市民の声・江東・区政報告会

林田力

市民の声・江東は2014年7月26日、区政報告会を東大島で開催した。最初に中村まさ子・江東区議会議員が報告した。東京オリンピック・パラリンピックは区長が盛り上がっているが、職員はクールである。駆り出されるのではないかとの思いもある。東京都の競技場見直しによって、江東区の競技場が減る可能性がある。

江東区の歳出の最大は扶助費である。これは社会保障関係で、特に保育関係が増えている。物件費は民間委託の費用である。公債費は借金の返済で、これは少ない。健全財政と言える。区側は財政基盤が不安定と答弁することが多いが、他の自治体と比較してはるかに健全である。

今年度の江東区の重点事業として、避難行動要支援者名簿を作成する。北砂で不燃化を促進する。建て替えは好ましいが、個人の私有財産との兼ね合いが難しい。

江東区は保育所を作ってはいるが、待機児童増加に追いつかない。全国初のサテライト保育所はニュースになった。待機児童解消にどれだけ役に立っているかは未だ評価できない。

教育問題については教師を雑用から解放して少人数学級にして子どもと向き合う時間を増やすべきと考える。スクールソーシャルワーカーは江東区に一人しかいない。子どもの貧困が深刻になっており、スクールソーシャルワーカーを増やすべきである。

マイクロ水力発電を横十間川親水公園に設置する。再生可能エネルギーのシンボルにする。江戸切子などを江東ブランドに認定する。

都外に転出した税金滞納者の実態調査を民間債権管理回収業者に委託する。税金滞納情報はセンシティブであり、個人情報管理に不安がある。

野々村県議の問題で政務活動費がクローズアップされている。江東区は議員一人当たり月額二十万円で、会派に支給される。政務調査費から政務活動費に代わり、議員の調査研究に、その他の活動も加わり、拡大解釈が可能になった。町会の新年会への参加も区民の声を聞くという名目で、政務活動費で支出する議員もいる。私は、そのようなことはしていない。

江東区の政務活動費は23区でも多い方である。年間に何百回もタクシーを利用する例がオンブズマンの調査で明らかになった。江東区は収支報告書をインターネットで公開している。

また、会議出席で日額三千円の費用弁償がある。報酬の二重取りと批判されている。廃止している自治体もある。

政務活動費の全てを不正の温床とされると厳しいものがある。必要な経費には支出を認め、不正が行われないシステムにする必要がある。

中村議員の報告は区政全般に渡っており、勉強になった。無所属議員として文字通り全区の代表であり、区政全般を見ている故のものである。税金滞納者の実態調査の民間委託に懸念を示されたが、社会問題になったサラ金の取り立てのようなことが行われたならば問題である。

江東区議会でも区税の徴収率が高いことを誇りに思うという発言がなされたことがあった。他の納税者との公平を考えれば滞納を放置すべきではないが、サラ金の取り立ても「借りた金を返すことは当然」から始まっている。江東区に対して宇都宮健児の出番が生じることがないように願う。



続いて前田かおる前江東区議会議員の報告である。都議会セクハラ暴言は議会が男性中心であることが問題である。国会議員の女性割合も世界的に見て低い。日本の風土では片付けられない問題である。選挙制度にも問題がある。クォーター制を取り入れた国では女性議員の割合が上昇している。小選挙区制も女性議員増加を妨げている。女性が立候補しやすくなるような制度設計が必要である。

暴言議員は議会でまともに働いていない。議会での質問回数は少ない。議会で暇をしているから、他の人へのチョッカイに熱心になる。議員報酬を下げたら男性の候補者が減った自治体がある。高すぎる報酬も男性議員への偏りを招く。江東区は選挙管理委員や教育委員が女性ゼロである。

社会福祉法人あそか会で前常務理事が入札をせずに親族会社に仕事を回していた。社会福祉法人が金儲けに使われることが増えている。

江東区の給食放射能検査は、学校給食は月四回実施するが、保育園は牛乳のみである。署名を集めている。

2014年東京都知事選挙は江東区を含む東部地域で宇都宮健児さんの得票が増えた。投票に行かなかった理由は雪などが大きい。高齢者は病気や体調が半数以上を占める。インターネット利用者は多いが、投票の参考にした人は少ない。宇都宮さんの票を増やせたことは嬉しい。

前田前区議の報告では社会福祉法人の問題に切り込んだ。これはブラック介護にも通じる問題である。少なくとも選挙期間中は、どの政治家も福祉の充実を訴えるが、内実まで考えられることは乏しい。福祉の充実は好ましいことであるが、福祉に力を入れすぎて財政破綻という神話も根強い。充実するだけでなく、適正な資源配分が必要である。社会福祉法人の問題は有意義な視点と考える。



最後に宇都宮健児氏が話した。前田さんは都知事選挙で会計という地味であるが、重要な役割を担当した。前田さんに江東区議会を浄化して欲しい。

希望のまち東京をつくる会は選挙後も解散しないで活動を続けている。希望のまち東京をつくる会の政策は都政にも影響を与えている。コンパクトで環境に配慮したオリンピックにすべきと主張した。舛添要一都政になって競技場の見直しが進んでいる。

選挙では自治体外交を提言した。桝添知事は北京やソウルを訪問しており、影響を与えたのではないか。良い政策はどんどん利用して欲しい。選挙で一定の得票を得ることは意味がある。

都政監視委員会は都議会を傍聴して監視しなければならないと問題提起している。引き続き都政を変える運動を皆さんと取り組んでいきたい。



江東区地名

青海(あおみ)有明(ありあけ)石島(いしじま)海辺(うみべ)永代(えいたい)枝川(えだがわ)越中島(えっちゅうじま)扇橋(おうぎばし)大島(おおじま)亀戸(かめいど)北砂(きたすな)木場(きば)清澄(きよすみ)佐賀(さが)猿江(さるえ)塩浜(しおはま)潮見(しおみ)東雲(しののめ)白河(しらかわ)新大橋(しんおおはし)新木場(しんきば)新砂(しんすな)住吉(すみよし)千石(せんごく)千田(せんだ)高橋(たかばし)辰巳(たつみ)東陽(とうよう)常盤(ときわ)富岡(とみおか)豊洲(とよす)東砂(ひがしすな)平野(ひらの)深川(ふかがわ)福住(ふくずみ)冬木(ふゆき)古石場(ふるいしば)牡丹(ぼたん)南砂(みなみすな)三好(みよし)毛利(もうり)森下(もりした)門前仲町(もんぜんなかちょう)夢の島(ゆめのしま)若洲(わかす)


【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』
『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』
『裏事件レポート』『ブラック企業・ブラック士業』『絶望者の王国』『歌手』『脱法ハーブにNO』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『貧困ビジネスと東京都』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』




Yahoo! Japan
図書館 保育園 事故 歯科 最新設備 粗大ごみ 文化センター 保健所 スポーツ会館 ポータルサイト ユーザー 時間 レストラン 公益財団法人 地域情報 キャスター 防災 天気 健康 公社 コミュニティサイクル 狂言 永代通 文化 自転車 賃貸 皮膚科 休日診療 住民票
#江東区 #江東 #東陽町 #亀戸 #東雲 #豊洲 #有明 #門前仲町 #清澄白河