新しいせたがやをすすめる会

新しいせたがやをめざす会は、新しいせたがやをすすめる会になりました。
新しいせたがやをすすめる会へのメモ/9月17日シンポジウムのふりかえり

保坂世田谷区長を囲んで世田谷のまちづくりを考えるシンポジウム

保坂区政2期目のスタートから1年半を経過しようとしています。昨年2度開催した「世田谷区政のこれからを考えるシンポジウム」に続き、今回も世田谷区内、各分野で活動している方々と保坂区長によるパネルディスカッションを企画しました。未来に持続できる地域社会を、自治と参加を大切に組み立てていくために、みなさんも世田谷区政に期待することを持ち寄ってご参加ください!
★日時:9月17日(土)
午後1時半〜4時
★会場:三茶しゃれなあど・オリオン
★パネリスト:保坂展人さん(世田谷区長)
       福川裕一さん(下北沢再開発の「見直し」オルタナティブ専門委員会委員長・千葉大学名誉教授・全国町並み保存連盟理事長)
       玉野和志さん(世田谷自治研副理事長・首都大学東京教授)
 <コーディネーター>中村重美さん(世田谷地区労議長)
☆参加無料です。会場でカンパをお願いします。
☆今回は、この1年の経過や今後の活動方針・会の名称について報告・提案をさせていただきます。
☆区政に関心をお持ちの方なら、どなたでも参加できます。
まちづくり・再開発・道路…あなたの声を聞かせてください。
下北沢の訴訟和解から学び、これからのまちづくりを考えましょう!
主催:新しいせたがやをめざす会
チラシPDF

新しいせたがやをめざす会

トピックス2015年

世田谷区政のこれからを考える 区長と語る 私たちのまち、ひと、福祉Part2

保坂区政2期目のスタートから半年を経過しました。6月20日に開催した「世田谷区政のこれからを考えるシンポジウム」に続き、今回は世田谷区内、各分野で活動している方々と保坂区長によるパネルディスカッションを企画しました。未来に持続できる地域社会を、自治と参加を大切に組み立てていくために、みなさんも世田谷区政に期待することを持ち寄ってご参加ください!
★日時:2015年11月17日(火)午後6時半〜8時半(6時開場)
★会場:東京土建世田谷支部会館
☆参加無料です。会場でカンパをお願いします。
☆区政に関心をお持ちの方なら、どなたでも参加できます。
みなさんが区政に期待することをお聞かせください。
主催:新しいせたがやをめざす会

世田谷区政のこれからを考えるシンポジウム

新しいせたがやをめざす会「世田谷区政のこれからを考えるシンポジウム」資料を掲載しました。
世田谷区政のこれからを考える6.20シンポジウムへの報告 その2

世田谷区政のこれからを考えるシンポジウム

保坂区政の2期目がスタートしました。新たな期待が寄せられていますが、1期目とはどう違う区政運営になるのでしょうか。保坂世田谷区長と、区政問題に詳しい中山瑞穂さん、中村重美さんに縦横に語ってもらいます。世田谷区政を前進させるために――!

日時:2015年6月20日午後4時半開場、5時開始、7時終了
会場:東京土建世田谷支部会館
パネリスト:保坂展人世田谷区長、中山瑞穂さん、中村重美さん(兼コーディネーター)
参加無料です。会場でカンパをお願いします。
世田谷区政に関心をお持ちの方なら、どなたでも参加できます。

保坂展人世田谷区長:2011年4月の世田谷区長選挙で初当選。区内で車座集会ほか、区民参加の意見交換の場を次々と持ち、今後20年の「世田谷区基本構想」をまとめる。今年4月の区長選で再選。

中山瑞穂さん:3.11 以降、NPO 法人・子ども全国ネットにて子どもたちを放射能から守る活動に関わる。地域ではママカラ☆プロジェクト、世田谷保育親の会、世田谷こどもを守る会を立ち上げ、活動している。

中村重美さん:新しいせたがやをめざす会事務局担当。世田谷区職労委員長を経て、現在、世田谷地区労議長。

世田谷区政を考えるつどい資料

新しいせたがやをめざす会「世田谷区政を考えるつどい」資料を掲載しました。
新しいせたがやをめざす会 政策案
区政の前向きの変化をさらに進めるための共同に向けた報告と提案
2015年度世田谷区長選挙にあたっての確認

新しいせたがやをめざす会「世田谷区政を考えるつどい」

日時:4月13日(月)午後6時半〜
開場:東京土建世田谷支部会館2階会議室
内容:新しいせたがやをめざす会の政策案について 他

あっという間に4年がたち、来月は区長選です。
3月26日に代表&事務局の会議をもち、私たちとしては、新たな政策提言を区長候補に示していこうということになりました。
来月4月13日(月)午後6時半から、東京土建世田谷会館会議室において、皆さまのご意見を出していただきながら政策をまとめる会を開催したいと考えています。
まわりの方にもお知らせいただければ幸いです。
たいへん急な話で恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

会員制ではありませんので、どなたでもご参加いただけます。
会の運営はカンパで賄われておりますので、会場でご協力をお願いいたします。
多くの方のご参加をお待ちしています。

トピックス2012年

「利用者負担等の見直し」条例改正案を提出せず、検討し直すことを要請します

世田谷区区議会議員宛に要請文を送付します。

東京都知事選挙の情報提供

東京都知事選挙の候補者・宇都宮けんじ氏の政策・人柄や勝手連の動きについて情報提供します。

陳情は11月12、13の両日、6つの項目ごとに各区議会委員会で審議されます

区民負担増の『見直し』を求める陳情への賛同署名に、ご協力を広げてください。区議会委員会開催までに集まった署名を提出します。
陳情項目は以下の6つです。

@今回提案された通りの「利用者負担等の見直し」はやめてください 
A会議室・研修室・ホール・プール・運動場など施設使用料を20%値上げ(区民会館・劇場は30%の値上げ)をやめてください
B保育料の平均9%の値上げをやめてください 
C幼稚園保育料月額2千円の値上げをやめてください
D新BOP学童クラブ利用料月額3千円の新設をやめてください
E高齢者紙おむつ代助成の月額千円減額をやめてください

 陳情が下記の日程で、区議会各常任委員会で審議されます。ぜひ傍聴においで下さい。
◆11月12日(月)10時〜 企画総務常任委員会(@について)、
区民生活常任委員会(Aについて)
文教委員会(Cについて) 
◆11月13日(火)10時〜 福祉保健常任委員会(B、D、Eについて)
★場所はいずれも世田谷区議会5階会議室です。(傍聴受付は4階)

世田谷区は「利用者負担等の見直し」を「見直し」てほしい

「利用者負担等の見直し」の中止・抜本的見直しを求める陳情の取組みを進めましょう

世田谷区は、区のお知らせ(9月15日号)「利用者負担見直し特集号」で、大幅な区民負担増(値上げ)を提示しました。区は2012〜13年度を2ヶ年とする『行政経営改革計画』を今年3月に策定し、これに基づき今回の「利用者負担等見直し」を行うと説明しています。

「利用する人としない人の負担の公平を図る」という「利用者負担等の見直し」は、前熊本区が進めてきた道路・市街地再開発の財源確保のために区民に負担を押し付けた手法です。

 区はこれまで、「地域コミュニティの振興・生涯学習の推進・サークル・文化・スポーツ」など、区民活動の要として地域に区民利用施設の整備を進めてきました。無料であった会議室の有料化や施設使用料の改定で負担が増加すると、区民の自主的活動に影響が出るのは明らかです。

区民利用施設をはじめ、保育・学童クラブなど子ども関連、高齢者関連は、いずれも住民福祉の増進をめざす地方自治体の業務とされ、本来税によってまかなうべきものです。「持続可能な世田谷区をつくるため」と、施設維持運営費を「施設利用者」に、子ども関連経費を「利用者」(保護者)へと、より一層の負担を強いることは憲法25条国民の生存権生活権の保障という点からもあってはならないものです。

「利用者負担等の見直し」の中止・抜本的見直しを求める陳情の取組みを進めましょう!
「利用者負担等の見直し」の中止・抜本的見直しを求める陳情

区政の現状と課題を考える懇談会Part2

9月の「区のお知らせ」で「施設利用料・保育料の値上げ」「学童クラブ利用料の新設」「高齢者紙おむつ助成の削減」などが明らかになりました。区民に負担を強いるこれらの施策を、区は「適正な利用者負担の導入」と説明しています。「適正な利用者負担」という考え方に、はたして「適正」な根拠はあるのでしょうか。
平成23年度決算によれば、一般会計の5%の「使い残し」があることになっています。そんな状況の中で、前熊本区政の「行政経営改革計画」に沿った「利用者負担等の見直し」を私たちはそのまま見過ごすわけにはいきません。区民の目線で「利用者負担等の見直し」を考えてみませんか。
(1)新しい世田谷をめざす会では、下記の会を計画しています。ぜひご参加ください。
   ★日時=10月27日(土)午後5時30分〜
   ★会場=東京土建世田谷支部会館
(2)世田谷区では下記の各項目について区民の意見を募集しています。
   ・区民利用施設使用料の見直し
   ・認可保育園保育料の見直し
   ・区立幼稚園保育料の見直し
   ・新BOP学童クラブ利用料の導入
   ・高齢者紙おむつ支給・おむつ代助成事業の見直し
区のホームページの「パブリックコメント・区民意見募集」のページから、項目ごとにメールで意見を送ることができます。
http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/107/160/784/d00009865.html
以下のいずれかの方法でも意見を出すことができます。
 ○FAX 03-5432-3047
 ○郵送[〒154-8504世田谷区世田谷4−21−27 世田谷区政策経営部政策企画課あて]
 ○政策経営部政策企画課 へ持参
締切は10月9日です。みなさんの意見を区に届けましょう!
(3)めざす会では陳情を提出します
 新しい世田谷をめざす会では、「利用者負担の見直し」の撤回を求めて、10月12日の今区議会での陳情(請願)付託受け付け締め切りまでに、陳情を提出します。そのための陳情人と陳情団体、個人を募るとともに、賛同署名運動を進めます。賛同署名の一次締切は10月11日、二次締切は11月9日です。ご協力をお願いいたします。(署名簿ができ次第お送りする予定です)
チラシ めざす会:区政の現状と課題を考える懇談会へのメモ 動画

世田谷区政の現状と課題を考える懇談会

保坂区長も参加します。
新しい区政が始まって1年がたちました。
私たちの政策から見て、前進したこと、停滞していること、まだ手つかずのことなど、区政の1年を振り返りながら、今後の区政のあり方を保坂区長とともに考える会を開きます。
どなたでもご参加いただけます。誰もが安心して生活できる世田谷区をつくるためにご一緒に考えていきましょう
★日時=6月3日(日)午前10時〜
★会場=東京土建世田谷支部会館
主催:新しいせたがやをめざす会
チラシ

トピックス2011年

6月23日、拡大幹事会「新しい区政への胎動」

注目を集めた選挙が終わり、世田谷区政も新たにスタートをきりました。「新しいせたがやをめざす会」のこれからについて、皆さまとご相談したいと思います。下記の通り、拡大幹事会を開催いたしますので、ぜひご参加ください。どなたでもご出席いただけます。冒頭30分程度、保坂区長も参加され、お話いただけるということです。ぜひ皆さまお出かけください。
◆日時=6月23日(木)午後6時半〜8時半
◆会場=東京土建世田谷支部会館会議室
◆議題=経過報告と今後の活動について

世田谷区議会の傍聴に行きましょう!

世田谷区議会の第2回定例区議会が6月13日から22日まで開催されます。初日は午後1時開会で保坂展人・新区長の所信表明が予定されています。14日以降は10時開会です。区議会にご注目を!
傍聴券は、議会の当日、区議会事務局(区役所第2庁舎4階)で交付されます。

4月11日、私たちがめざす世田谷区政

震災後、被災地の様子を祈るような気持ちで見ています。被災された方々が、どうか一日も早く、元気を取り戻されることを願っています。また、原発によりふるさとを奪われ、避難生活を余儀なくされている方々が東京にもたくさん来ています。まさに難民状態をつくりだした東電の責任は重大であり、政府の原子力政策にも根本的な転換を求めていかなくてはなりません。世田谷区内でも直接・間接に被害にあわれた方も多いと思います。心からお見舞い申し上げます。
さて、そんな中でも、選挙は予定通り行われることになっています。世田谷も、自然災害と無縁ではなく、安心して暮らせる街づくりが今まで以上に求められる選挙になります。
新しいせたがやをめざす会では、区長予定候補が出そろう時期に下記のような会を開催いたします。是非ご参加のうえ、今後の世田谷区政に対する皆さまのご意見もお聞かせください。
チラシ **************
「私たちがめざす世田谷区政―大震災・いのちとくらしをささえる道すじ―」
★問題提起と区政をめぐるディスカッション
★日時=4月11日(月)午後6時半開始
★会場=東京土建世田谷支部会館

集会には約50人の方と立候補予定者3人が出席しました。いろいろな立場の方から、何としても一本化してほしいという「悲鳴」のような声が上がりました。当日参加されていない方々にも知っていただき、その思いを受け止めてほしいと思います。

「めざす会の区政点検―私たちの区政仕分け」問題提起と意見交換の会 中止のお知らせ

 先日の地震で被災された方に心からお見舞い申し上げます。
 さて、3月19日(土)午後1時半〜4時に予定しておりました標記の集会を中止いたします。次の予定についてはあらためて連絡させていただきます。
 地震に伴う混乱がしばらく続くことも予想されますので、皆さまもどうぞ気をつけてお過ごしください。

3月5日、拡大幹事会

新しいせたがやをめざす会は、引き続き会の活動を広げていきたいと考えています。
下記の通り、拡大幹事会を開催しますので、ぜひご参加ください。
どなたでもご参加いただけますので、お誘い合わせの上ぜひご参加ください。私たちの声を区政に届けていきましょう。

 ◆日時=3月5日(土)午後6時半〜8時半
 ◆会場=東京土建世田谷支部会館2階会議室
 ◆議題 @経過報告
      A今後の活動について

3月1日、拡大幹事会

拡大幹事会を開催します。
区長候補者の選考も大詰めを迎えています。
どなたでも参加できますので、皆さまのご意見をお聞かせください。
多くの方のお出でをお待ちています。
◆日時=3月1日(火)午後6時半〜
◆会場=東京土建世田谷支部会館会議室

2月20日、推薦候補選定演説会

2月20日13時から東京土建世田谷会館4階会議室で候補者として名前の挙がっている方からお話を聞く会を開催します。自薦または他薦で立候補意欲のある方々に来ていただきます。どなたでも参加できますので、ぜひお出かけください。皆様の御参加をお待ちしております。

2月12日、第2回幹事会

第2回幹事会が開催され、政策や候補者選定方法などが話し合われました。

政策募集中

「新しいせたがやをめざす会」では区民からの政策を募集しています。会のメールアドレス宛てに送信下さい。
候補者の自薦・他薦は2月12日で締め切りました。積極的な御応募ありがとうございました。

1月29日、発足集会開催

「2011世田谷区長選挙を闘う『新たな会(仮称)』発足準備会」は2010年1月29日に東京土建世田谷会館で発足集会を開催し、団体名を「新しいせたがやをめざす会」と決定しました。.

これでいいのか世田谷区政!変えるのはあなたです。

2010年11月、熊本哲之区長は引退を表明しました。地域行政見直し、街づくり条例見直し、庁舎建て替えなどトップダウンの行政推進が推し進められてきました。

区政は今、「政策検証」「点検」による2011年度予算編成を進めています。
下北沢・二子玉川再開発、都市計画道路・大型通路建設優先
児童館・プレーパーク予算削減・市民大学からの撤退・保育園待機児童は700人超・特養ホーム待機者2500人も
小田急線・京王線の連続立体化・駅前広場の再開発
都立梅ヶ丘病院の跡地利用に150億円
子ども医療費の助成削減、ガン検診の自己負担増

大型開発ばかりでなく、くらし・福祉優先、区民の思いや提案が生かされる世田谷区政への転換が切実に求められています。地域で市民・住民運動を担う多くの区民の皆さんとともに地域の様々な課題から政策を作り、その政策を支持・実現していく区長を選ぶことです。
今こそ市民・住民が協働して連帯の輸をひろげ、世田谷区長選を闘っていきましょう!



世田谷市民運動いち
世田谷区豪徳寺1−41−6 地図
Mail
御意見、政策提言などお願いします。
集会場として利用させていただいている東京土建世田谷会館へのアクセス
地図
東京都世田谷区上馬5-34-16
東急世田谷線『若林』下車10分
東急田園都市線『駒沢大学』下車12分
バス停『駒留』下車すぐ
バス停『若林1丁目』下車6分
Powered by 林田力