安保法制廃止後の安全保障を考える

林田力

「アベ政治に代わる政治の模索 行動しつつ考える市民の連続講座」第3回「安保法制廃止後の安全保障を考える 9条・自衛隊・日米安保に向き合う」が2016年1月17日、東京都豊島区東池袋の豊島区民センターで開催された。話題提供者は松竹伸幸「自衛隊を活かす:21世紀の憲法と防衛を考える会」(自衛隊を活かす会)事務局長である。

松竹さんは左派左翼の側が自衛隊を活かす会らの取り組みをどのように受け止めるかを気にされていた。その話は極端な非武装中立論者ではない限り、十分に受け入れ可能な内容である。左派左翼とは安倍政権の集団的自衛権や安保法制に反対するという結論は等しい。それでも考え方の前提において左翼教条主義が克服しなければならないものが含まれていた。以下では二点指摘する。

第一に北朝鮮の拉致などを不当とし、中国の軍事的台頭を脅威とする前提に立つ。これは市民感覚からすると至極当然なことである。ところが、左派左翼の一部には冷戦期の感覚で北朝鮮や中国を応援する意識が残存していないか。そこには「共和国」と呼んでしまうような筋金入りの傀儡・シンパから、アメリカ帝国主義の対抗勢力として応援するという立場まで温度差はあるとしても、北朝鮮や中国に不利になるから集団的自衛権や安保法制に反対するという動機が見え隠れするものがある。それは市民社会の中では無視できる存在であるが、左派左翼の中で見た場合に無視できるか。

このような勢力とは、北朝鮮や中国と対決一辺倒の安倍政権を批判するという結論は同一であるが、動機はかけ離れている。集団的自衛権や安保法制に対して賛成派と反対派が激しく対立しているが、賛成派の中には積極的に賛成ではなく、反対派の反対派と呼ぶべき存在もいる。アメリカのポチになることを快く思わないが、北朝鮮や中国を利する反対派に反発するというものである。北朝鮮の不当さや中国の軍事的台頭を前提として認めるということは、当たり前なことであるが、大きな意義がある。

第二に冷戦後の国際環境の変化を前提にしている。冷戦時代の国際紛争は一方にはアメリカ、他方にはソ連がつき、どっちもどっちの感があった。故にどちらにも与さない中立という考え方も成り立つ余地があった。(但し、戦後左翼の中立論には本当の意味での中立ではなく、本音はソ連側につきたいが、日本の現状からは非現実的であるため、日本政府のアメリカ傾斜を妨害する目的で中立を論じるものもあった)

しかし、冷戦後の紛争は、イラクとクウェート、インドネシアと東ティモール、スーダンと南スーダン・ダルフールのように一方的な支配・抑圧の関係がある。ここで中立を掲げることは、支配・抑圧の現状を追認することに近づく。故に紛争地での日本の積極的な国際貢献が必要であるとの議論も出てくる。その内容は安倍政権のような対米軍事協力一辺倒ではないが、冷戦時代の左翼的な発想のままではいられない。


民主主義を取り戻せ!安倍政権NO大行動

「民主主義を取り戻せ!安倍政権NO大行動」が2015年3月22日に開催された。集会が東京都千代田区の日比谷公園・日比谷野音(大音楽堂)で開催され、国会議事堂周辺までデモ行進した。希望のまち東京in東部と9条の会・江東も各々の幟を持って参加した。9条の会・江東の幟は今回が初使用である。赤と青の二本の幟を用意した。

開会あいさつはミサオ・レッドウルフ氏(首都圏反原発連合)。天気の良さは私達の行き先を示しているのではないか。安倍首相は日本会議が押し上げた。歴代の自民党政権とも異質である。反安倍のシングルイシューの運動である。

続いてイシュー別のリレートークである。原発は今井丈夫氏(首都圏反原発連合)。安倍政権は原発を重要なベースロード電源と閣議決定し、民主党政権から逆戻りした。安倍政権は速やかに退陣すべきである。

集団的自衛権について、にんじん氏(若者憲法集会実行委員会)。にんじん氏は高校一年生という。一人一人に人生があり、思いがある。戦争に反対だから、集団的自衛権の行使容認に反対。政府にやれと言われて、ただやるだけの人間ではない。

特定秘密保護法について、本間信和氏(SASPL)。僕らには言うべきことがある。安倍政権への徹底的なNOである。内閣の情報の独占は、民主主義や立憲主義を破壊する。あまりに無知で、知る権利や三権分立を知らない。安倍政権をやめさせなければならない。特定秘密保護法が通った日の怒りと悲しみを忘れてはいない。

沖縄米軍基地について、伊佐真次氏(高江ヘリパッドいらない住民の会)のメッセージを代読した。私達は戦争に荷担したくない。沖縄には未だに多くの米軍基地が居座り、戦争の出撃拠点になっている。丘にも海にも基地はいらない。

TPPについて、中野和子氏(TPPに反対する弁護士ネットワーク)。二次創作物を作ることを難しくする。自治体が地元企業への公共事業発注を難しくする。TPPの秘密主義は知る権利を侵害する。巨大企業の金儲けのために日本のルールを変えてしまう。新たな植民地支配になる。

農業について、齋藤裕氏(全国農協労働組合連合会)。農協改革は食の問題である。消費での価格安定に大きな役割を果たしている。地域のインフラとライフラインに大きな役割を果たしている。これは協同組合だからできることである。日本の食を担う家族農業が潰される。人として真っ当に生きる社会の実現を目指す。

社会保障について、鈴木海氏(東京民主医療機関連合会)。社会保障が切り捨てられている。混合診療は患者本位ではなく、患者に自己責任を押し付ける医療である。国民皆保険が骨抜きになる。安倍政権を倒して医療介護を守っていこう。

消費税について、菊池大輔氏(全国商工団体連合会)。このような状況では、ますます声をあげなければならない。消費税は戦争をするための財源である。安心できる国に舵をきろうではないか。

憲法について、神原元氏(官邸前見守り弁護団)。自民党憲法草案は基本的人権が背景に退き、共助や和という前近代的な思想が出ている。このようなものは憲法に値しない。安倍政権の野望を叩き潰さなければならない。

雇用・労働法制について、井上久氏(全国労働組合総連合)。残業代ゼロ法案について、財界は年収要件の緩和を求めている。憲法を守り活かす闘いを進める。

ヘイトスピーチについて、渡辺雅之氏(差別反対東京アクション)。ヘイトスピーチは憎悪と暴力を社会に撒き散らす。安倍政権はヘイトスピーチを見て見ぬふりをしてきた。安倍内閣は戦争を準備する内閣である。差別は戦争を準備する。

集会アピールは黒津和泉氏(若者憲法集会実行委員会)が読み上げた。クーデターと言うべき自体を黙って見過ごすことはできない。暴走政治をストップさせよう。

主催者発表によると集会時点において会場内で3000人、会場の外に5000人集まった。但し、労働組合の動員もあった。労働組合の参加者には出席簿が回され、手当てが支払われているところを目撃した。デモで目撃した面白いプラカードに映画『アナと雪の女王』のエルサの困った顔に「安倍のままに」の文字が書かれたものがあった。

日比谷公園噴水前広場では別のイベント「HAPPY DAY TOKYO 2015 こどものえがおはみんなのしあわせ」も開催されており、ファミリー層で賑わっていた。「こどもたちが笑顔になり、まわりの大人たちも笑顔になる、みんながハッピーになるイベント」という。

東北復興支援の物産が販売されていた。福島県の復興シンボルキャラクター「キビタン」がいた。幸せを呼ぶ黄色い鳥である。キビタンはAKB48「恋するフォーチュンクッキー」に合わせて踊っていた。私は、福島のシュークリームと浪江焼きそばを購入した。福島の復興を食べて応援である。

林田力撮影

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』PV
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』Facebook
林田力『二子玉川ライズ反対運動』Twitter

新・自衛隊論
福島みずほ下町応援団
江戸川区で大河原まさこさんと話そう
「オール沖縄」の内実、沖縄の運動の現在
市民派統一
立憲主義
『集団的自衛権の深層』
宜野湾市長選挙考察
『憲法九条の軍事戦略』
『戦後思想の再審判』
格差と分断
ロスジェネ世代の問題意識と人間の不完全性
野党共闘に有害な怨念
与謝野晶子の反戦思想
韓国の市民運動の現状と課題
佼成病院で経管栄養が速められる
『東京外環道と東急不買運動』
『女性画家たちの戦争』
『私たちはなぜTPPに反対するのか』
入院中の患者の虐待と佼成病院裁判
ブランズ死亡事故の五洋建設の辺野古問題
日本国憲法のゆくえ〜加憲の可能性を考える
TPPを考える〜政府説明会を受けて
『ルポ チェルノブイリ28年目の子どもたち』
ブラックデモクラシー
『未来派左翼(上)』
葬式ごっこの山本太郎議員を厳重注意
山本太郎議員の葬式ごっこ
書評『集団的自衛権の行使に反対する』
『スターリン秘史 巨悪の成立と展開 3』雇われ左翼批判
中野区で民主党の国政・都政・区政合同報告会
東急不動産だまし売り裁判と自己責任論
若年層右傾化の背景と限界
書評『放射線被爆の理科・社会』
佼成病院裁判と院内感染
トリウム熔融塩炉
足立区入谷のオウム真理教(アレフ)進出問題
東急電鉄らの駐車場上保育園は安心か
若者の貧困
宮崎強姦事件被告人弁護士に弁護士懲戒請求
東京都の弁当の路上販売規制
希望のまち東京をつくる会一周年記念大会議
イラクとシリアのイスラム国
サザンオールスターズ謝罪と左翼
横田空域(横田ラプコン)
ブランズ六番町は住環境破壊
マルクス・アホダラ教とダブルスタンダード
2014年衆院選・野党の選挙協力
立正佼成会附属佼成病院・高濃度酢酸誤投与で女性死亡
仙谷由人元官房長官が政界引退
ステーキのくいしんぼ・立正佼成会付属佼成病院・過労自殺
フロンティアFJネクスト迷惑電話
市民団体の意思と多様性
ヘイトスピーチ問題
高齢者医療治療拒否・中止裁判
小選挙区論
TPP、国家戦略特区
懇ろセクハラ野次は九州と言い訳
新自由主義勢力と新自由主義思想
ノーベル物理学賞受賞の中村修二氏に複雑な声
ネオナチ・ツーショット写真の問題
ブラック企業は豊かな表現
変貌する自衛隊
『世界が食べられなくなる日』
マンション敷地二重使用と東急コミュニティー解約記
福島原発事故自殺訴訟
『標的の村』
放射脳カルトの加害性
ブラック企業は人種差別に非ず
日本海賊TV国連の自由権勧告





林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 住まいの貧困 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区 東陽町 世田谷区 写真 スレイマン 1ch 2ch 3ch Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook