東急グループ仙台空港民間委託に不安

林田力

仙台空港が2016年7月1日から東急グループ中心で民間委託されることは大きな不安である。東急田園都市線など東急の鉄道は混雑・遅延が常態化しており、空港を運営する能力があるか疑問がある。Twitterでは以下のように指摘される。「きょうも遅れた東急田園都市線。東急電鉄は仙台空港の運営なんかに出資していないで、鉄道事業に本腰を入れて正確な電車の運行をまずは実現しろ」

仙台空港の運営主体は仙台国際空港株式会社であり、東京急行電鉄株式会社、東急不動産株式会社、株式会社東急エージェンシー、東急建設株式会社、株式会社東急コミュニティー、前田建設工業株式会社、豊田通商株式会社が出資する。7月1日から30年間の運営を請け負う。

仙台空港運営の東急陣営の落札には疑問が多い。そもそも東急陣営は金額面では1位入札ではない。「三菱地所・ANA陣営は運営権対価の額で最も高い評価を獲得したが、トータルでは東急陣営にあと一歩及ばなかった」(大坂直樹「東急グループが「空港運営」に情熱を注ぐ理由」東洋経済オンライン2015年11月30日)。総合点で東急陣営が勝利したとされるが、総合評価方式の入札は評価の公平性に問題が生じやすい。

柳川範之・東京大学教授は以下のように述べる。「経済学的には民間企業が支払う運営権価格が適切かどうかが重要です」「競争入札は本来、最も高い価格を付けた企業が落札します。最も効率的に経営し、最も収益を増やせる企業だからこそ、将来収益の現在価値である運営権価格を最も高く設定して応札できると考えます」(「空港民営化、何がメリット?」日本経済新聞2015年4月15日)

空港民営化は地域経済の活性化が期待されるが、東急陣営は地域性が薄い。競合の三菱商事・楽天陣営は楽天が地元球団の東北楽天ゴールデンイーグルスを保有している。三菱地所・ANA陣営は地元企業の仙台放送が参画している。

東急と東北の接点と言えば、福島県談合汚職事件で東急建設東北支店が談合を仕切っていたことである。仙台国際空港株式会社には前田建設工業株式会社も参画しているが、前田建設工業も福島県談合に参画している。前田建設工業の寺島一雄元副会長が佐藤栄佐久元福島県知事らの収賄罪の刑事裁判で検察側証人として出廷し、門脇進・東急建設東北支店副支店長が談合の仕切り役であると証言した。

民営化への懸念として、税金で建設された国民の共有財産であるインフラを外資に叩き売りされることがある。この点、東急陣営はオーストラリアの投資銀行・マッコーリー銀行がファイナンシャル・アドバイザーとして参画している。東急電鉄は有料自動車道路事業・箱根ターンパイクの経営に失敗し、2004年にマッコーリーに売却している。

東急が空港を運営する利点として東急グループが過去に日本エアシステム(JAS)に携わっていたことが指摘される(「仙台空港きょう民営化。東急だけでなく前田建設、豊田通商が参画する理由とは」日刊工業新聞2016年7月1日)。しかし、日本エアシステム(JAS)は経営難で日本航空(JAL)に実質的に吸収された失敗例である。その後のJALの不振もJASを背負い込んだことが遠因となるような厄病神である。東急にとってJASの過去はマイナスポイントである。

空港民営化そのものへの批判もある。空港民営化は安全性や公共性を確保する公的な責任を曖昧にすると批判される。治安面の不安の声もある。「仙台空港が民営化したそうです。入国などの管理がとても心配です。ここ最近の中韓の行動に不安しか覚えません。この事は対策があるのでしょうか」。東急不動産は銀座の一等地に韓国ロッテを主要テナントとした爆買い観光客向け商業施設「東急プラザ銀座」を開設している(林田力『FJネクスト不買運動』「東急プラザ銀座の日本人軽視」)。

また、空港民営化には事業モデルとして不自然である。従来は滑走路の管理と空港ビルの運営が別々であった。概ね滑走路は赤字、空港ビルは黒字傾向であった。これに対して民営化では両者を一体する。非効率な公営を民営化して効率化するならば筋が通るが、公営と民営では事業モデルが異なるために統一的な尺度で評価できない。

民営化は黒字経営を約束するものではない。「ヒースロー空港などで民営化が成功したのは、立地条件が抜群だからだ。欧州の一流ブランドショップがターミナルビルのテナントに入り、旅行客でなくても買い物や遊びに空港へやってくる」(森功「今年は空港民営化元年。赤字経営だらけの地方空港は変われるか?」週刊現代2016年1月30日号)

黒字にするためにカジノを入れるとの指摘もある。「仙台空港民営化に関するシンポジウムなどでもカジノがおおっぴらに語られるようになっている」(野尻民夫「被災者はモルモットか? 東北で復興に便乗した社会実験、人体実験が始まっている」リテラ2015年3月10日)

番組では「天皇の生前退位」も話題になった。現実的には摂政で進めるのではないかと指摘された。歴史を振り返ると譲位は権力者の都合で行われてきた。また、平安末期に治天の君の制度ができたことが皇室内部の権力闘争を激化させ、保元・平治の乱となり、武家の台頭を招いた。それを考えると生前譲位は慎重に検討する必要がある。

一方で摂政についても直近の事例は摂政宮になるが、これも遠眼鏡事件と揶揄されるような話ではなく、藩閥や軍部の権力闘争の犠牲という側面がある。左翼は天皇制への否定的評価から「暗愚な天皇」と吹聴する傾向があるが、それが体制側の救済になるという皮肉な側面がある。

林田力『東急不動産だまし売り裁判』

日本海賊TVで東急らの仙台空港民間委託の懸念

インターネット動画放送局・日本海賊TVは2016年7月15日に「金八アゴラ」を放送し、東急グループらによる仙台空港の民間委託への懸念を取り上げた。他に東京都知事選挙情勢なども話した。コメンテーターは田淵隆明氏、石川公彌子氏、山内和彦元川崎市議、林田力。司会は須澤秀人・日本海賊代表。

番組では、やはり空港経営に手を出すよりも、東急田園都市線の混雑遅延を解消することが先と指摘された。東急は日本エアシステム(JAS)の経験があると言われるが、JASは失敗経験である。JASは日本航空(JAL)に救済されたが、JALにとってもお荷物であり、JAL経営不振の遠因となった。JAL破綻時に東急電鉄は特別損失を出した。

公営の空港では滑走路と空港ビルが別経営になっている。空港ビルは第三セクターが経営し、無駄や非効率が多い。民営化では滑走路と空港ビルの経営を一体化する。これは経営のあり方の問題であり、公営だから駄目、民間だから良いという話とは異なるのではないか。

仮に民営化が上手くいって仙台空港が発展したと考える。その場合でも岩手花巻空港や山形空港の衰退の上の繁栄では社会的効用を増大させることにはならない。そのために地域の複数の空港をまとめて一社に民間委託する方法も海外にある。公営事業の経営問題は奥が深い。

番組では東急不動産の長崎三丁目計画に建築紛争が起きていることも取り上げた。ワンルームマンション建設であるが、寄宿舎の名目で建設する。豊島区はワンルームマンションに厳しい姿勢を有しており、脱法的である。長崎三丁目計画は賃貸マンションであるため、建設後も反対運動を続けられる。賃貸検討者に反対運動をアピールできる。東急不動産をはじめ、デベロッパーは売ったら売りっぱなしである。東急不動産の不誠実な対応は東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)と変わらない。

東京都知事選挙についても話し合われた。小池百合子元防衛相の第一声に自民党の若狭勝衆院議員(比例東京ブロック)が駆けつけ、応援演説した。若狭議員は立正佼成会が支援する。これが造反の理由ではないかと番組では指摘された。立正佼成会は小池さんと鳥越さんに分かれている。

逆に立正佼成会の影があるために、公明党は小池さんが当選すると困る。公明党にとっては鳥越俊太郎さんが当選した方がましと考えている。これは自民党都連も同じである。

小池さんは都議会解散を掲げている。都知事から議会を解散することはできない。議員報酬削減などを提案して、都議会に不信任を議決させる。都政を停滞させる。通勤電車で二階建ては乗り降りに余計に時間がかかる。小池さんはカダフィ大佐と親しい。

鳥越俊太郎事務所は蓮舫事務所を使用している。これは蓮舫さんが小川敏夫さんが次点になったら都知事選挙に出るつもりであったことを推測させる事実である。鳥越さんは7月13日に出馬を決めたのに、14日の告示日にはポスターが間に合っていた。不思議である。都政とガン検診はどうつながるのか。政策の討論会をしたら、鳥越俊太郎さんは苦しくなる。国政の方を向くならばデモに参加すればいいのではなか。

増田さんのネックは、内田批判の広がりである。内田批判票が小池さんに流れている。北朝鮮チックの連座制の内部通達に反発が出ている。豊島区議も事実上小池さんを応援している。誰が知事になっても四年持ちそうにない。番組終了後の雑談では「外れしかないルーレット」との比喩が出された。

学生に意見を聞いたところ、景気や雇用の関心が高い。アベノミクスが良いとは思わないが、野党の経済政策に魅力を感じない。自民党への消極的支持である。有権者は生活保守を望んでいる。

林田力『東急不動産だまし売り裁判』

Twitterで日々の出来事をつぶやき中。SNSをご利用であれば、林田力と交流しませんか。林田力のtwitterへのフォローやFacebookへの「いいね」は大歓迎です。I invite you to follow me on Twitter @hayachikara and join the conversation. Thanks for following me. I hope you will enjoy my tweets.
林田力『東急不動産だまし売り裁判』をメール、ブログ、twitter、facebook、mixiなどで広めて下さい。拡散よろしくお願いします。シェアして拡散していただけるともっと嬉しいです!皆様の御理解と御協力をお願いいたします。Please visit and like my Facebook. Thank you!
最後までお読みいただきありがとうございます。







HOME





林田力『東急不動産だまし売り裁判』
お気軽にメールください。貴重なご意見まで聴かせてくださった方々に、この場を借りて厚く御礼を申し上げます。Any help will be greatly appreciated. I would greatly appreciate it if you kindly give us some feedback on "The Suit TOKYU Land Corporation Fraud".



Search in 林田力


東京都東部地区(足立区、荒川区、江戸川区、葛飾区、江東区、墨田区、台東区)で希望の持てるまちづくりを目指す市民の集まりです。様々な活動をしています。
まえがき
東急不動産を提訴
東急不動産の弁論欠席
弁論準備手続開始
東急不動産の証拠改竄を指摘
東急不動産の図面集捏造に反論
倉庫との虚偽説明を糾弾
アルス東陽町での進行協議
証人尋問
地上げ屋の証言
原告への陰湿な攻撃
東急不動産従業員の証言
偽りの和解協議
東急不動産の卑劣な提案
予定調和の協議決裂
東急不動産に勝訴
東急不動産の遅過ぎたお詫び
耐震強度偽装事件と欠陥施工
勝訴の影響
社会正義の実現のために
林田力、ロゴス社、2009年7月1日発行、ISBN978-4-904350-13-3 C0032 46判 110頁 定価1100円+税
林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 住まいの貧困 放射脳カルト 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区 東陽町 世田谷区 区長選挙 写真 スレイマン 1ch 2ch 3ch Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook
林田力はリンクフリーです。相互リンクも募集しております。

林田力