都知事選・生活密着課題置き去りの絶望感

林田力

2016年東京都知事選挙で語ることは多いが、私の一番の問題意識は若年層・現役世代の生活に密着した政策提言、政策実現である。そこからすると鳥越俊太郎選挙は絶望的であった。

一般論としては民進党主導で擁立した候補者の方が革新色の強い候補者よりも生活に密着した政策提言可能なイメージがある。それ故に私にも鳥越俊太郎候補に期待する気持ちは存在した。実際、私は消費税島嶼部5%案には従来型の革新候補からは出てこない面白さを感じた。

しかし、鳥越候補は介護離職や成長戦略の正しい意味を知らないなどピント外れが続いた。鳥越氏にとって介護離職とは介護職の離職であり、成長戦略とは「待機児童や介護に必要な施設を作る」ことという。

鳥越氏は2016年7月23日の街頭演説で「介護士から離れて、やっぱりちょっとIT関係に行こうかなあ、とIT関係の仕事に就いてしまう」とIT関係の仕事が楽して稼げる仕事のように演説した(「看過できない鳥越候補の「IT関係の仕事」への浅い認識」ZAKZAK 2016年7月28日)。IT業界は『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』でも取り上げられた業種である。働く人々の現実を分かっていない。

鳥越選挙は護憲平和などの戦後の市民運動にとって全力でアピールできた到達点と評価できるかもしれないが、それ故に生活密着課題が二の次三の次にされた。これは目の前の生活に苦しむ若者や現役世代にとって絶望的である。

問題は日本国憲法改正を阻止できさえすれば良いというような意識である。「反アベ」も単に岸信介の孫であるということで安保闘争の怨念をぶつけているだけではないかとも思える。それでは若年層・現役世代からすると何の魅力もない、最も遠い存在になる。これで鳥越陣営は失敗した。これが疫病神になったとさえ思えてしまう。

護憲平和や脱原発と生活密着課題は本来、対立関係でもトレードオフの関係でもない。両方目指せば良いという考え方も十分に成り立つ。護憲平和に関心がある人も生活密着課題に関心がある人も互いに相手の課題に関心を持つことで問題意識を深め、運動を大きくできる。ところが、鳥越選挙を見ていると護憲平和を叫びたい人は、それを叫びたいから叫んでおり、それで手一杯のように見える。

互いに相手の課題に関心を持たなければ相互主義は成り立たない。だから生活密着課題に取り組む動きに専念した方が良いのではないかと考えたくなる。よく個別イシューの市民団体が選挙に及び腰と叩かれることがあるが、選挙に浮かれる市民が護憲平和など自分達の関心事を叫ぶことにしか興味がないならば、個別イシューを追求する団体が選挙に及び腰となることは合理的な選択になる。

絶望はまだ続く。私は鳥越選挙が護憲平和や原発に偏り、生活密着課題をなおざりにしたと批判した。これは世間の見方でもある。今後に活かすためには、この認識は最低限共有して欲しいものである。

但し、鳥越陣営は生活密着課題を全く考えていない訳ではなかった。多少は打ち出していたが、ピント外れであった。鳥越氏が介護離職の意味を間違って理解していたことが象徴する。これが中間層離反の原因になった。

私は2014年選挙に際して細川護煕候補の脱原発オンリー公約を批判したが、それ以上にピント外れは深刻な面がある。生活密着課題を全く打ち出さなければゼロであるが、ピント外れなものを打ち出したらマイナスになる。もし生活密着課題を考えていないならば、今後は考えるようにするという解決策を導き出せる。ところが、考えた結果が今回の内容では絶望になる。

難しいところは鳥越氏の主張する介護職の離職は、社会問題になっている介護離職としてはピント外れであるが、それも問題の一つであることである。だから介護離職の意味も知らないと世間から批判されても、単なる揚げ足取りの批判と逆ギレする感覚になるかもしれない。

元々、左派左翼には自分達の考える弱者さえ救済されればいいという偏狭さが見られる。生活保護削減には反対するが、ワーキングプアには無頓着。都営住宅には拘るが、ハウジングプアには無頓着などである。鳥越氏の介護離職解釈のように介護労働者の労働条件に関心が偏り、介護離職問題に直面する一般労働者には無頓着であることも上記左派左翼の偏狭さに重なる。

これらも本来はトレードオフの関係ではなく、全ての人々の救済を目指すことが理想的である。しかし、左派左翼が自分達の関心を広げることが無理ならば相互主義は成り立たない。左派左翼の関心から外れた人々の代弁に力を入れることが課題になる。

林田力

鳥越俊太郎の消費税島嶼部5%の面白さ

林田力

東京都知事選挙の鳥越俊太郎候補は2016年7月25日に伊豆大島などの島嶼部について輸送費などで物価が高いとし、「消費税を島嶼部は5%にするように国に働きかける」と主張した。この公約は実現性の面で批判されている。たとえば橋下徹氏はTwitterで「こんな演説を許していたらもう選挙は成り立たない。言った者勝ちになる。民進党は鳥越さんの公約を実現する覚悟があるのか」と批判する。

しかし、消費税の島嶼部5%案は考え方としては面白い。このような発想は、日本国の主権の及ぶところは全て統一的な法制度に属すべきという近代国民国家というフィクションを否定する力があるためである。過去に日本が「八紘一宇」のスローガンで侵略戦争を行ったように統一的集権的な発想は市民にとって危険である。ところが、戦後日本の左派左翼には意外と集権的統一的な近代国民国家というフィクションを信奉する傾向が強い。

例えば国家戦略特区への批判がある。解雇特区をブラック企業特区と批判する。ギャンブルを批判する立場からカジノ特区に反対する。これらは普遍性のある批判である。特区であろうとなかろうとブラック企業やカジノに反対する立場からの批判であり、そこにおいて一貫している。

ところが、特区批判の中には、通常とは別個の法体系が適用される場所を作ることへの嫌悪を背景にしていると感じられるものもある。このような発想は、近代国民国家が作られたフィクションであるということを理解していない。これが「八紘一宇」と言ってしまうような国家主義者の発想ならば理解できるが、左派左翼にあることは深刻である。特区批判が保守革新問わず、守旧派の反対論に見えてしまう要因である。

戦後の左派左翼に集権的統一的な近代国民国家ドグマに無批判な傾向がある背景として、通俗的な唯物史観の悪影響があると考える。近代国民国家を前近代と比べて進歩と見る進歩史観、発展史観の問題である。戦後日本のアカデミズムは長らくマルクス主義にどっぷり浸かる傾向があったが、歴史学の世界で唯物史観を克服するものとして注目されたものがアナール学派である。「アジール」という概念にロマンを感じた向きには、特区を作ること自体には拒否感はない。むしろ、ワクワクする気持ちさえある。逆にユニバーサルサービスなどの大義名分が制約となって、その地域でできることができなくなることに不合理さを感じている。

このように考えるならば、鳥越候補の消費税の島嶼部5%案には全国一律という古い国家主義を打破する新しさがある。鳥越候補は「介護離職」の正しい意味を知らなかったり、サイゼリヤを貶める発言をしたりと現役世代が離反する発言を繰り返している。世論調査では三位に後退したとされるが、逆に60代以上では首位という方に驚きを覚える。その中で消費税の島嶼部5%案には左翼教条主義にはない面白さがあると評価できる。

鳥越俊太郎候補の労働政策

東京都知事選挙の鳥越俊太郎候補が政策を発表した。興味深い政策は労働政策である。「笑顔あふれる輝く東京へ」で「希望する人が正社員になれる格差のない社会を目指し、仕事と家庭の両立を支援します」「正社員化を促進する企業を支援し、不本意非正規社員の解消に努めます」と掲げる。証紙ビラでも「望む人が正社員になれる格差のない社会」を「都政を取り戻すための政策」として掲げる。

「希望する人」「望む人」を正規化し、不本意非正規社員を解消するというところがポイントである。左派左翼の労働問題の論調には派遣労働などの非正規雇用という制度が、まるで格差を生み出す諸悪の根源とするようなものがある。それは非正規雇用の中でキャリアアップをしてきた人々にとっては自己否定されたように感じる。

非正規雇用にとって賃金などの格差は大きな問題である。それは同一労働同一賃金によって実現されるものであり、非正規雇用の制度自体を攻撃する必要はない(同一労働同一賃金は少なくとも理念としては与野党でコンセンサスが得られており、もはや差別化できる政策ではない)。

左派左翼の非正規雇用批判を見ると、「俺達の現役時代は派遣労働なんかなくてもやっていけた。だから派遣がなくても経済は回る」というシニア世代の価値観の押し付けが感じられてならない。しかし、そのシニア世代が「昔は良かった」とする高度経済成長期の働き方を現代に復活させればブラック企業になるだろう。

ブラック企業が正社員を対象に生まれた言葉であることを忘れてはならない。逆に派遣労働には欧米流のジョブ型雇用に近い面がある。現実にブラック企業で問題になるサービス残業は派遣社員よりも正社員で起こりやすい問題である。

この意味で望む人を正規化する鳥越候補の労働政策は、派遣労働が良いという人の選択肢を否定していない点で当事者のニーズを満たしている。これは与野党問わずブラック企業に問題意識がある政治家のコンセンサスが得られるところである。自民党代議士も以下のように書いている。

「空いている時間だけ働きたい、派遣で働きたいという方々の雇用の場も大切だ。しかし、正社員で働くことを望んでいる人に対しては、そうした場をいかに確保していくかという点が最も大事だ」(薗浦健太郎『ブラック企業は国賊だ 雇用再生への処方箋』中央公論新社、2013年、189頁)

正直なところ、私は鳥越候補の出馬を聞き、シルバーデモクラシーの権化のようなイメージを抱いた。若年層や現役世代は切り捨てられる、何を問題意識としているかさえ理解されないのではないかと懸念した。しかし、鳥越政策を読む限り、一安心できる。鳥越政策では「貧困・格差の是正に向けて、若者への投資を増やすなど、効果的な対策に取り組みます」と若者への投資を増やすというストレートな政策もある。

今や周りに正社員しかいないという職場の方が画一的な気持ち悪い。契約形態が異なっても、それが人間としての格差になることはない。むしろエキスパートやスペシャリストとして敬意を払っている。格差社会の是正とは差異をなくすではなく、差異に基づく差別をなくすことだろう。

この問題が重要であると考える理由は石田純一擁立劇への批判を目にしたためである。そこでは著名人を持て囃すシニア世代の不見識を批判している。批判者もシニア世代であるが、同年代として恥ずかしいとまで述べている。

この著名人を持て囃す心理は異なる世代である私には理解しにくい。たとえば歌が上手い人やダンスが上手い人をリスクペクトする気持ちはある。しかし、その人に政治的見識があるかは別問題である。だから私達の世代にとって元SPEEDの今井絵里子さんはスターであったが、参議院議員選挙候補者としては女衒の情婦と容赦なく批判する。

故に批判者の批判されるように著名人ということで人間としての等級も上のように扱う意識がシニア世代にあるとしたら恐ろしい。そのような人間こそ一番の差別主義者である。人間が平等であるべき理由は、差異がなく同じ人間だからではない。差異があっても権利の上で平等に扱わなければならない。

逆に言えば、差異のあるもの同士を平等に扱えないから、「非正規労働をなくさなければならない」という結論になるだろう。その種の論者が心の中では最も非正規労働者を見下しているように感じられてならない。それが肌感覚で感じ取れるから若年層非正規労働者が郵政解散選挙で小泉純一郎氏を支持するということが合理的行動として説明できるようになる。鳥越政策には、このような左翼教条主義の傲慢さが感じられない点は好感が持てる。

最後に公正のために説明すると、もともと私は宇都宮健児さんが東京都知事に最適と考えていた立場である。この立場としては、小池百合子候補支持を決定した「かがやけTokyo」の都議会議員らが宇都宮さんに対して公正に論評していることには敬意を表している。

鳥越俊太郎さんを応援する市民センター発足集会

鳥越俊太郎さんを応援する市民センター発足集会が2016年7月18日、東京都千代田区の日本教育会館で開催された。この集会は鳥越俊太郎個人演説会も兼ねている。

鳥越俊太郎・東京都知事候補は「国政の話ばかりしていると言われるが、国政も都政もつながっている」と主張した。人の声に耳を傾けることが染み付いている。舛添要一問題は納税者意識が欠けていたから起きた。道路や橋よりも大事なものがある。命である。原発は徐々に減らしてゼロにしていきたい。非核都市宣言をしたい。生まれたことを誇りに思える東京にしたい。新しい東京を作ろうと訴えた。

舛添問題を枕にすることは定番である。何しろ都民の9割が辞職を妥当とした問題である。「舛添が問題という当たり前のことをわざわざ話すな」という意見もあるだろうが、左翼インテリは世の中を構造的に捉えようとして難しく考えるあまり、目の前の社会悪に怒る市民感覚と乖離することが少なくない。当たり前の悪いことを批判することが大事である。舛添問題と構造的に似ている「せこい」問題にはコーヒー豆やガソリン車の問題がある。襟を正す意味でも舛添問題の批判から入る点は妥当である。

「道路や橋よりも命が大事」との主張は、旧民主党の「コンクリートから人へ」を連想させる。旧民主党の「コンクリートから人へ」は中途半端に終わって国民を失望させたが、失望させたということは理念への期待があったためである。決して主張が間違っていた訳ではない。鳥越候補には理念の貫徹を期待したい。

四野党から挨拶があったが、美濃部都政と重ね合わせた期待が目立った。正直なところ、2014年の宇都宮選挙では革新共闘から一歩進んだところを志向していたため、先祖帰りした感がある。私は美濃部都政を知らない世代であるが、財政破綻という話を聞かされて育ったために否定的な印象が強い。

但し、美濃部都政を語る登壇者は希望を持って熱く語っており、彼らが評価する美濃部都政というものを勉強してみようと少しは思わせるものであった。また、美濃部都政の破綻期に生まれた私の世代よりも、もっと後の世代は美濃部都政の否定的評価も馴染みが薄く、逆に美濃部都政と重ね合わせた期待が新鮮なものに聞こえるかもしれない。

勿論、集会には単なる冷戦時代の左翼の懐古趣味ではない要素もあった。香山リカさんは東京が他の地域に比べて単身世帯が多くと指摘した上で、それは悪いことではないと述べた。それは個人が大切にされ、多様な生き方が尊重されていることの現れである。これに対して自民党憲法草案は家族を重視している。個人の生き方に口を出すようになるかもしれない。家族と同様に個人も大切にされる東京にしたいと述べた。

鎌田慧さんは「もっとも虐げられているものは女性と若者。その女性と若者の票をかっさらおうとしているのが小池候補。これは許しがたい」と述べた。私の肌感覚でも小池候補に勢いがあると感じている。どのように女性や若者に訴求させるかが課題であるが、問題意識を持っていることは期待できる。

片山かおる小金井市議は「具体的な活動提起」として「選挙が終わった後も都政に責任を持ち、関わるために地元の「鳥越俊太郎を応援する自治体議員の会」所属議員と繋がってください」と述べた。今回の候補一本化には野党共闘という大義名分を優先させ、都政の政策論が二の次になっていると批判される。その批判に対する一つの回答になるだろう。

林田力

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』PV
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』Facebook
林田力Twitter




Yahoo!検索
林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 住まいの貧困 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区 東陽町 世田谷区 写真 スレイマン 1ch 2ch 3ch Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook