映画『日本と原発 4年後』江東上映会試写会

映画『日本と原発 4年後』江東上映会試写会が2016年1月9日、亀戸文化センター(カメリアホール)で開催された。『日本と原発 4年後』は河合弘之弁護士が監督した作品である。江東区では3月11日の昼と夜に西大島の総合区民センター2階レクホールで上映会を開催する。

タイトルは『日本と原発 4年後』とあるが、福島第一原発事故直後の問題も振り返っている。原発推進派の無責任さに改めて怒りを覚えた。事故直後に放射線量が上昇し、東京電力は福島第一原発からの全面撤退を検討したが、菅直人政権が撤退を許さなかったというエピソードがある。

私は菅政権関係者から話を聞いており、東電の無責任さを批判する菅政権の論理は理解できる(「第一原発からの撤退認めていたら東北は全滅していた…菅内閣の元側近が明かす3・11直後の官邸VS東電ドキュメント」リアルライブ2011年09月05日)。しかし、映画を観ると政府の無責任さにも怒りを覚えた。

映画では現場が求めていたことは撤退条件を定めることであった。踏み留まって対応することで事故が収束できれば良いが、頑張ってもどうしようもないこともある。爆発が不可避の場合に踏み留まることは無駄死であり、現場責任者としては無責任な態度である。現場が撤退条件明示を求めることは別に変な話ではない。

ところが、映画によると、官邸は踏み留まって頑張れとしか言わなかった。これは十五年戦争で守備隊に玉砕を命じた日本軍大本営と重なる。まだ玉砕命令には米軍の侵攻を一日でも遅らせるという一応の合理性があった。しかし、原発事故対応は命を捨てて踏み留まることで何か実現できる価値があるのか不明確である。とにかく頑張れ、休むことも逃げることも許さないという特殊日本的精神論でしかない。

映画でも理由は謎とされるが、不思議なことに、その後、福島第一原発では放射線量が低下し、限定的ながら作業できるようになった。これは幸いなことであるが、何だか分からないが、必死に頑張っていたら神風が吹いたという日本的精神論に好都合な結末である。日本的精神論を強化する教訓となってしまうならば不幸である。

他に映画から感じたことを二点指摘する。第一に原発が反資本主義的であることである。原発推進派の狙いは核燃料サイクルによるエネルギーの自給自足であったと説明された。また、原発推進派は原発代替電源のための化石燃料輸入を国富の流出と批判する。しかし、今や企業においても全てを自社で賄うことをせず、積極的にアウトソースして競争力を高めている。買い手は必ずしも弱い立場ではない。調達先を多様化することで選ぶ立場に立てる。原発推進の論理は資本主義以前の重商主義的である。

第二に原子力ムラという表現である。これは普及した表現であるが、映画の説明を聞くとムラという表現はミスリーディングに感じた。原子力ムラは官僚を中心とした国家資本主義的な利権構造である。ムラという一部の人のみの小さな組織でも、原始的な組織でもない。下請け業者も含めて膨大な人間が利権にぶら下がっている。原子力ムラという表現は相手に対する正しい理解にならないのではないだろうか。

実はムラという表現には考えさせられることがある。「アベ政治に代わる政治の模索:行動しつつ考える市民の連続講座」第1回「韓国の市民運動の現状と課題」が江東区東陽の希望のまち東京in東部で開催された。そこで話題提供者の桔川純子さんはソンミサン・マウルを紹介した。マウルは村という意味であるが、日本語の村社会というネガティブなニュアンスと同じものが韓国語にもある。そのためにソンミサン・マウルのネーミングに際してもマウルという言葉は如何なものかという意見が出たという。

日本の左派左翼にも後進的な村社会への批判精神はある。その反面、より強固な支配体制である官僚支配への批判精神が弱いように感じられる。官僚支配に対抗するものは、市民主体の足元からの集団になるのではないか。その意味で村は全否定すべきではないのではないか。市民側の村を作り、広げることが官僚支配への対抗になるのではないか。


さよなら原発江東・亀戸宣伝

「さよなら原発江東」が2014年9月14日に東京都江東区亀戸の亀戸駅北口で宣伝行動を実施した。「さよなら原発江東」は2011年9月19日に明治公園で行われた「さよなら原発集会」の趣旨に賛同し、江東区民らで立ち上げた団体である。脱原発を実現し、自然エネルギー中心の社会を求めている。

今回の宣伝行動は全ての原発が停止して一年が経過し、川内原発再稼動の動きが強まる中での企画である。参加者は30人を超え、危機感の強さを示している。マイクを持った人々は火山リスクも抱える川内原発の再稼動反対などを訴えた。冒頭には畔上三和子・東京都議会議員も参加した。

宣伝行動では福島県南相馬市や浪江町視察の写真パネルを展示した。復興が進まず、311直後と変わらない姿は原発事故の罪深さを物語る。原発再稼動の是非を問うシール投票や署名集めも実施した。最後にコーラスグループが「ふるさと」を合唱した。故郷を壊してはいけないと思わせる歌声であった。

宣伝行動では同じ江東区亀戸の亀戸中央公園で9月23日に開催される「さようなら原発大集会」も宣伝し、ビラを配布した。この集会は代々木公園で開催予定であったが、デング熱による公園閉鎖で開催場所が急遽変更された。会場が地元になったということで集会を盛り上げるべく張り切っていた。

シール投票では反対意見が圧倒的であった。但し、電気料金値上げについて何も考えていないとの脱原発運動への批判も寄せられた。これは生活と無縁なところで「高邁」な主張をしているという市民運動全般への反感と通じるものである。運動が生活から遊離しているように見える点は大きな反省材料である。特に若年層や現役世代が運動に魅力を感じなくなる要因である。

原発不使用による電気料金値上げについては以下のように論じることができる。本来ならば原発は低コストの発電方法ではなく、原発を稼動させなければ電力会社が赤字になるという会計の仕組みが問題である。

総括原価方式によってコストをかければかけるほど電力会社は儲かる仕組みになっている。それ故に電力会社にはコストを低減するインセンティブが働かず、原発利権が生まれている。原発を使わなければ化石燃料の輸入が増え、化石燃料の価格も上昇し、国富が流出すると主張するが、電力会社の営業努力が欠けている。国富流出論の解決策は、発電を完全自由化し、コスト意識を持って調達させることである。原発再稼動は本末転倒である。


江東区

さよなら原発江東・川内原発報告集会

さよなら原発江東は2014年10月2日、ミニ報告集会「川内原発、現地からの報告」を東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。「原発を問う民衆法廷」「東電の刑事責任を追及する会」の江東区民メンバーが原発再稼働の最前線になっている川内原発の再稼動反対運動を報告した。

鹿児島県薩摩川内市は市長や議会は再稼動に賛成である。自治会で反対の声をあげている。自治会で再稼動反対の陳情を市長と市議会に提出した。各地の原発立地の住民が集まり、反対運動に加わった。東京からも反原連がリーフレット配布に加わった。テントができた。テントを交流の場にする。

火山学者が多数再稼動に反対している。噴火予知連会長が「火山の危険を軽視している」と批判している。川内原発再稼動をどのように止めていくか。国(原子力規制庁)は1時間半の説明会を各地で1回行うだけである。これで不安解消は無理である。九州電力への抗議行動を行う。東京の九州電力にも抗議する。

福島第一原発事故の刑事責任を問う。東京電力元幹部の刑事責任を追及する。検察審査会が起訴相当の議決を行った。検察は議決を尊重すべきである。東京電力が責任を取らないことが再稼動の動きになっていると考える。「東京第5検察審査会の議決を尊重し、東電元幹部の起訴を求める要請署名」を集めている。検察も世論の動向を気にしている。署名に協力していただければ有難い。希望のまち東京in東部事務所が署名の集約場所になっている。

報告集会では田中一郎氏も原発の問題を解説した。福島第一原発は沸騰水型で、川内原発は加圧水型である。原発の構造は難しくない。湯を沸かしてタービンを回すだけである。そのために核分裂を行う必要はない。20世紀の重厚長大型の思想である。ほとんどのエネルギーを熱として海に捨てている。大量のエネルギーをロスしている。

加圧水型は効率よくするために管を薄くして絡ませている。その分、地震に弱い。地震のない地域ならば問題ないが、日本では問題である。格納容器の気圧耐性も小さい。福島原発が加圧水型ならば格納容器が破裂したかもしれない。その代わり、加圧水型はサイズが大きい。サイズが大きいために水素が出ても水素爆発への心配はないと説明されている。しかし、それは怪しいと考える。

爆発は水素だけではない。石灰岩と核燃料が反応して一酸化炭素が出る。福島第一原発3号機は一酸化炭素爆発の可能性がある。水素爆発の爆発の仕方ではない。核爆発との指摘もある。加圧水型はスリーマイル島で事故を起こした原発と同じ型である。

田中氏は政府が安全性実証の計算に平均値を用いていることを批判し、最大値を使用しなければ駄目であると主張した。これは開発問題でも思い当たることがある。東京都世田谷区の二子玉川ライズや中野区の中野四季の都市、千葉県市川市のブランズ市川真間の周辺ではビル風が問題になっている。

ブランズ市川真間で事業主の東急不動産は平均風速でシミュレーションしたが、ビル風被害は最大風速の時に大きくなる。転倒事故などが起こりうるビル風は平均風速を超えたような場合である。故に最大風速で安全かをシミュレーションしなければ意味がない(林田力『東急不動産だまし売り裁判26ブランズ市川真間』「ブランズ市川真間のビル風被害」)。脱原発運動には原発を特別視して先鋭化する傾向もあるが、他の環境問題との共同姿勢を持てば主張を広く太くできるのではないかと感じた。

質疑応答では様々な意見が寄せられた。

質問「原子力委員会は安倍首相の友達か」

田中「裏で通じているかもしれないが、何とも言えない」

質問「分からない人がやっていると言われているが」

田中「原発は大したことのない技術である。それを難しい言葉を使って煙に巻く」

林田力「写真を見ると、全国各地から参加された方が目立っていた。地域の方の抗議行動の参加はどうか」

回答「九州からの参加者は多い。水俣病の問題に取り組む団体も参加していた」

質問「地元の人がもっと反対してもいいような気がする」

回答「反対の人が多いことは確かであるが、生活もあり、中々署名などはできない」

質問「点検中の原発の格納容器の状態はどうなっているか」

田中「分からない。ただ、プールに入れておくよりも、原子炉に入れた方が安全ではないかと思っている。嫌な話として定期点検中の終わりに早めに入れて運転しているという指摘がある。税金は原子炉のかかるため、税金を誤魔化す目的とされる。真偽は不明であるが、問題意識は持つべきではないか」

質問「原発は危ないとは皆、知っているのではないか。にもかかわらず何故、原発を再稼動させようとしているのか。一つは金をもらうからいい、生活が大事という居直りが立地自治体にあるのではないか。言葉は悪いが、原発の薬物中毒になっている。原発の補助金がなければ財政が成り立たない自治体もあるのではないか。薬物中毒患者は薬断ちをしなければならない。原発を止めて補助金をなくさなければならない。30キロ圏内の自治体には補助金はない。それは不公平である。もっと不公平感から声を挙げてもおかしくない。周辺自治体はどうなっているんか」

回答「周辺自治体には恩恵がなく、事故時の被害だけを受ける。しかし、『だから補助金をよこせ』という話になるとおかしくなる。原発の問題を訴えていくしかない」

田中「嘉田滋賀県知事が大飯原発にゴーサインを出したことは終わりである。原発には合理性も倫理性もなく、政治だけである。学者が最も性質が悪い。公職追放すべきである。相手の意見を尊重する必要はない、叩くだけでいいと思っている。政治と利権と軍事が一体になっている。政治を変えなければ原発はなくならない。選挙から逃げては駄目である」

意見「政治的な問題と同時に経済の問題もある。原発は問題という声が過半数であることは間違いない。原発が動いて電気代が安くなって欲しいという思いはある。東京電力からの税金がなくなって破綻寸前に追い込まれた自治体がある。原発も稼動していないと税金が入らなくなる。地元も立ち行くような財政面の考慮も必要である。廃炉を確立するために誇りを持って仕事をする地域にする運動をしなければならない。地域から、この会から発信していくべきである」

意見「この会の内容を広めた方がいい」

最後に主催者挨拶である。さよなら原発・江東では再稼動をしないように求める意見書を江東区議会に陳情した。10月10日10時から区民環境委員会で審議される。区議会事務局に9時半までに申し込む。是非傍聴してほしい。有権者の目があれば区議会も変わっていかなければならないと考えるのではないか。希望のまち東京in東部事務所は今後も様々な運動の場として提供していきたい。

林田力

江東区地名

青海(あおみ)有明(ありあけ)石島(いしじま)海辺(うみべ)永代(えいたい)枝川(えだがわ)越中島(えっちゅうじま)扇橋(おうぎばし)大島(おおじま)亀戸(かめいど)北砂(きたすな)木場(きば)清澄(きよすみ)佐賀(さが)猿江(さるえ)塩浜(しおはま)潮見(しおみ)東雲(しののめ)白河(しらかわ)新大橋(しんおおはし)新木場(しんきば)新砂(しんすな)住吉(すみよし)千石(せんごく)千田(せんだ)高橋(たかばし)辰巳(たつみ)東陽(とうよう)常盤(ときわ)富岡(とみおか)豊洲(とよす)東砂(ひがしすな)平野(ひらの)深川(ふかがわ)福住(ふくずみ)冬木(ふゆき)古石場(ふるいしば)牡丹(ぼたん)南砂(みなみすな)三好(みよし)毛利(もうり)森下(もりした)門前仲町(もんぜんなかちょう)夢の島(ゆめのしま)若洲(わかす)

【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』
『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』
『裏事件レポート』『ブラック企業・ブラック士業』『絶望者の王国』『歌手』『脱法ハーブにNO』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『貧困ビジネスと東京都』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』







HOME








Yahoo!検索
図書館 保育園 事故 歯科 最新設備 粗大ごみ 文化センター 保健所 スポーツ会館 ポータルサイト ユーザー 時間 レストラン 公益財団法人 地域情報 キャスター 防災 天気 健康 公社 コミュニティサイクル 狂言 永代通 文化 自転車 賃貸 皮膚科 休日診療 住民票
#江東区 #江東 #東陽町 #亀戸 #東雲 #豊洲 #有明 #門前仲町 #清澄白河