望のまち東京in東部
英語表記 Hope Town in Eastern Tokyo
事務所 〒135-0016 東京都江東区東陽3-21-5松葉ビル202号室
共同代表 瀬田裕和(足立区)、伴敏子(江東区)、林田力(江東区)

沿革

2014年5月2日 設立
2014年5月10日 江東区亀戸で集会開催

瀬田裕和:「議員と市民が対話する会in足立」主宰。市民と議員が平場でエネルギー問題などを率直に議論する。原発都民投票を推進。北千住では市民カフェを開催。都政わいわい勉強会in東部地区実行委員。

伴敏子:さよなら原発江東事務局。「さよなら原発集会」(明治公園、2011年9月19日)の趣旨に賛同し、「さよなら原発江東」を立ち上げる。金曜官邸前抗議行動にも積極的に参加する。江東区議会に再生可能エネルギー普及の陳情を提出。都政わいわい勉強会in東部地区実行委員。

林田力:東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。東急不動産(販売代:東急リバブル)のマンションだまし売り(隣地建て替えなどの不利益事実を説明しない)に対して消費者契約法違反で売買代金を取り戻し、その後も開発問題などに取り組む。都政わいわい勉強会in東部地区実行委員。

希望のまち東京in東部
希望のまち東京in東部

Yahoo! Japan
Powered by 林田力