江東区長が湾岸ロープウェイを構想

林田力

山崎孝明・江東区長は2020年の東京五輪に際して競技場を上空から見下ろせるロープウェイを汐留から築地、豊洲、国際展示場まで建設する構想を発案しているという(「東京五輪で「湾岸ロープウェイ」構想、ロンドンで着想−江東区長」Bloomberg 2014年4月16日)。

山崎区長は「東京の上空100メートルくらいの高さをロープウェイで渡ってきたら、一度は乗ってみたいと思うだろう」と述べる。「五輪後も乗る人はたくさんいる」とし、東京スカイツリー並みの重要な観光資源になるとした。建設費は約215億円程度と試算する。

江東区は湾岸ロープウェイ建設を東京都に要望する(「江東区 東京五輪へロープウエー建設を」NHKニュース2014年6月6日)。江東区は2014年7月3日に「江東湾岸エリアにおけるオリンピック・パラリンピックまちづくり基本計画アウトライン」を東京都に提案したが、そこでも「都市型ロープウェイの導入」を1番目に持ってきている。

「オリンピック・パラリンピック開催に向けた魅力的な観光資源として都市型ロープウェイを導入する。交通手段として比較的高い輸送力を有し、道路交通に負荷をかけずに短期間で整備が可能なため、都心方向へのアクセス強化にも貢献が期待できる」

江東区都市整備部まちづくり推進課・天野清和課長は「オリンピック・レガシーを生かしたまちづくりを実現する課題と解決策を江東区から積極的に提案していきたい」と語る(「東京五輪へ「湾岸ロープウェー」構想 競技場集中の江東区、都心とつなぐ」フジサンケイビジネスアイ2014年7月16日)。

アイデアとしては面白いが、東京オリンピックで浮かれすぎている感がある。必要性と安全性、採算性が課題である。非現実的な話で、思いつきの域を出ない。湾岸ロープウェイ構想には数多くの批判コメントが寄せられている。東京オリンピック・パラリンピックを名目にした税金の無駄遣いに反対する声が出ている。

「オリンピックなぞ、ただの一過性の行事にすぎない。いい加減、目を覚ませ!無駄使い絶対反対だ!」

「ロープウェイ要らない。アホか!五輪のための東京じゃないから!!」

「五輪五輪ってほんと過剰に騒ぎすぎだし、必要ないインフラに税金を使いすぎだ。普通に開催して早く終わらせたほうが近隣住民にとって迷惑を軽減できる」

「オリンピックを食い物にしようと考えましたね」

「そもそもオリンピックだからって、なんで金かけて競技場新調したり追加のインフラ作る必要があるのか、本気で考える人はいないのかね」

「人気取り?新たなインフラをやみくもに作る時代じゃねえよ。老朽化したら、また税金つぎ込むんだろ?勘弁してくれよ」

「オリンピックなんて一瞬で終わんだから、余計なもの作るな」

「財政難なんだから無駄使いはやめてください」

「新たに、無駄なインフラを整備しなくても良いのが、東京が選ばれた理由じゃなかったの」

湾岸ロープウェイ構想に対しては東京都や江東区が地方の疲弊を無視して、はしゃぎ過ぎているとの批判もある。

「すでにインフラが整備されているのが東京の最大の売り文句じゃなかったの?五輪誘致が決定してからインフラ整備にお金を使おうとしているのだけど。地方をよそに東京だけで勝手に盛り上がっている構図が浮き彫りだな」

「五輪よりも地方都市の活性化に集中しろって感じだな」

「んなもん作らんで、金と資材と工員を福島にまわせよ」

「東京にだけお金が投資される仕組みをなんとかしてほしい。全国平等にしてほしい」

「全国から法人税の名のもと年貢のように吸い上げて、なに好き勝手なことしているのかねえ」

ロープウェイに取り組むならば東京都や江東区の負担だけで実施し、他の地域に尻拭いさせるようなことをすべきではないとの声もある。

「江東区の予算で勝手に作ってください」

「建設費の無駄! 五輪後の維持管理費に付いても膨大な無駄!永久に東京都が全額負担するなら構わんが」

「やるなら東京都の予算だけでしてくれよ」

江東区長の湾岸ロープウェイに批判

山崎孝明・江東区長の湾岸ロープウェイ構想が批判されている。政治家としての見識が問われている。

「お金の使い所を間違わないように。政治家は、会社経営できないと思う」

「日本全国いろいろな所でバカな自治体(または首長)が考える「ロープウエー構想」。まさに馬鹿の一つ覚え」

「誰だ!!ロープウェイなんかを考えた馬鹿は。使い勝手がどうなるか考えてから言え。オリンピックに便乗して、アホな無駄設備を作らせるな」

「無駄と分からないほど馬鹿なのか利権のために黙っているのか」

「今を見て政治をしましょう」

一方で「金がかかるもの作りたがるのはいかにも役人好み」との評価もある。役人のシナリオ通りに動いているだけとの見方も成り立つ。

「たった2週間程度のスポーツのお祭り事に、一体全体何で「ロープウェイ」が必要なんだ?建設費用はどこから出るのか?維持費用は誰が払うのか?元々は区長の発案のようだけど、役人は考えが甘いよ」

「維持費がかかるし。天下り先は一つできるけどね」

「住人の輸送の役にも立たないクソに金使うなよ、バカ公務員。退職公務員から金集めてやれよ」

「役人が夢見るのは勝手だが、その金は国民の税金というのを決して忘れるなよ」

湾岸ロープウェイ構想には土建利権批判もでている。江東区長が土建利権に利用されていることになる。

「ロープウェイなんぞ要らん。建築屋の金儲け案に金を出すな」

「次から次へと、土建屋さんの利益になることばかりよくもまあ思い(考えでないところがミソ)つくな」

「こういうのってたいてい都市計画のコンサルやら自称建築家たちが「自分たちの仕事」を作るために、どっかの大学の非常勤講師の名刺を出してあたかも非営利的な提唱のごとく関係自治体を唆しているんだよ。彼らのステマです。釣られないように気をつけないと。裏にいっぱい業者が隠れているからね」

「アホな構想。利権が絡んでいるな」

「今あるもので最大限有効活用する方法を何とか見出そうという、官僚、政治家、そして涎垂らして工事が欲しい企業にはそんな気持ちさらさらなし!それじゃ自分達の実績にならないし儲からないから。一旦作ればあとは赤字だろうが潰れようが我関せず」

湾岸ロープウェイの必要性

山崎孝明・江東区長の提唱する湾岸ロープウェイに対しては必要性が問題である。本当に必要な事業か疑問である。一般にロープウェイは高低差のある土地で使われるものである。高低差の少ない湾岸地域で何故、ロープウェイなのか。この建設費は他にもっと区民の生活に資することに使うべきではないだろうか。

湾岸地域は外部エリアとの接続が不便であり、公共交通機関のニーズはある。しかし、ロープウェイは大量や高速という公共交通機関のニーズを満たさない。珍奇な観光資源よりも区民の日常の足になるものが未来に残す意味がある。

湾岸ロープウェイ構想は採算性も問題である。オリンピック終了後にメンテナンスがお荷物になることは目に見えている。山崎孝明・江東区長は「一度は乗ってみたいと思うだろう」と語る。それは否定しないが、一度乗ったら終わりではないか。需要予測は根拠を明確にして、具体化する必要がある。Twitterでは「江東区のメールフォームで反対意見を送った。どうしても進めたいのであれば、収支計画書を作成し、区民や国民の意見に耳を傾けて欲しい」との声が出た。

湾岸ロープウェイ構想が東京オリンピック後のことを考えていないとの批判も寄せられている。

「オリンピック後のことも考えて建設しましょう!!」

「オリンピックが全てじゃないでしょ。「その後」のことはほとんど語られることはないけど大丈夫か?」

「一時のテンションで無駄なもの作らないようにしっかり考えてから作ってほしい」

「大会後誰が使うの?先生方への見返り作りの口実作りか?理想郷が作りたいなら、シムシティでもしてなさい!」

「ロープウェイという名のハデなオブジェにしかならない」

「構想を計画してる奴、イケイケで調子に乗り過ぎっ!後の事も考えろっ!馬鹿かなのか?」

「仮にできたとしても、負の遺産として放置されるでしょうね。何で新しいものばかりつくろうとするの?既存の改修や補修で賄えないの?何でもかんでもお金をかければいいわけではないと思うけど」

「また、ゴミがふえる。中国の鳥の巣は廃墟ですよ。同じようにならなければいいが」

「オリンピックにかこつければ交通インフラも会場インフラもなんでも簡単に出来てしまう、と押し込みたい輩が多そうだな。官にも民にも。あちこち作っても五輪が終わり、東京が高齢化人口減少すれば「どうやって維持して行くの?」「誰がこんな計画作ったの、最初に」ってのがあちこちごろごろするだろうな」

湾岸ロープウェイの安全性

山崎孝明・江東区長の提唱する湾岸ロープウェイには技術的な問題点が指摘されている。海沿いのルートは晴海埠頭に入港する旅客船の航行の妨げにならない高さにする必要がある。また、住宅地の上を通るならば住民にとって不安がある(林田力『ブラック東京都政にNO第4巻』「江東区長が湾岸ロープウェイを構想」)。以下の批判が寄せられている。

「ロープウェイの建設基準を知っているものなら、この構想にはかなり無理があることが判っているだろう。早いうちに、計画そのものの無意味さを知らせてやってくれ」

「埋立の湾岸地区は塩害がひどく、ベランダには洗濯物も干せん。そんな環境でロープウェイって錆とかのメンテは大丈夫なのか? たかだか、14日程度の開催で大騒ぎして金使って予算も施設も地域もコンパクトの筈だったんぢゃないの?」

「羽田空港や東京ヘリポートがあるから、建設する場合も高さ制限があって、高層マンションの最上階より低い場所しか通せない」

また、高所のロープウェイは強風という問題がある。湾岸エリアは海風が強い。高所になればなるほど風は強くなる。特に強風という地域の問題を考慮していないと批判される。地域の実態を無視した上からの計画と批判される。

「このエリア近辺を知っている者の発想とは思えん!ゆりかもめはもとより、しっかりとしたレールが有るにも関わらず風で止まる京葉線。なのにロープウェイとは」

「江東区の内陸に住んでいるけどたしかに湾岸地域への交通の便は悪い。電車に乗ろうとするとえらく遠回りになるし、バスは本数少なくて渋滞がひどい。だからってロープウェイって・・・湾岸地域は風が強いですよ?京葉線がよく強風で止まるのにロープウェイを止めず運行できるのですかね?交通の便がよくなったり、地域が活性化するならいいけど夢物語のような構想で税金を無駄遣いするのはやめてください」

「あの辺は、風が強いような気がするけど」

「湾岸にロープウェイ?風がふいたら止まっちまう」

「考えた人は湾岸地区の日常的な強風を知らないのか」

「天候によって、すぐに使えなくなる交通手段は必要ないよ」

「湾岸のロープウェイなんて風で運休しまくりじゃね」

「季節外れの台風で全線不通」

「風が強い地区。スリルとサスペンスが味わえるだろう。要らない。」

「海風ですごく揺れそうなんだけど。安全面ってどうなの」



湾岸ロープウェイと公共交通

山崎孝明・江東区長の提唱する湾岸ロープウェイは公共交通機関としてのニーズを満たさないと批判されている。

「輸送効率を考えてもロープウェイはないでしょ。ナンセンス」

「絶対乗客数少なく、コストとメンテの掛かる無駄使いです」

「ロープウェイはコスト悪過ぎ。1人乗るために全部の籠動かさなきゃいけないんだよ。どこのを見たって失敗ばかりじゃん」

「上野のロープウェイのようでも困るな。作らなくても良いな」

「ロープウェイ程度の輸送力じゃ五輪の観客を捌けるわけないだろ」

「ロープウェイって、輸送能力低い方に入ると思いますが?スピードの遅さ、夏のオリンピックに最近の蒸し暑さ考えてみたら、ロープウェイなんて全く必要性を感じない。というか、格好のテロリストが狙いやすいものでは?」

「ロープウェイは電車でいうと一両編成だよね。一回に少人数しか運べない」

新しい公共交通機関ならば次世代型路面電車システム(Light Rail Transit; LRT)やバス高速輸送システム(Bus Rapid Transit; BRT)という選択肢がある。その方がロープウェイを建設するよりも安価である。

公共交通の代替案として地下鉄が提示されている。中央区は2014年2月7日に築地から勝どき、晴海、豊洲、有明を結ぶ地下鉄新線を誘致すると発表している(「中央区が築地から勝どき・晴海・豊洲・有明を結ぶ地下鉄新線建設を検討開始」日本経済新聞2014年2月7日)。これは湾岸ロープウェイとルートが重なる。

インターネットでも以下の意見が寄せられている。「ロープウェイ??運搬効率低くない?人数少ないし遅いし、しかも天気悪かったら止まるんでしょ?海沿い風強いし。普通に地下鉄通せば良いんじゃないの?」

ロープウェイよりも地下鉄8号線(有楽町線支線)の延伸を求める声もある。地下鉄8号線は豊洲から東陽町、住吉、錦糸町へ延伸する計画である。江東区は東西に比べ、南北方向への路線に乏しいため、これが実現すれば大いに便利になる。更に押上、野田市、利根川を越えて茨城県坂東市に入り、古河市や常総市、つくば市のどれかへの延伸も要望されている。

豊洲―住吉間だけでも価値がある。開業すれば東陽町から東西線に乗る人の何割かが有楽町線に移り、地下鉄ワーストを誇る東西線の混雑緩和にも資する。東西線の混雑緩和には京葉線の新宿三鷹延伸も有効である。

ゆりかもめ改良案も寄せられている。

「既にゆりかもめがあるのに、ロープウェイはいらんだろう。ただでさえ金がかかるのに。ゆりかもめでレインボーブリッジを渡るだけでも結構はじめての外国人は興奮すると思うよ」

「ゆりかもめを延ばしたほうが後で使えると思うよ」

「ゆりかもめだって運賃高すぎる!」

「ゆりかもめを環状線にしたら」

「ゆりかもめの輸送力強化と延伸の方が新しく作るより良いのでは」

「ゆりかもめがあるんだから不要。どうせ投資するなら、ゆりかもめのあの酷い乗り心地をなんとかしてもらいたい」

「現地には既存のモノレール(ゆりかもめ)がある。車両増列、ダイヤ増発、ホーム延長化などで対応できないものか?ロープウェイを建設した場合、その建設費、大会後の維持費用など経済的な負担は大きい。まして湾岸部は海風の問題もあり中空交通にとっては運行に制限がかかりやすい。たとえ、着手したとしても大会時に陸路よりも円滑な搬送が出来るか疑問が残る」

輸送機械だけが能ではない。人力も見直されている。

「コミュニティーサイクルを活用するのじゃいかんの?自転車でも安心して走れる道づくりをしたほうがよっぽど有益だと思う」

「人力車を大量に走らせたらどうだ。ロープウェイなんて金はかかるし、おまけにイギリスのパクリだなんて、世界に恥を発信するようなもんだ」

「競技施設の距離からいってペレストリアンデッキ等で動く歩道を作った方がより効率がいいのでは?」

水上交通に期待する声もある。

「水上バスをもっと利用すれば?渋滞ゼロだし」

「地理的に水上バスでいいと思うけど」

「水上バスを増便すればよい」

道路交通も改善提案されている。

「警備員付き専用優先道を設けて都バスを急行させれば済む」

「新たな交通建築物はわずか2週間の間だけのイベントに必要はありません。それよりも2週間だけ徹底的に交通規制を国民全員で協力して実行すればよい。自家用車の使用を都内通行に限り禁止。バス、専用タクシー専用レーンの策定。タクシー専用レーンの策定はすべてニューヨークのNV200系みたいに大勢乗れる車種にして乗り合いをする。なんだったらゆりかもめの一部車両を2階建てにするとか」

自動運転自動車というアイデアも提示されている。

「ゆりかもめもあるからいまさら公共交通機関でもないと思う。それより、無人運転のタクシーでも走らせたらどうだ」

「ロープウェイは施設維持費がかかるのでやめたほうがいい。自動運転自動車によるタクシーの導入を検討してみてもよいと思う。自動運転車の半専用レーンを整備しても、初期コストもメンテコストも抑えられる上に、日本の自動運転車技術をアピールすることもできる」

「期間中だけでも首都高の晴海線を通行止めにして自動運転の電動バスでも走らせれば良いじゃないか。あと6年あれば自動運転は十分使えるだろう」


江東区地名

青海(あおみ)有明(ありあけ)石島(いしじま)海辺(うみべ)永代(えいたい)枝川(えだがわ)越中島(えっちゅうじま)扇橋(おうぎばし)大島(おおじま)亀戸(かめいど)北砂(きたすな)木場(きば)清澄(きよすみ)佐賀(さが)猿江(さるえ)塩浜(しおはま)潮見(しおみ)東雲(しののめ)白河(しらかわ)新大橋(しんおおはし)新木場(しんきば)新砂(しんすな)住吉(すみよし)千石(せんごく)千田(せんだ)高橋(たかばし)辰巳(たつみ)東陽(とうよう)常盤(ときわ)富岡(とみおか)豊洲(とよす)東砂(ひがしすな)平野(ひらの)深川(ふかがわ)福住(ふくずみ)冬木(ふゆき)古石場(ふるいしば)牡丹(ぼたん)南砂(みなみすな)三好(みよし)毛利(もうり)森下(もりした)門前仲町(もんぜんなかちょう)夢の島(ゆめのしま)若洲(わかす)

     
【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』
『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』
『裏事件レポート』『ブラック企業・ブラック士業』『絶望者の王国』『歌手』『脱法ハーブにNO』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『貧困ビジネスと東京都』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』
図書館 保育園 事故 歯科 最新設備 粗大ごみ 文化センター 保健所 スポーツ会館 ポータルサイト ユーザー 時間 レストラン 公益財団法人 地域情報 キャスター 防災 天気 健康 公社 コミュニティサイクル 狂言 永代通 文化 自転車 賃貸 皮膚科 休日診療 住民票

Yahoo! Japan