立正佼成会付属佼成病院はブラック病院

立正佼成会付属佼成病院のブラック病院エピソードを紹介する。立正佼成会付属佼成病院の小児科医だった中原利郎さん(当時44)が過労によるうつ病で自殺した。遺族から労災認定と損害賠償の二つの裁判が起こされた。

労災認定訴訟では東京地裁(佐村浩之裁判長)が2007年3月14日、自殺を労災と認め処分を取り消した。立正佼成会への損害賠償請求訴訟は最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)で2010年7月8日に病院側が遺族に700万円の和解金を支払うなどの内容で和解が成立した。

しかし、その後もブラック企業体質が改善されていないと指摘される。二階堂ドットコムから酷評されている。「建て直して新しくなった佼成病院は、研修医の自習室も、そして当直室もないんだと(確認済み)」(「佼成病院(もうすぐ杏林が乗っ取る)が臨床研修病院指定」二階堂ドットコム2015年6月16日)。

二階堂ドットコムでは佼成病院の病院建て替えのトラブルも紹介している(「大手ゼネコンも絡む!立正佼成会のトラブルとは!」二階堂ドットコム2015年1月18日、「宗教団体の立正佼成会が大変そう!あの大手ゼネコンも!」J-CIA 2015年1月18日)。

従業員に対するブラック企業は消費者にもブラックである。ブラック病院の恐ろしいところは患者にもブラックなことである。佼成病院では2011年9月に女性(80)が高濃度の検査薬を誤って投与され、消化管が壊死(えし)して死亡する医療事故が起きた。胃がんの内視鏡検査を受けた際、男性内科医(34)から原液を水道水で薄めた約25%の高濃度の酢酸を検査薬として体内に散布された。本来は約2%の濃度が適切だったという。

さらに佼成病院裁判(平成26年(ワ)第25447号 損害賠償請求事件)がある。これは治療中の患者に対し、酸素マスクすらつけず、死に至らせたとして、患者の娘が病院経営団体の立正佼成会と兄夫婦(長男夫婦)を相手に提起した裁判である。カルテには死因として誤嚥性肺炎、敗血症、多機能不全と書いてあったが、そのカルテを書いた医師が証人尋問では誤診であり、多剤耐性緑膿菌の院内感染であると証言した。誤診によって患者が亡くなったならば立派な医療ミスである。名誉挽回の余地はない。

立正佼成会付属佼成病院のブラック病院エピソードは2016年8月12日放送の日本海賊TV「金八アゴラ」でも取り上げた。コメンテーターは田淵隆明氏、石川公彌子氏、山内和彦元川崎市議、林田力。司会は須澤秀人・日本海賊党代表。

佼成病院(もうすぐ杏林が乗っ取る)が臨床研修病院指定
http://www.nikaidou.com/archives/69009
「大手ゼネコンも絡む!立正佼成会のトラブルとは!」二階堂ドットコム2015年1月18日
http://www.nikaidou.com/archives/63227
「宗教団体の立正佼成会が大変そう!あの大手ゼネコンも!」J-CIA 2015年1月18日
http://www.j-cia.com/archives/11288

鳥越俊太郎がん検診と立正佼成会付属佼成病院

鳥越俊太郎東京都知事候補のユニークな公約に「がん検診100%」であるが、それが新興宗教団体の立正佼成会の利益誘導でありと指摘するブログ記事がある(田口圭の日記「自分の言葉で話さない「鳥越俊太郎」と、背後の「立正佼成会」」2016年7月20日)。

立正佼成会は立正佼成会付属佼成病院を経営している。立正佼成会付属佼成病院は杉並区大腸がん検診・杉並区肺がん検診・杉並区子宮がん検診・杉並区前立腺検診・杉並区乳がん検診、中野区成人病健診・中野区大腸がん検診・中野区子宮がん検診、世田谷区成人病健診、練馬区成人病健診の対象になっている。「がん検診100%」で利益を得る立場にある。

「がん検診100%」は、がん利権の尖兵と批判されていた。がん利権は年間約15兆円と指摘される。年間1000万人以上が受けているバリウム検査は見逃しが多い上に死亡事故まで起きている(「バリウム検査は危ない 第1回 胃がん検診に潜む利権と患者見殺しの闇」週刊ポスト2015年7月3日号)。

上昌広氏・NPO医療ガバナンス研究所理事長は以下のように批判する。「これまでがん検診を受けていた人は、家族にがんの人がいたり、自分ががんを心配している、ハイリスクの人が多かったと考えられます。このような人は、検診を受ける十分なメリットがありました。しかし、リスクが高い人、低い人を問わず、全員が検診を受けることになれば、多くの『偽陽性』の人が出てくる可能性があります」(唐仁原俊博「鳥越俊太郎、都知事選唯一の公約「がん検診100%」に医者がNO」President Online 2016年7月26日)

百田尚樹氏はTwitterで以下のように指摘する。「先程、信頼できる筋から驚くような話を聞いた。某知事候補が某ガン保険の会社から一回100万円の講演で計5000万円を受け取っていたという。選挙公約で「ガン検診100%」をテレビで語ったとなれば、これはあからさまな利益供与と見られても仕方がない」

#立正佼成会 #杉並区 #中野区 #世田谷区 #病院 #事件 #医療事故 #医療ミス #医療 #高齢者 #がん #医師 #医者 #内科 #検診

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』PV
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』Facebook
林田力Twitter






林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 住まいの貧困 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区 東陽町 世田谷区 写真 スレイマン 1ch 2ch 3ch Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook