江東区地域防災計画

林田力

江東区地域防災計画は災害対策基本法第42条の規定に基づき、江東区防災会議が作成する総合的な災害対策計画である。「江東区地域防災計画 平成25年度修正 (計画編)」は地震や水害のような旧来の災害だけでなく、核燃料物質輸送車両事故や放射性物質対策など多岐に渡っている。

江東区はゼロメートル地帯として知られており、洪水が多いというイメージがある。しかし、水害対策が進んだ近年では洪水は激減している。そのために江東区地域防災計画は「従来の被害想定をそのまま維持することが適正ではない」との現実認識に立脚している(6頁)。過剰な被害想定によって課題な対策が必要とされ、住民が暮らせなくなってしまったならば本末転倒である。計画の現実認識は有意義である。

江東区地域防災計画は基本的理念として以下のように述べる(21頁)。

***

災害対策基本法の基本理念にのっとり、以下の対策を講じることにより防災都市江東の実現を目指す。

@ 災害による被害を最小限にとどめるため、安全な市街地の整備を行うとともに、公園等の都市空間の確保や道路・橋梁の整備を図り、災害に強いまちづくりを実現する。

A 一人でも多くの生命と財産を守るために、自らの命と安全を守るための「自助」及び地域の安全は自分たちで守るための「共助」の意識を高める取組を促進し、ハード・ソフトの両面から対策を講じる。

***

防災対策はマクロな対策・ミクロな対策、ハード面の対策・ソフト面の対策などに分類される。江東区の2つの対策のうち、1番目はマクロなハード面の対策である。その内容は街壊しの大型開発を呼び込む懸念など具体的内容においては批判も生じ得るが、一般論としては、ありがちな内容である。これはマクロなハード面の対策にとどまり、それが防災対策の全てではない。

それ以外の対策は2番目が担当することになるが、ここでは自助及び共助の意識を高める取組を促進するとなっている。ミクロな対策やソフト面の対策は区が主体と考えていないということになる。これで江東区政が防災に注力していると胸を張れるだろうか。自助や共助は大切であるが、「自分達で頑張って下さい」では主体的な対策とは言えない。

具体的な内容を読むと、区の役割を具体的に記述している箇所もあり、必ずしも自助・共助の意識向上に限定している訳ではない。それだけに基本的理念が自助・共助の意識向上を中心にしていることが残念である。

たとえば応急対策では以下を責務と定めている。「区は、区内地域に災害が発生し、又は発生するおそれがある場合においては、法令、都地域防災計画及び区地域防災計画の定めるところにより、都及び指定地方行政機関等並びに区内の公共的団体、災害協力隊及び住民等の協力を得て、その有する全機能を発揮して災害応急対策の実施に努めるものとする」(139頁)

ここでは区が責任をもって行動することを示している。しかし、「区地域防災計画の定めるところにより」とあり、その江東区地域防災計画の基本的理念が自助・共助の意識向上では、全機能の発揮にも、それほど期待できないことになる。

自助や共助のメリットは行政の負担軽減にあるが、一方で水害対策では「隅田川や荒川のスーパー堤防、護岸施設の耐震化などの整備を、関係機関と連携して推進する」とスーパー堤防も想定している(21頁)。スーパー堤防は税金の無駄遣いと批判されている。江戸川区では反対住民による裁判も起きている。大型開発推進では税負担の軽減にはならない。

また、スーパー堤防は高層マンション建設の呼び水になると批判されている。江東区地域防災計画(素案)へのパブリックコメントでは高層ビル建設抑制を求める意見が寄せられていた(江東区総務部防災課「江東区地域防災計画(素案)に関するパブリックコメントの実施結果について」)。

「新規マンションの建設を中止し、歩道の拡幅、公園の増加など、オープンスペースの確保を」「高層建築物の進出を抑制し、緑と空地を広げることを義務化してほしい」。防災を錦の御旗にした開発推進には警戒する。


江東区

江東区は東京23区の一つで東京都の東部に位置する。東京湾に面し、隅田川と荒川に挟まれている。江東区は1947年(昭和22年)に深川区と城東区が合併して成立した。隅田川の東に位置するという地理的な意味と、「江」は深川、「東」は城東という旧区名からの組み合わせによって決められた。東京新聞募集の区名案では「江東・永代・辰巳・清澄・東」などがあったが最終的に「江東」が選ばれた。

江東区地名

青海(あおみ)有明(ありあけ)石島(いしじま)海辺(うみべ)永代(えいたい)枝川(えだがわ)越中島(えっちゅうじま)扇橋(おうぎばし)大島(おおじま)亀戸(かめいど)北砂(きたすな)木場(きば)清澄(きよすみ)佐賀(さが)猿江(さるえ)塩浜(しおはま)潮見(しおみ)東雲(しののめ)白河(しらかわ)新大橋(しんおおはし)新木場(しんきば)新砂(しんすな)住吉(すみよし)千石(せんごく)千田(せんだ)高橋(たかばし)辰巳(たつみ)東陽(とうよう)常盤(ときわ)富岡(とみおか)豊洲(とよす)東砂(ひがしすな)平野(ひらの)深川(ふかがわ)福住(ふくずみ)冬木(ふゆき)古石場(ふるいしば)牡丹(ぼたん)南砂(みなみすな)三好(みよし)毛利(もうり)森下(もりした)門前仲町(もんぜんなかちょう)夢の島(ゆめのしま)若洲(わかす)

林田力

【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』
『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』
『裏事件レポート』『ブラック企業・ブラック士業』『絶望者の王国』『歌手』『脱法ハーブにNO』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『貧困ビジネスと東京都』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』
     







HOME








Yahoo!検索
図書館 保育園 事故 歯科 最新設備 粗大ごみ 文化センター 保健所 スポーツ会館 ポータルサイト ユーザー 時間 レストラン 公益財団法人 地域情報 キャスター 防災 天気 健康 公社 コミュニティサイクル 狂言 永代通 文化 自転車 賃貸 皮膚科 休日診療 住民票
#江東区 #江東 #東陽町 #亀戸 #東雲 #豊洲 #有明 #門前仲町 #清澄白河