東急電鉄のカラオケ提携シェアオフィスは風俗を乱すか

林田力

東急電鉄がカラオケと提携したシェアオフィス事業に懸念の声が出ている。東急電鉄は2016年7月13日、同社が運営するシェアオフィス事業「NewWork」がカラオケ「パセラリゾーツ」と提携すると発表した。「NewWork」は2016年5月開始のサテライトシェアオフィス事業であるが、このサービスの会員が「パセラリゾーツ」11店舗も使えるようになる。

カラオケは完全個室で電源、Wi-Fi、PCからの出力が可能な備え付けモニターが用意されており、意外とオフィスとしての設備が整っていると評価される。しかし、それは箱物しか見ていない評価である。カラオケボックスは防音設備が整っていると言っても、一歩間違えれば隣が五月蝿くて集中できない。ホストとホステスが騒いでいる。煙草臭い部屋もある。

パセラは株式会社ニュートンが運営するが、ラブホテルを運営する株式会社サンザと同じグループである。グループ代表CEOは共に荻野勝朗で、本社所在地も東京都新宿区歌舞伎町2丁目4-10KDX東新宿ビル7Fと同じである。東急電鉄はニュースリリースで「日本一住みたい沿線 東急沿線」を目指すとするが(東京急行電鉄株式会社「東急電鉄の会員制サテライトシェアオフィス「NewWork」沿線外のシェアオフィス事業者やカラオケ「パセラリゾーツ」との提携を開始します」2016年7月13日)、風俗を乱すことにならないか。東急電鉄中心の再開発「二子玉川ライズ」ではアダルトビデオ撮影に使われる事件が起きた(林田力『二子玉川ライズ反対運動7』「二子玉川ライズAV撮影と盛り場の危うさ」)。

どのような企業がシェアオフィスを利用するかも問題である。東急電鉄は「会員制のサテライトオフィスを設置し、テレワークを導入する企業を対象に、快適な執務環境を提供する」と説明する。これを読むと、それなりの企業を対象としているように読める。しかし、シェアデスクの料金プランを見ると従量制プランは基本料金月額5,000円(8時間の無料利用時間を含む)、従量料金1時間あたり500円、定額制プランは基本料金月額30,000円(営業時間内は使い放題)とSOHOレベルでも利用可能である。

実際、シェアオフィスの利用者は「ネット系のビジネスの方が多い」と指摘される(「シェアオフィスで、息抜きにカラオケを」『我思う、ゆえに我あり - Cogito, ergo sum -』2016年7月14日)。複合機を共用するなどのシェアオフィスは秘密保持上も問題である。法律事務所がレンタルオフィスを事務所として問題になった例がある(林田力「法律事務所もレンタルオフィスで開業」リアルライブ2010年8月24日)。

そのためにシェアオフィスはオフィスを持てる企業がテレワークのために利用するよりも、単独ではオフィスを持てない業者の選択肢になるのではないか。危険ドラッグ通販などの違法ビジネスの拠点として使われる危険もある。

東急電鉄がカラオケと提携してシェアオフィス事業に取り組むことは微妙であるが、このニュースから感じることは従来の「都市計画」的な街づくりが時代遅れになっていることである。「ここは低層住宅地」「ここは商業地」などと区分けして、その用途に即した規制を強化するという発想が現実に生活する住民の救いになりにくくなっているのではないか。今や住宅地のマンションの一室が危険ドラッグの販売拠点にすることもできるし、密造工場になることもできる。逆に商業地でも日照権は問題になる。用途地域別規制に依拠するならば住民運動も単なる既得権擁護の運動に見られかねない。

そもそも昨今の高層化の多くは無秩序になされたものではなく、都市計画によって進められたものである。都市計画的な発想に立つならば、この地域は高層化しようという考えも産業界の要請としては出るだろう。それを頭ごなしに否定する人がいるならば、自分にとって都合の悪いことは「あてにならない」と根拠なく否定する左翼教条主義者くらいであり、それが市民的支持を得ることはない。街づくりは計画本位ではなく、住民本位で考えていくべきであろう。

林田力『東急不動産だまし売り裁判』

日本海賊TVで東急電鉄カラオケ提携問題

インターネット動画放送局・日本海賊TVは2016年7月22日に「金八アゴラ」を放送し、東急電鉄がシェアオフィス事業「NewWork」でカラオケ「パセラリゾーツ」と提携した問題を取り上げた。東京都知事選挙の情勢も議論した。この日のコメンテーターは田淵隆明氏、石川公彌子氏、山内和彦元川崎市議、林田力。司会は須澤秀人・日本海賊党代表。

東急電鉄はシェアオフィス事業「NewWork」でカラオケ「パセラリゾーツ」と提携したが、提携先の業者はラブホテル経営業者と同一グループである。二子玉川ライズではアダルトビデオ撮影がなされたが、風俗を乱すことにならないか。東急電鉄は迷走している。副都心線直通で、ターミナル駅を失ったことが失敗ではないか。渋谷には黙っても人が集まると東急は奢っているのではないか。

番組では東京都知事選挙も議論された。東京都知事選挙では東急田園都市線の混雑解消など身近な問題を公約に挙げるべきであろう。東京都知事選挙は創価学会と立正佼成会の宗教戦争の感がある。創価学会も立正佼成会も日蓮宗である。創価学会になくて立正佼成会に存在するルールは世襲である。東急グループの創業者・後藤慶太の家は日蓮宗の信者であった。東急池上線は日蓮宗の寺院・池上本門寺からとられた。終着駅でない名前が鉄道名になることは珍しい。

創価学会は立正佼成会系の候補者の当選を阻止したい。立正佼成会は小池百合子候補と鳥越俊太郎候補に分かれている。小池百合子候補は立正佼成会候補の若狭勝衆議院議員が応援している。鳥越俊太郎候補は立正佼成会の看板候補の蓮舫参議院議員の選挙事務所を事務所にした。立正佼成会候補の尾立源幸氏は参議院議員選挙・大阪選挙区で落選した。

増田寛也候補は三多摩格差解消を述べていない。もともと自治体消滅の人である。豊島区が消滅すると言ったために、豊島区議会議員から目の敵にされている。

鳥越俊太郎候補はガンサバイバーと言うならばガン治療者の就労支援、夜間診療の充実などを考えるべきではないか。

小池百合子候補の待機児童解消策には危険がある。質を低下して、子どもを詰め込む。保育事故が起きやすくなる。満員電車を運行する東急電鉄と同じにならないか。

国土交通省は、低所得者向けの住宅に空き家を活用し、家賃を一部補助すると報道された。公営住宅を十分に供給できないため、都道府県ごとに一定の基準を満たす空き家を登録し、入居希望者に仲介する仕組みを2017年度につくるという。これは中小企業支援にも使えるのではないか。空き家のリフォームに地元中小企業を利用する。

浮動票は政策を見て決めるのではないか。有名人だから、何党推薦だからで投票しない。私は左翼ではないが、宇都宮さんが出るべきという学生がいる。当選圏外とされる候補者もどれくらい得票するか注目される。

マック赤坂候補は真面目路線になっている。今回はコスプレをしていない。桜井誠候補はネット上で人気である。パチンコ規制は評価できる。中々演説もうまい。極右の世界もセクト対立があり、当初の在特会は理論派主体であったが、訳のわからない新参者が増えてヘイト化したという面がある。立花孝志候補(NHKから国民を守る党)のNHK批判の政権放送は話題になった。

文春が鳥越俊太郎「女子大生淫行」疑惑を報道した。男性経験ない女子に強引キスしたとする。鳥越さん側は事実無根というが、捏造で「バージンだと病気だと思われるよ」という発言が生まれるとはにわかには思えない。示談書があると言われる。示談の条件によって女性は直接記者に話すことができず、記事は配偶者からの伝聞になったという。

文春砲第二弾は炸裂するか。ないのではないか。第二弾がないとすると、あまりにもショボい。番組終了後もコメンテーターの間で盛り上がった。鳥越候補の支援者による女性への攻撃が酷い。セカンドレイプになっている。従軍慰安婦の対応と比べてダブルスタンダードである。

番組では自民党・公明党が小池氏を推薦できなかった理由も推測された。小池氏はリビアの独裁者カダフィ大佐とも懇意であった。カダフィ大佐は阪神大震災を天罰と称していた。また、過激派革マルの副委員長であった松崎明氏とも懇意であったと指摘されている。もし、米国がトランプ政権になった場合、入国禁止やペルソナ・ノン・グラータのリスクもある。都連との軋轢だけが原因ではない。

社民党と生活の党が統一会派を結成することになったが、将来の合流はあるか。社民党内部では増山れな候補擁立を巡るゴタゴタが最後まで解消せず、基礎票すら固めることができなかった。

林田力『東急不動産だまし売り裁判』

Twitterで日々の出来事をつぶやき中。SNSをご利用であれば、林田力と交流しませんか。林田力のtwitterへのフォローやFacebookへの「いいね」は大歓迎です。I invite you to follow me on Twitter @hayachikara and join the conversation. Thanks for following me. I hope you will enjoy my tweets.
林田力『東急不動産だまし売り裁判』をメール、ブログ、twitter、facebook、mixiなどで広めて下さい。拡散よろしくお願いします。シェアして拡散していただけるともっと嬉しいです!皆様の御理解と御協力をお願いいたします。Please visit and like my Facebook. Thank you!
最後までお読みいただきありがとうございます。







HOME





林田力『東急不動産だまし売り裁判』
お気軽にメールください。貴重なご意見まで聴かせてくださった方々に、この場を借りて厚く御礼を申し上げます。Any help will be greatly appreciated. I would greatly appreciate it if you kindly give us some feedback on "The Suit TOKYU Land Corporation Fraud".



Search in 林田力
Yahoo!検索
東京都東部地区(足立区、荒川区、江戸川区、葛飾区、江東区、墨田区、台東区)で希望の持てるまちづくりを目指す市民の集まりです。様々な活動をしています。
まえがき
東急不動産を提訴
東急不動産の弁論欠席
弁論準備手続開始
東急不動産の証拠改竄を指摘
東急不動産の図面集捏造に反論
倉庫との虚偽説明を糾弾
アルス東陽町での進行協議
証人尋問
地上げ屋の証言
原告への陰湿な攻撃
東急不動産従業員の証言
偽りの和解協議
東急不動産の卑劣な提案
予定調和の協議決裂
東急不動産に勝訴
東急不動産の遅過ぎたお詫び
耐震強度偽装事件と欠陥施工
勝訴の影響
社会正義の実現のために
林田力、ロゴス社、2009年7月1日発行、ISBN978-4-904350-13-3 C0032 46判 110頁 定価1100円+税
林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 住まいの貧困 放射脳カルト 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区 東陽町 世田谷区 区長選挙 写真 スレイマン 1ch 2ch 3ch Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook
林田力はリンクフリーです。相互リンクも募集しております。

林田力