HOME ストア 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』 「もめタネ研」で東急不動産だまし売り裁判から住宅政策を検討

林田力『東急不動産だまし売り裁判』不当逮捕、犯罪者、家計簿などの本

不当逮捕 (講談社文庫)
戦後という波乱に満ちた、無秩序だか半面において自由闊達な気風に溢れていた時代、新聞記者はスターであり、英雄であった。とりわけ、読売社会部の立松和博は数々のスクープで乱世に光彩を放っていた。その立松記者が、売春汚職報道の“誤報”で突然逮捕された。第6回講談社ノンフィクション賞受賞作。
不当逮捕 (講談社文庫)

不当逮捕 (講談社文庫)
By ナンシー・テイラー ローゼンバーグ
罠に陥ちた女性警官 命懸けの反撃!!
セクハラ、暴行、捏造。権力の腐敗と粛清をリアルに描く警察小説。
レイチェルはカリフォルニア州、オーク・グローブ署に勤務する女性警官。二人の子を育てながら夜間パトロールを担当している彼女は、同僚グラントの卑劣な行為を目撃して、告発しようとする。だが口止めのために彼から暴行を受け、さらに何者かの罠にはめられて逆に訴追、勾留されてしまう! 迫真の警察小説。
不当逮捕 (講談社文庫)

恐怖のリビア監獄脱出記―“不当逮捕”された商社マンの痛恨の記録 (カッパ・ブックス)
By 杉山 博敏
カダフィ大佐の独裁政権下、凶暴ともいえる反英米の姿勢を貫くリビアは、いわば“世界の鬼っ子”だ。著者は、そのリビアに商社マンとして滞在、出国まぎわに、ささいなことから、うむをいわさず逮捕されてしまう。そして、彼がリビア監獄の“塀の中”でみたものは?
恐怖のリビア監獄脱出記

逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録
2007年、千葉県市川市のマンションで英会話講師が殺害された事件で殺人と強姦致死の罪で起訴されている著者が、事件の後、2009年11月に逮捕されるまでの約2年7カ月の間、どこにいて、どのような生活をし、何を考えてきたかまとめたものである。
東京→北関東→静岡→東北→四国→沖縄→関西→九州。
電車、船、バス、自転車、徒歩で転々と移動した。誰にも語らなかった、「逃げた後、捕まる」まで。
2年7カ月の間、どこにいて、どのような生活をし、
何を考えてきたのか。
市橋達也、拘置所からの懺悔の手記。
「卑怯にも逃げてしまった。被害者の方、さらにたくさんの人たちをもう一度傷つけることになった。すべてのものから逃げるのはやめよう、と決めた。2007年3月26日に警察から逃げて、2009年11月10日に逮捕されるまでの2年7カ月の間、どこにいて、どのような生活をし、何を考えてきたか。そこから逃げずに、自分が犯した罪の懺悔のひとつとして記したい。これによってどう批判されるかもわかっているつもりです。」
逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録

「逮捕・起訴」対策ガイド―市民のための刑事手続法入門
万一、あなたやあなたの家族や友人が犯人扱いされたり、犯人となってしまった場合、どうすればよいのか?気が動転したりしてパニックになってしまうことが多いはず。本書はそういう人たちのために、逮捕から起訴、そして裁判から万一の服役まで刑事手続法の一切を、あなたの立場に立ってやさしく解説する。
「逮捕・起訴」対策ガイド―市民のための刑事手続法入門

「官僚は犯罪者」は世界の常識
By 高山 正之
止まらない官僚の天下り、相次ぐ公務員の犯罪、不祥事。はては過剰な規制で経済・社会を衰退させる「霞が関の罪」を一刀両断!
タカリの構造は明治維新から始まった。「官僚は優秀」という真っ赤なウソを暴く。
「官僚は犯罪者」は世界の常識

犯罪者の自伝を読む ピエール・リヴィエールから永山則夫まで (平凡社新書)
By 小倉 孝誠
世を震撼させる凶悪犯罪。事件の異常性を喧伝する報道の陰で、不可視にされてきたものとは何か。自伝分析から、犯罪者を線引きし創り出してきた社会の負の循環が浮彫りになる。
尊属殺人事件、無差別連続殺人事件、人肉食事件…世を騒がせ、人々を震憾させる凶悪犯罪。犯行の異常性ばかりを喧伝するメディアの陰で、見えにくくされたものとは何か。自伝分析から、犯罪者を線引きし創り出してきた社会の「負のメカニズム」の輪郭を描き出す。狂信者から性倒錯者、精神障害者まで―犯罪者とは、だれなのか。
犯罪者の自伝を読む

「在日コリアン」ってなんでんねん? (講談社プラスアルフア新書)
韓流、反日で21世紀の在日はこう変わる!在日コリアンへの差別はなくなったのか、民族共生は実現するのか……関西きっての在日毒舌家・朴一大阪市立大学教授が、在日問題の基礎知識を熱くオモロく記す!
国籍、参政権、入居、就職…。「隣人」たちが背負うこれだけのハンディキャップを、嫌・嫌韓流!在日一の毒舌論客が明かす。月刊誌『論座』『環』『ユリイカ』等の雑誌に発表した論稿に、4本の書き下ろし論文を追加。
「在日コリアン」ってなんでんねん?

在日韓国・朝鮮人―若い世代のアイデンティティ(中公新書)
さほど問題なく日本社会に適応しているかのようにいわれる在日韓国・朝鮮人の若者は、実際には、その多くが成長の過程で日本人側の偏見と差別にぶつかり、アイデンティティの葛藤を体験している。だが、彼らの存在と意識は、実に多様化し揺れ動いている。本書は、2世・3世と呼ばれる人々の聞き取り調査を通して、民族問題とそのアイデンティティを考えるとともに、日本社会の構成員としての90年代の「在日」の生き方を模索する。
在日韓国・朝鮮人

Wikipedia ウィキペディア 完全活用ガイド
日本初! 待望のウィキペディア解説書がついに登場!
今まで何となく使っていた人、投稿したかったけど方法がよく分からなかった
人、もっと便利な使い方を知りたかった人、著作権問題に悩んでいる人......。
そんな全ての人達にささげます! Wikipedia日本語版の管理者である吉沢英明
氏(利用者名:diagraph01)が懇切丁寧に解説する、本邦初のウィキペディア
解説マニュアル。目からウロコの情報満載で、明日からウィキペディアが100倍
楽しく使えます!!
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4903491161

新聞記者という仕事 (集英社新書)
新聞がもっとも輝いていた時代。それは戦争に対する切ないほどの反省の上に立った新聞ジャーナリズムが、日本の再生に向けて真摯な言論活動を行なっていたころだった。いま、その時代の熱気はどこへいってしまったのか。新聞記者として、長く第一線で活躍してきた著者が、熱い時代の自身を語りつつ、変質していく新聞への厳しい批判を展開する。新聞史上に残るスクープや調査報道が、なぜ最近見られなくなったのか。新聞の再生には何が必要なのか。著者渾身の新聞ジャーナリズム論。
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4087202054

機動戦士Vガンダム DVDメモリアルボックス
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/B0000BX86T
富野由悠季総監督作品「機動戦士Vガンダム」TVシリーズが初DVD化! 宇宙世紀0153年、数奇な運命に導かれ、Vガンダムを駆ることになった少年の姿を描く。
G-SELECTION 機動戦士Vガンダム DVD-BOX 【初回限定生産商品】
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/B003NVDMZ8
宇宙世紀0153年。サイド2に興ったザンスカール帝国は、女王マリアの提唱する“マリア主義”−母なる者への回帰−を揚げて地球圏の新たな秩序を建設せんと決起する。だが、そのやり方はギロチンによる粛清に象徴される恐怖政治その物だった。
 地球に侵攻してきた帝国軍“ベスパ”に、形骸化した連邦に代り立ち向かうレジスタンス組織リガ・ミリティアは、Vガンダムを開発。偶然そのパイロットとなった少年ウッソを待つ運命とは?

超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4798108707
3ヶ月でアクセス100万超!? ブログを活用した成功術、実例インタビュー、使えるノウハウ、ブログサービス徹底比較など、超人気ブログの秘訣を伝授。ブログで世界が変わる。

FC2ブログではじめるこだわりブログ 第3版 (FC2ブログ公式ガイド)
人気のFC2ブログを使いこなせる! 新機能を完全網羅!
ブログ作成の基本である記事の編集方法から、アフィリエイトやamazonアソシエイトなどの一歩進んだ使い方までFC2ブログの機能をくまなく解説しています。さまざまなカスタマイズ方法、ブログバトンや拍手をはじめとしたコミュニケーション機能の使いこなし術、困ったときの対処法などブロガーにはたまらないノウハウも満載。初心者、さらに中級ブロガーもお使いいただける内容に仕上がっています。人気ブログを作りたい! ブログを自分好みにカスタマイズしたい! そんな方々は必読!
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4798121029

東京をどうするか――福祉と環境の都市構想
数兆円の予算規模を持つ東京の可能性は、「首都再生」のかけ声のもと、大規模再開発や五輪誘致に費消されてきた。新しい都政はどこへ向かうべきなのか。具体的政策とその根拠を、第一線の研究者が幅広い分野にわたって展開する。新自由主義構造改革による貧困・格差の時代を終わらせ、新時代を拓くための実践的都市論。
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4000257994

いま、マンションを買うのはやめなさい―「家賃を払い続けるくらいなら…」という価値観を見直せ!
情報に惑わされず、賃貸のメリットを見直せ。そしてマイホームに人生をかけるという「愚か」はやめなさい。

マンション選びは「立地」がすべて
マンション選びは住むにも売るにも「立地」がすべて。その立地を、元「住宅情報」編集長が、12のタイプに分類し、シングルやファミリー、シニアといったライフステージ別に絶対後悔しない物件選びのコツを伝授する。

今こそ!中古マンション―「得」する買い方・選び方
今こそ“中古マンション買い”の時代。なぜなら耐震性に問題があれば見た目で分かるケースがある。住人同士で挨拶しないマンションはNG。これも事前に分かる。本当のよさを知るには、ここを見よ!ゴミ置き場、駐輪場、掲示板、中古なら、これらすべてが実物でチェック可能。住まいにこだわりある人ほど中古を選ぶという事実。まだまだメリットたくさん。買い手の視点、業者の本音を取材し尽くしたプロが明かす、目からウロコの購入術、初公開。

帽子収集狂事件【新訳版】 ジョン・ディクスン・カー
“いかれ帽子屋”による連続帽子盗難事件が話題を呼ぶロンドン。
ポオの未発表原稿を盗まれた古書収集家もまた、その被害に遭っていた。
そんな折、ロンドン塔の逆賊門で彼の甥の死体が発見される。
古書収集家の盗まれたシルクハットをかぶせられて…。
比類なき舞台設定と驚天動地の大トリックで、全世界のミステリファンをうならせてきた、フェル博士シリーズを代表する傑作。
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4488118305

ロンドン幽霊列車の謎 (辻馬車探偵ネッドの事件簿) ピーター・キング
ヴィクトリア朝ロンドン、絡み合ういくつもの謎
ロンドンで辻馬車業を営むわたしが乗せた奇妙な客は、馬車から降りたとたん、忽然と姿を消した。
その男は死体となって発見され、同業者のひとりが殺人容疑で逮捕される。
わたしは彼に、御者仲間全員の力を合わせて留置所から出してやると約束する―六千組の目と耳を総動員して。ヴィクトリア朝ロンドンを舞台に、辻馬車探偵ネッドたちの活躍を軽快に描く、傑作歴史ミステリ。
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4488151043

Songs for Japan
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/B004TS0LBW
行為の意味―青春前期のきみたちに
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4341019074
自分を育てるのは自分―10代の君たちへ
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/488474831X
わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4882840707

村上春樹の『1Q84 BOOK3』大研究
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4781700543
小沢一郎覇者の履歴書 超権力者への道
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4781700497
ミネラル豆乳ダイエット―野菜に含まれるミネラルが効く
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/409310364X
あぶない科学実験
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/488392730X
技術提案の勝ち方―総合評価方式で高得点を取る必勝ノウハウ
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/482226615X
親父の青春
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4434131664
会社で心を病むということ
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4492042822

書籍リスト

小説

芦辺拓『千一夜の館の殺人』光文社、2009年8月20日発行
岩崎夏海『エースの系譜』講談社、2011年
海道尊『チーム・バチスタの栄光』宝島社、2006年
海道尊『ナイチンゲールの沈黙』宝島社、2006年
笠島恵理子『ねえね、おばあちゃんね』日本文学館、2007年
鎌田正明『全壊判定』朝日新聞出版、2009年4月30日発行
古関万希子『告発のとき』講談社、2008年
小林恭二『日本国の逆襲』新潮社、1992年
小松左京、谷甲州『日本沈没 第二部』小学館、2006年
椎名誠『チベットのラッパ犬』文藝春秋、2010年8月30日発行
関野昂『関野昂 著作選2 機巧館殺人事件』現代図書、2007年
田中光二『帝国アメリカ消失』光文社、2003年
筒井康隆『日本以外全部沈没』角川文庫、2006年
津村記久子『ミュージック・ブレス・ユー!!』角川書店、2008年
富野由悠季『機動戦士Vガンダム1ウッソ・エヴィン』角川文庫、2003年
貫井徳郎『乱反射』朝日新聞出版、2009年2月28日
羽田圭介『ミート・ザ・ビート』文藝春秋、2010年2月10日発行
原宏一『東京箱庭鉄道』祥伝社、2009年
福田政史『七人の奇妙な依頼人 現役探偵の調査ファイル』双葉社、2006年
本郷尚『女の相続』文芸社、2003年
誉田哲也『感染遊戯』光文社、2011年3月25日
まるみせもあ『ザイデンシュトラーセン2 鉄工少年のもとめた絹の道』星雲社、2007年
yuki『新宿日記 上下』幻冬社、2007年

●田中芳樹
田中芳樹『アルスラーン戦記2王子二人』角川文庫、1987年
田中芳樹『アルスラーン戦記3落日悲歌』角川文庫、1987年
田中芳樹『アルスラーン戦記4汗血公路』角川文庫、1988年
田中芳樹『アルスラーン戦記5征馬孤影』角川文庫、1989年
田中芳樹『アルスラーン戦記6風塵乱舞』角川文庫、1989年
田中芳樹『アルスラーン戦記11魔軍襲来』光文社、2005年
田中芳樹『アルスラーン戦記12暗黒神殿』光文社、2006年
田中芳樹『運命 二人の皇帝』講談社、2005年
田中芳樹『霧の訪問者 薬師寺涼子の怪奇事件簿』講談社、2006年
田中芳樹『水妖日にご用心 薬師寺涼子の怪奇事件簿』祥伝社、2007年
田中芳樹『銀河英雄伝説外伝3』徳間書店、1988年
田中芳樹『銀河英雄伝説外伝8』徳間書店、2002年
田中芳樹『創竜伝4四兄弟脱出行』講談社、1994年
田中芳樹『創竜伝5蜃気楼都市』講談社、1995年
田中芳樹『創竜伝7黄土のドラゴン』講談社、1991年
田中芳樹『創竜伝8仙境のドラゴン』講談社、1992年
田中芳樹『創竜伝9妖世紀のドラゴン』講談社、1994年
田中芳樹『創竜伝10大英帝国最後の日』講談社、1996年
田中芳樹『創竜伝11銀月王伝奇』講談社、1997年
田中芳樹『創竜伝12竜王風雲録』講談社、2003年
田中芳樹『創竜伝13噴火列島』講談社、2003年
田中芳樹『岳飛伝 一、青雲篇』講談社、2003年
田中芳樹『天竺熱風録』新潮社、2004年
田中芳樹『白夜の弔鐘』徳間書店、2005年
田中芳樹『春の魔術』講談社、2002年
田中芳樹『バルト海の復讐』東京書籍、2001年
田中芳樹『ラインの虜囚』講談社、2005年
田中芳樹『蘭陵王』文藝春秋、2009年9月30日発行
田中芳樹原案『『七都市物語』シェアードワールズ』徳間書店、2005年

●佐藤賢一
佐藤賢一『王妃の離婚』集英社、1999年
佐藤賢一『カエサルを撃て』中央公論新社、1999年
佐藤賢一『二人のガスコン上中下』講談社、2001年
佐藤賢一『傭兵ピエール』集英社、1996年
佐藤賢一『カポネ』角川書店、2005年
佐藤賢一『アメリカ第二次南北戦争』光文社、2006年
佐藤賢一『女信長』毎日新聞社、2006年
佐藤賢一『革命のライオン 小説フランス革命I』集英社、2008年11月30日発行
佐藤賢一『バスティーユの陥落 小説フランス革命II』集英社、2008年11月30日発行
佐藤賢一『聖者の戦い 小説フランス革命III』集英社、2009年3月30日発行
佐藤賢一『議会の迷走 小説フランス革命W』集英社、2009年9月30日発行
佐藤賢一『王の逃亡 小説フランス革命X』集英社、2010年
佐藤賢一『フイヤン派の野望 小説フランス革命Y』集英社、2010年
佐藤賢一『象牙色の賢者』文藝春秋、2010年
佐藤賢一『新徴組』新潮社、2010年

●政治
東屋晴喜『新国家『大和』日本より分離独立を宣言する』新風舎、2003年
小笠原郷発『ヒーズールの夜明け』陸奥出版、2008年
落合誓子『バッド・ドリーム 村長候補はイヌ!?色恋村選挙戦狂騒曲』自然食通信社、2009年8月30日発行
三枝玄樹『結党!老人党』毎日新聞社、2007年

●司法
岩崎健一『女子弁護士 葵の事件ファイル』双葉社、2008年
志賀貢『医療事故』光文社、2000年
鈴木仁志『司法占領』講談社、2002年
中嶋博行『司法戦争』講談社文庫、2001年

●経済小説
牛島信『第三の買収』幻冬舎、2007年
黒木亮『リストラ屋』講談社、2009年7月1日発行
高杉良『不撓不屈(上)(下)』新潮社、2006年
高任和夫『告発倒産』講談社、2000年

●歴史小説
佐藤雅美『大君の通貨 幕末「円ドル」戦争』文藝春秋、2000年
佐藤雅美『覚悟の人 小栗上野介忠順伝』岩波書店、2007年
島崎藤村『破戒』岩波文庫、1957年
高橋克彦『火怨―北の燿星アテルイ 上』講談社、1999年
高橋克彦『火怨―北の燿星アテルイ 下』講談社、2002年
高橋克彦『竜の柩』祥伝社、1993年
高橋克彦『新・竜の柩』祥伝社、1994年
中村晃『直江兼続 宿敵・家康も惚れた名軍師』PHP文庫、1995年5月15日
藤本ひとみ『ウィーンの密使 フランス革命秘話』講談社、1996年
藤本ひとみ『聖戦ヴァンデ 上下巻』角川書店、1997年
藤本ひとみ『聖アントニウスの夜』講談社、1998年
藤本ひとみ『聖ヨゼフ脱獄の夜』講談社、1999年
藤本ひとみ『バスティーユの陰謀』文藝春秋、1999年
藤本ひとみ『ジャンヌ・ダルク暗殺』講談社、2001年
藤本ひとみ『預言者ノストラダムス 上下』集英社、1998年
火坂雅志『天地人 上下』日本放送出版協会、2006年
諸田玲子『美女いくさ』中央公論新社、2008年
山本兼一『利休にたずねよ』PHP研究所、2008年11月7日
隆慶一郎『一夢庵風流記』集英社、1992年
隆慶一郎『影武者徳川家康 上巻下巻』新潮社、1989年

●海外小説
J.K.ローリング、松岡祐子訳『ハリー・ポッターと賢者の石』静山社、1999年
J.K.ローリング、松岡祐子訳『ハリー・ポッターと秘密の部屋』静山社、2000年
J.K.ローリング、松岡祐子訳『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』静山社、2001年
J.K.ローリング、松岡祐子訳『ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下』静山社、2002年
J.K.ローリング、松岡祐子訳『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 上下』静山社、2004年
J.K.ローリング、松岡祐子訳『ハリー・ポッターと謎のプリンス 上下』静山社、2006年
J.K.ローリング、松岡祐子訳『ハリー・ポッターと死の秘宝 上』静山社、2008年
J.R.R.トールキン、瀬田貞二・田中明子訳『指輪物語3旅の仲間』評論社、2003年
アルバート・アレツハウザー、真野明裕訳『東京大震災』徳間書店、1996年
エリザベス・コストヴァ、高瀬素子訳『ヒストリアンTU』日本放送出版協会、2006年
エリザベス・レッドファーン、山本やよい訳『天球の調べ』新潮社、2002年
カイラ・クリューバー著、平林祥訳『レガシーI』WAVE出版、2010年
ジャック・アンダーソン著、吉浦澄子訳『ニッポン株式会社の陰謀』集英社、1994年
スティーヴン・キング、永井淳訳『クージョ』新潮文庫、1982年
スティーヴン・キャネル、日暮雅通訳『陰謀』徳間書店、1996年
ダン・シモンズ、酒井昭伸訳『オリュンポス 上下』早川書房、2007年
ダン・バースタイン編、沖田樹梨亜訳『「ダ・ヴィンチ・コード」の真実』竹書房、2004年
ダン・ブラウン、越前敏弥訳『デセプション・ポイント 上巻下巻』角川書店、2005年
ダン・ブラウン、越前敏弥訳『天使と悪魔 上巻下巻』角川文庫、2006年
ダン・ブラウン、越前敏弥訳『ダ・ヴィンチ・コード 上中下』角川文庫、2006年
ダン・ブラウン、越前敏弥、熊谷千寿訳『パズル・パレス 上下』角川書店、2006年
デブラ・ギンズバーグ、中井京子訳『匿名投稿』扶桑社、2009年5月30日発行
トロイ・クック著、高澤真弓訳『州知事戦線異常あり!』東京創元社、2009年
ナリ・ポドリスキイ著、津和田美佳訳『猫の町』群像社、2009年9月5日発行
ニック・トーシュ著、高橋健次訳『抗争街』講談社文庫、2000年
バーバラ・ウッド、加藤しをり訳『女性司祭』講談社、2000年
バリー・リード、田中昌太郎訳『決断』早川書房、1994年
マイケル・ホワイト著、横山啓明訳『メディチ家の暗号』早川書房、2009年
マイクル・コーディ、内田昌之訳『イエスの遺伝子』徳間書店、1998年
マジオン・ジマー・ブラッドリー、岩原明子訳『円卓の騎士』早川書房、1989年
マーシャ・マラー著、広津倫子訳『奇妙な相続人』徳間書店、1995年
マリオ・プーヅォ著、一ノ瀬直二訳『ゴッドファーザー 上下』早川書房、2005年
ヨースタイン ゴルデル、池田香代子訳『ソフィーの世界―哲学者からの不思議な手紙』日本放送出版協会、1995年
ヨースタイン ゴルデル、池田香代子訳『鏡の中、神秘の国へ』日本放送出版協会、1997年
ヨースタイン ゴルデル、池田香代子訳『フローリアの「告白」』日本放送出版協会、1998年
ヨースタイン ゴルデル、猪苗代英徳訳『カエルの城』日本放送出版協会、1998年
ヨースタイン ゴルデル、猪苗代英徳訳『オレンジガール』日本放送出版協会、2003年
ヨースタイン ゴルデル、山内清子訳『カードミステリー―失われた魔法の島』徳間書店、1996年
ローレンス・サンダーズ、高野裕美子訳『顧客名簿』講談社、1999年
ロバート・A・ハインライン著、鎌田三平訳『栄光の星のもとに』東京創元社、1994年
ロバート・A・ハインライン著、矢野徹訳『月は無慈悲な夜の女王』早川書房、2010年
ロバート・アスプリン、ピーター・J・ペック著、斉藤伯好訳『銀河おさわがせマネー』早川書房、2000年
ロバート・アスプリン、ピーター・J・ペック著、月岡小穂訳『銀河おさわがせ執事』早川書房、2007年4月25日発行
ロナルド・カトラー著、新谷寿美香『秘密の巻物―イエス文書に書かれていたこと』イースト・プレス、2008年

●法廷サスペンス
アンドリュー・ニーダマン、庭植菜穂子訳『悪魔の弁護人』ソニー・マガジンズ、1998年
D.W.バッファ『遺産』文芸春秋、2004年
クリストファー・ライク、土屋京子訳『匿名口座 上下』講談社、1998年
クリストファー・ライク、土屋京子訳『謀略上場 上下』ランダムハウス講談社、2006年
シドニィ・シェルダン『遺産 上下』徳間書店、1995年
ジェイムズ・グリッパンド、白石朗訳『汚れた遺産』小学館、2003年
シェルビー・ヤストロウ著、森詠訳『遺言執行』集英社、1995年
ジョージ・ドーズ・グリーン、岩瀬孝雄訳『陪審員』早川書房、1996年
ジョン・グリシャム、白石朗訳『パートナー』新潮社、1998年
ジョン・グリシャム、白石朗訳『陪審評決』新潮社、1997年
ジョン・グリシャム、白石朗訳『ペリカン文書』新潮社、1993年
ジョン・グリシャム、白石朗訳『路上の弁護士』新潮社、1999年
ジョン・グリシャム、白石朗訳『テスタメント』新潮社、2001年
ジョン・グリシャム、白石朗訳『スキッピング・クリスマス』小学館、2002年
ジョン・グリシャム、白石朗訳『大統領特赦 上』新潮文庫、2007年
ジョン・グリシャム、天満龍行訳『裏家業(上)(下)』アカデミー出版、2000年
ジョン・グリシャム著、天馬龍行訳『甘い薬害 上下』アカデミー出版、2008年
ジョン・グリシャム著、白石朗訳『奇跡のタッチダウン 上下』ゴマブックス、2008年
ジョン・グリシャム著、白石朗訳『謀略法廷 上下』新潮社、2009年
ジョン・D・マクドナルド、水上蜂雄訳『ディベロッパー』綜合社、1991年
ジョン・マーテル著、岩原明子訳『訴訟 上下』早川書房、1994年
スコット・トゥロー、上田公子訳『有罪答弁』文藝春秋、1995年
スコット・トゥロー、二宮磬訳『囮弁護士』文藝春秋、2000年
ブラッド・メルツアー、中原裕子訳『好敵手』早川書房、2000年
ブラッド・メルツアー、中原裕子訳『最高裁調査官』早川書房、1997年
ボニー・マクデドゥーガル著、白石朗訳『賠償責任』講談社、2000年

●韓国
金辰明著、方千秋訳『ムクゲノ花ガ咲キマシタ』徳間書店、1994年
金辰明著、「淵弘訳『謀略の半島』牧野出版、2006年
チョン・アリ著、花井道男訳『おり姫の日記帳』現文メディア、2009年
ホ・ジノ、キム・ヘヨン著、蓮地薫訳『ハピネス』ランダムハウス講談社、2008年

●古典
アレクサンドル・デュマ、山内義雄訳『モンテ・クリスト伯(一)〜(七)』岩波文庫、1956年
ウィリアム・シェイクスピア、河合祥一郎訳『新訳リチャード三世』角川書店、2007年
コナン・ドイル、北原尚彦・西崎憲編『クルンバーの謎』東京創元社、2007年
コナン・ドイル、延原謙訳『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』新潮文庫、1955年
ハインリヒ・マン、小栗浩訳『アンリ四世の青春 新装版』晶文社、1989年
ニーチェ(F.Nietzsche)、氷上英広訳『ツァラトゥストラはこう言った 上巻』岩波書店、1967年
マルシーリオ・フィチーノ、左近司祥子『恋の形而上学』国文社、1985年

●スターウォーズ
アーロン・オールストン、富永和子訳『スター・ウォーズ魔都潜入 上巻下巻』ソニー・マガジンズ、2002年
アラン・ディーン・フォスター、酒井昭伸訳『スター・ウォーズ 崩壊の序曲』ソニー・マガジンズ、2002年
ジェームズ・ルシーノ、富永和子訳『スター・ウォーズ迷走 上巻下巻』ソニー・マガジンズ、2004年
ジェームズ・ルシーノ、富永和子訳『スター・ウォーズ統合 上巻』ソニー・マガジンズ、2004年
ジェームズ・ルシーノ、富永和子訳『スター・ウォーズ悪の迷宮 上巻下巻』ソニー・マガジンズ、2005年
ショーン・ステュワート、富永和子訳『スター・ウォーズ暗黒の会合 上巻下巻』ソニー・マガジンズ、2005年
ダニエル・ウォーレス、ケヴィン・J・アンダースン、富永和子、富永晶子訳『スターウォーズ全史 上下』ソニー・マガジンズ、2006年
トロイ・デニング、富永和子訳『スター・ウォーズ猟獣 上巻下巻』ソニー・マガジンズ、2001年
トロイ・デニング、富永和子訳『スター・ウォーズ陥落 上巻下巻』ソニー・マガジンズ、2002年
トロイ・デニング、富永和子訳『スター・ウォーズ キリック戦争 上巻下巻』ソニー・マガジンズ、2007年
バーバラ・ハンブリー、富永和子訳『スター・ウォーズ ジェダイの遺児 上下』竹書房、1996年
マイケル・P・キュービー=マクドウェル、秋友克也訳『スターウォーズ偽りの盾 上下巻』竹書房、1998年
R・A・サルヴァトア、富永和子訳『スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃』ソニー・マガジンズ、2002年

●宇宙英雄ローダン・シリーズ
ダールトン、クナイフェル、池田香代子訳『宇宙英雄ローダン・シリーズ252 黄色い偽神の船』早川書房、1999年
ヴルチュク、エーヴェルス、天沼春樹訳『宇宙英雄ローダン・シリーズ257 テラの密使と宙賊レディ』早川書房、2000年
クナイフェル、ダールトン、池田香代子訳『宇宙英雄ローダン・シリーズ277 テラの剣闘士』早川書房、2002年
マール、フォルツ、五十嵐洋訳『宇宙英雄ローダン・シリーズ325 七銀河同盟』早川書房、2006年
ヴルチュク、フランシス、渡辺広佐訳『宇宙英雄ローダン・シリーズ326 ヘトス・インスペクター』早川書房、2006年
フォルツ、ダールトン、『宇宙英雄ローダン・シリーズ328 地球最後の奇術師』早川書房、2006年
クルト・マール、増田久美子訳『宇宙英雄ローダン・シリーズ329 アレクトゥルス事件』早川書房、2006年
マール、フランシス、天沼春樹訳『宇宙英雄ローダン・シリーズ337 テラ=ルナ脱出作戦』早川書房、2007年
ヴルチュク、フォルツ、嶋田洋一訳『宇宙英雄ローダン・シリーズ348 不可侵領域』早川書房、2008年

ノンフィクション

石原伸司『逢えてよかった』日本工業新聞社、2008年8月15日
石原伸司『歌舞伎町のシャブ女王』バジリコ、2007年12月22日
岩崎信彦他編『災害と共に生きる文化と教育−大震災からの伝言(メッセージ)』昭和堂、2008年
大浜五光『遺書 唯物協動共感論に到達した田村了悟伝に代えて』ロゴス、2009年
オブスキュアインク『全日本ロボット相撲オフィシャルブック』毎日コミュニケーションズ、2008年
勝谷誠彦『美しき日本人は死なず』アスコム、2009年9月11日発行
金夏日『歌集 一族の墓』影書房、2009年
坂本雅志『親父の青春』現代図書、2009年
産経新聞取材班『ブランドはなぜ墜ちたか』角川文庫、2002年
高木賢司『街金王 池袋アンダーグラウンドの「光」と「闇」』講談社、2008年
多田文明、ゆうきとも『だましの技術!』メディアファクトリー、2009年
デイ多佳子『観光コースでないシカゴ・イリノイ』高文研、2008年
中山千夏『ぼくらが子役だったとき』金曜日、2008年
松尾信之『零細起業―ナゾの職業「猫の手、貸します」』ユビキタ・スタジオ、2008年
松野凱典『科捜研 うそ発見の現場』朱鷺書房、2004年10月1日
森山まり子『クマともりとひと』日本熊森協会、2007年
山田泉『いのちの恩返し がんと向き合った「いのちの授業」の日々』高文研、2008年
山平重樹『ヤクザに学ぶ交渉術』幻冬舎、2002年
山本太郎『ハイチ いのちとの闘い −日本人医師300日の記録』昭和堂、2008年
若宮健『打ったらハマるパチンコの罠PART2』社会批評社、2008年

浅草

朝日新聞社会部東部支局『新下町事情』講談社、1986年
金竜山浅草寺『図説浅草寺』凸版印刷株式会社、1996年
山田太一編『土地の記憶 浅草』岩波書店、2000年

●出版
井狩春男『返品のない月曜日』新風舎、2003年
佐野眞一『だれが「本」を殺すのか 上下』新潮社、2004年
東野作品研究会『東野圭吾の謎 東野作品の研究・考察集成』データハウス、2009年
平井謙『村上春樹の「1Q84 BOOK3」大研究』データハウス、2010年

●芸能
奥菜恵『紅い棘』双葉社、2008年
中澤裕子のallnightnippon Sunday Super!『改心』扶桑社、2002年
花輪如一『ジャニーズ愛』データハウス、2009年

●ネット
加納寛子、加藤良平『ケータイ不安』日本放送出版協会、2008年
前屋毅『全証言東芝クレーマー事件』小学館、2000年
三村忠史、倉又俊夫『デジタルネイティブ 次代を変える若者たちの肖像』日本放送出版協会、2009年

●警察
北芝健『「落とし」の技術』双葉社、2004年
北芝健『スマン!刑事でごめんなさい。』宝島社、2005年
北芝健『警察裏物語 小説やTVドラマより面白い警察の真実』バジリコ、2006年
北芝健『北芝健のニッポン防犯生活術』河出書房、2007年12月30日発行
北芝健『続・警察裏物語 27万人の巨大組織、警察のお仕事と素顔の警察官たち』バジリコ、2008年
北芝健『警察裏物語』新潮社、2009年6月1日発行
寺澤有『警察庁出入り禁止』風雅書房、1994年12月10日発行
寺澤有『全国警察力ランキング』宝島社、2006年12月14日発行
寺澤有『報道されない警察とマスコミの腐敗 映画『ポチの告白』が暴いたもの』インシデンツ、2009年2月25日発行
宮崎学『上場企業が警察に抹殺された日』扶桑社、2009年

●東急
太田次男『もう一人の五島慶太伝』勉誠出版、2000年
城山三郎『ビッグボーイの生涯―五島昇その人』講談社、1997年
城山三郎『乗取り』新潮社、1978年
城山三郎他『東急の挑戦―五島慶太から昇へ』ビジネス社、1996年
坂西哲『東急・五島慶太の経営戦略―鉄道経営・土地経営』文芸社、2001年

政治

稲井田茂『世襲議員 構造と問題点』講談社、2009年7月9日
猪瀬直樹『道路の決着』小学館、2006年
奥野修司『小沢一郎 覇者の履歴書 超権力者への道』データハウス、2010年
関東弁護士会連合会『市民のための情報公開』明石書店、1997年
竹ア孜『貧困にあえぐ国ニッポンと貧困をなくした国スウェーデン』あけび書房、2008年
都留重人『日米安保解消への道』岩波書店、1996年
所功『天皇の「まつりごと」 象徴としての祭祀と公務』日本放送出版協会、2009年
平沢勝栄『危うしニッポン!ズバリもの申す―番組じゃ言えない「アレ」や「コレ」』KKベストセラーズ、2001年
平沢勝栄『政治家は楽な商売じゃない』集英社、2007年
朴チョルヒー『代議士のつくられ方 小選挙区の選挙戦略』文藝春秋、2000年

脱原発

岡野眞治『放射線とのつきあい‐老科学者からのメッセージ』かまくら春秋社、2011年10月11日発行
原子力空母横須賀母港化を許さない全国連絡会『東京湾の原子力空母』新泉社、2008年
小林公吉『原子力と人間-闇を生む光』星雲社、2005年
山本義隆著『福島原発事故をめぐって 〜いくつか学び考えたこと〜』みすず書房、2011年

●戦争犯罪
池田恵理子、大越愛子、VAWW-NET Japan編『加害の精神構造と戦後責任 (日本軍性奴隷制を裁く―2000年女性国際戦犯法廷の記録) 』緑岡出版、2000年
ジャック・エドワーズ、薙野慎二著、川島めぐみ訳『くたばれ、ジャップ野郎! 日本軍の捕虜となったイギリス兵の記録』径書房、1992年
李盛煥著、都奇延・大久保節士郎訳『近代日本と戦争』光陽出版社、2009年

●外交
天木直人『アメリカの不正義 レバノンから見たアラブの苦悩』展望社、2003年
天木直人『さらば外務省! 私は小泉首相と売国官僚を許さない』講談社、2003年
天木直人、池田香代子、野中広務、田島泰彦『イラク派兵を問う』岩波ブックレット、2004年
栗原康『G8サミット体制とはなにか』以文社、2008年
佐藤優『国家の罠』新潮社、2005年
佐藤優『自壊する帝国』新潮社、2006年
新藤健一『疑惑のアングル』平凡社、2006年5月15日発行
鈴木邦男『愛国と米国―日本人はアメリカを愛せるのか』平凡社、2009年
鈴木宗男、佐藤優『北方領土「特命交渉」』講談社、2006年
吉岡一『イラク崩壊 米軍占領下、15万人の命はなぜ奪われたのか』合同出版、2008年
デイビッド・エドワード、ロバート・レイン、庄司克弘訳『EU法の手引き』国際書院、1998年
ベンジャミン・フルフォード『世界と日本の絶対支配者ルシフェリアン』講談社、2008年
マイネッケ、矢田俊隆訳『ドイツの悲劇』中公文庫、1974年
W.G.パゴニス、佐々淳行訳『山・動く』同文書院、1992年

●朝鮮半島
徐仲錫、文京洙訳『韓国現代史60年』明石書店、2008年
張誠a著、吉崎英治訳、田原総一朗監修『金正日最後の賭け 宣戦布告か和平か』ランダムハウス講談社、2009年7月29日発行

●社会主義
黒滝正昭他編著『ポスト・マルクス研究』ぱる出版、2009年
千石好郎『マルクス主義の解縛』ロゴス社、2009年
松下信之『内部告発!社民党』ロゴス、2008年6月22日発行
村岡到『閉塞時代に挑む』ロゴス、2008年
村岡到『悔いなき生き方は可能だ』ロゴス、2007年4月6日発行
村岡到編『閉塞を破る希望』ロゴス社、2008年1月6日発行

建築不動産

石井勝利『元気の出るマイホーム取得術』総合法令、1993年
石井勝利『いま、マンションを買うのはやめなさい』明日香出版社、2004年
稲葉なおと『誤解だらけのマンション選び2000-2001年版』講談社、1999年
小川智裕『初めてのマイホーム』西東社、2003年
鬼定佳世『マイホームこの買い方・選び方なら安全だ』かんき出版、1995年
影山明仁『名作マンガの間取り』ソフトバンク クリエイティブ、2008年
釜口浩一『その「家」の本当の値段』講談社、2007年
川井龍介「住まい探しでトクする人ソンする人43人のうちあけ話」ウェッジ、2001年
河北義則『3年間、家を買うのはやめなさい!』ダイヤモンド社、1999年
川島洋一『くらしと建物ものがたり−旭川動物園の町旭川と北海道編−』現代図書、2008年
木原和代『女性が安心してマンションを買える本』コモンズ、2000年
小林高志『知ってますか?いい家の値段』ニューハウス出版、2001年
田中良寿、鈴木智恵子『建築技術者になるには』ぺりかん社、2008年
田村義隆『貧乏人こそ家を買え!』イーハトーヴ出版、1998年
造事務所編『新版ゼッタイ失敗しないマイホーム購入大満足ガイドブック』造事務所、2003年
高橋達夫『悪徳不動産業者撃退マニュアル』泰光堂、2000年
千代崎一夫『マンション管理士が教えるだまされない鉄則100』講談社、2002年
日本ファイナンシャルアカデミー『不動産投資の学校 入門編』ダイヤモンド社、2008年7月31日発行
日向野利治『おいしいマイホーム(自宅・マンション)買い替えマニュアル』明日香出版社、2001年
日向野利治『新築建売住宅の上手な選び方・買い方』すばる舎、1998年
根来冬二『買ってから泣かないマンション選び』築地書館、2000年
増子博『定年後は森でロハスに』リベルタ出版、2009年
松岡在丸『住宅で失敗しないための7つの自己防衛策』経済界、2004年
諸星俊一『不動産業者の正しい選び方・つきあい方』総合法令出版、1998年
矢部樹美男『不動産契約の実務書式基本フォーマット68』三修社、2007年
山本公喜『住宅ローンぜったい有利な借り方&返し方はこれだ!』すばる舎、2005年

●街づくり
五十嵐敬喜『美しい都市を作る権利』学芸出版社、2002年
五十嵐敬喜・小川明雄『都市計画 利権の構造を超えて』岩波書店、1993年
五十嵐太郎『美しい都市・醜い都市』中央公論新社、2006年
石原一子『景観にかける』新評論、2007年
オギュスタン・ベルク、篠田勝英訳『日本の風景・西欧の景観』講談社、1990年
価値総合研究所『Best Value Vol.9』(テーマ2 地区計画による制限が資産価値に与える効果)価値総合研究所、2005年4月
鎌倉の自然を守る連合会『鎌倉広町の森はかくて守られた』港の人、2008年
北九州マンション問題研究会・福岡マンション問題研究会『わかりやすいマンション判例の解説』民事法研究会、2002年
景観まちづくり研究会編『景観法を活かす どこでもできる景観まちづくり』学芸出版社、2004年
建築とまちづくり編集委員会編『建築とまちづくり』新建築家技術者集団、2004年7月号(第324号)
伊達美徳編集・執行代表『初めて学ぶ都市計画』市ヶ谷出版社、2008年
田村明『まちづくりと景観』岩波書店、2005年
原科幸彦『市民参加と合意形成 ―都市と環境の計画づくり― 』学芸出版社、2005年
都市計画・まちづくり判例研究会『都市計画・まちづくり紛争事例解説』ぎょうせい、2010年
藤野達善『十メートル以上のマンション建築ゼロ』二十一世紀社福岡、2008年
真鶴町『真鶴町まちづくり条例美の基準』真鶴町、1992年
NPO法人区画整理・再開発対策全国会議『区画整理・再開発の破綻』自治体研究社、2001年

●家づくり
Mac安田『プロが教える!建築費500万円を節約するかしこい家造り』実業之日本社、2004年
伊藤信彦『猫の額で家づくり』翔雲社、2004年
兼坂亮一『省エネ時代の家づくり』けやき出版、2008年
多階層研究グループ『ゆったりなごやか三階建ての家づくり』経済調査会、1995年
田中慶明、若林礼子『やっと出会えた本物の家 新改訂版』ほたる出版、2008年
豊島光夫『鉄筋最前線』建築技術、1999年
中田清兵衛『100年住める家のつくり方』講談社、2003年
夏目幸子『やっぱりわが家で暮らしたい』岩波書店、2000年
日向野利治『100%満足できる家づくり』すばる舎、1998年
藤山宏『住宅エクステリアの100のポイント』学芸出版社、2007年
山田信亮『図解雑学 建築と構造』ナツメ社、2004年
横山彰人『危ない間取り』新潮社、2004年
横山彰人『夫婦をゆがめる「間取り」』PHP研究所、2004年

●高齢者住宅
古瀬敏、田中賢『安心快適な高齢者配慮住宅』オーム社、2006年
大竹司人、望川彬也『ケアマネジャーが知っておくべき福祉住環境コーディネート』東京高齢者研究・福祉振興財団、2005年
高齢者住環境研究所バリアフリーデザイン研究会『必携 実例でわかる福祉住環境 バリアフリー住宅読本』三和書籍、2003年
山根千鶴子、後藤義明『高齢者が住みたい家』講談社、1999年
吉田紗栄子『あんしんかいてきシルバー住宅 女性建築士が設計した住まいのプラン集』経済調査会、1999年

●欠陥住宅
青山二郎『わたしは悪い工務店』データハウス、1995年
五十嵐敬喜・小川明雄『建築紛争―行政・司法の崩壊現場』岩波新書、2006年
岩山健一『「欠陥?!」住宅に負けない本』PHP研究所、2005年
社団法人日本建築家協会関東甲信越支部編『欠陥住宅の見抜き方・直し方77のポイント』同文館、2001年
中村幸安『建築Gメンが暴く!!欠陥住宅59の手口』日本文芸社、2004年
日経ホームビルダー『実録住宅事件簿』日経BP社、2002年
藤田東吾『月に響く笛 耐震偽装』imairu、2006年
松居一代『欠陥マンション、わが闘争日記―ゼネコンに勝った!壮絶600日の全記録』PHP研究所、2000年
持田信一郎『「欠陥住宅・欠陥マンション」ここを見抜け!』KKベストセラーズ、1999年

●不動産法
北博行『土地建物の法律知識がわかる事典』西東社、2005年
日本税理士会連合会編『借地権 第5版』中央経済社、2004年
安永正昭、鎌田薫、山野目章夫編『不動産取引判例百選第3版』有斐閣、2008年7月30日発行
山田朝一『ゼロからわかる土地・建物の税金』すばる舎、1999年

【不動産登記】
岩澤勇『不動産登記簿の見方・調べ方 全訂新版』自由国民社、1995年
古山隆『いまさら人に聞けない「不動産登記簿」の読み解き方』セルバ出版、2006年
古山隆『すぐに役立つ不動産登記簿の読み方』すばる舎、2001年
古山隆、川村健司『一人でできる登記手続き一切』日本実業出版社、2000年

【境界】
安藤一郎『私道・日照・境界等の知識とQ&A 改訂第2版』法学書院、2002年
安藤一郎『よくわかる境界のトラブルQ&A』三省堂、2001年
芥川基『境界をめぐるトラブル解決法 補訂版』自由国民社、2007年
梅原ゆかり『道路・境界の法律とトラブル解決マニュアル』三修社、2007年

●マンション管理
国土交通省『マンションの建て替えに向けた合意形成に関するマニュアル』国土交通省、2003年
楜沢成明『マンションを長持ちさせる100章改訂版』鹿島出版社、1998年
武市信明『必殺管理人―マンションの裏側教えます』碧天社、2004年
中嶋猷一『マンションの資産価値を高める本』講談社、2000年
根来冬二『マンション建設紛争解決ノウハウ』築地書館、2003年
藤山勇司『サラリーマンでも「大家さん」になれる46の秘訣』PHP研究所、2006年
福崎剛『マンション管理費はここまで節約できる―実例・年間1000万円の削減他』文藝春秋、2002年
矢内世夫『小説マンション改革 欺瞞、怠慢、放漫の三まん追放』文芸社、2006年
山岡純一郎『マンション崩壊 あなたの街が廃墟になる日』日経BP社、2006年

●リフォーム
坂本和雄・大島和雄『住まいの手入れ とっておきの知恵とコツ』日本実業出版社、1997年
佐藤謙一『おじいちゃん・おばあちゃんのためのマル秘リフォーム 見積もりを読んで損しない!』新風舎、2005年
山根裕太『だまされないリフォームと値段の秘密』エール出版社、2004年
『住まいの補修と手入れ・水まわり編』暮らしの手帳社、2007年

●建築不動産記事
飯村直也「スーパーゼネコンが「外断熱」に転向する」財界展望2005年11月号
山岡俊介「東急不動産、東急リバブルが詐欺的販売をしたとして、マンション購入者が近く集団提訴の動き」ストレイ・ドッグ2005年1月30日
山岡俊介「東急不動産側が、マンション購入者に「不利益事実」を伝えなかった呆れた言い分」ストレイ・ドッグ2005年2月21日

法律

明石昇二郎『貧者の埋蔵金 過払い金を取り戻せ!! キミにも簡単にできる、返しすぎた借金の奪還術』集英社、2009年
赤羽二郎『供託法新訂版』東京法経学院出版、1991年
赤羽二郎『供託法全訂3版』東京法経学院出版、2004年
芥川靖彦、篠崎雄二『図解 わかる税金』新星出版社、2007年
足立啓明『解説供託法・司法書士法6訂版』住宅新報社、2004年
新井隆一『租税法の基礎理論 第三版』日本評論社、1997年
井芹浩文『憲法改正試案集』集英社、2008年
尾高朝雄『自由論』ロゴス社、2006年10月1日発行
金岡昭『図解よくわかる行政不服申し立ての仕組み第二次改訂版』学陽書房、2006年
倉沢康一郎『手形判例の基礎』日本評論社、1990年
後藤守男『めざせ!ロースクール(法科大学院)』日本能率協会マネジメントセンター
在日コリアン弁護士協会『裁判の中の在日コリアン』現代人文社、2008年
三省堂『新六法 平成19年度版』三省堂、2007年
都築巌『税務/明解 財産評価』清文社、2008年
肥後治樹編『平成22年版 財産評価基本通達逐条解説』大蔵財務協会、2010年
前田雅英『刑法各論講義2版』東大出版会、1995年
森征一・岩谷十郎『法と正義のイコノロジー』慶應義塾大学出版会、1997年
山口俊夫『概説フランス法 上』東京大学出版会、1978年

【民法】
遠藤浩、川井健編『ワークブック民法 第3版』有斐閣、1995年
大村敦志『基本民法T総則・物権総論』有斐閣、2001年
加藤雅信『新民法体系 民法総則第2版』有斐閣、2005年
河井健『民法入門 第6版』有斐閣、2007年
野村豊弘他『民法V−債権総論 第2版』有斐閣、1995年
半田正夫『やさしい民法総則 第4版』法学書院、2005年
法律実務研究会編『借地・借家の法律知識 改訂第12版』弘文社、2003年
星野栄一他『民法判例百選T総則・物権 第4版』有斐閣、1996年
三好登、平山也寸志『民法判例入門』成文堂、2002年

【親族相続】
相京大介他『「明るい相続・もめない相続」3つのポイント』星雲社、2006年
天海義彦、佐藤允央『葬儀後の手続と相続の事典 新装改訂版』小学館、2006年
有地亨監修『口語六法全書 親族相続法 増補新版』自由国民社、1999年
池内ひろ美、町村泰貴『勝てる!?離婚調停』日本評論社、2004年
石原豊昭『遺産分割と紛争解決法 改定新版』自由国民社、2004年
伊藤昌司『相続法』有斐閣、2002年
治田秀夫『なぜ、お金持ちでもないのに“争続”になるのか』ごま書房、2007年
小野聡[作]、藤原稔裕[画]『マンガ相続の法律入門』近代セールス社、2002年
木幡文コ他『講説 親族法・相続法 新版』不磨書房、2005年
菊本治男、中田勇雄『遺言と相続・贈与のわかる本』日東書院、1992年
久貴忠彦、米倉明編『家族法判例百選第5版』有斐閣、1995年
埼玉弁護士会『遺留分の法律と実務新版』ぎょうせい、2005年
時事法務研究会『正しい遺言と相続』日東書院、2004年
島津一郎編『基本法コンメンタール[第三版]相続』日本評論社、1989年
清水嘉蔵『遺言執行における問題点の研究』第一法規出版、1992年
曽根恵子『いちばんわかりやすい相続・贈与の本』成美堂出版、2008年
中川高男『親族・相続法講義』ミネルヴァ書房、1989年
野村豊弘、床谷文雄『遺言自由の原則と遺言の解釈』商事法務、2008年
灰谷健司『相続の「落とし穴」親の家をどう分ける?』角川SSコミュニケーションズ、2008年9月25日発行
松川正毅『民法 親族・相続』有斐閣、2004年
松本繁雄『相続・贈与の実務 法務から税務対策まで 2008年度版』経済法令研究会、2008年
森島義博、星田寛『デフレ・少子化時代の[不動産の相続・贈与]121』清文社、2004年
好美清光、久貴忠彦、米倉明編『民法読本3親族法・相続法 第3版』有斐閣、1990年

●裁判
井垣康弘『裁判所の窓から』花伝社、2000年
石井逸郎『ひとりでできる裁判・訴訟の手続きと書式』日本実業出版社、2004年
石原豊彦、石原輝、平井二郎『訴訟は本人で出来る改訂版』自由国民社、2003年
梅中伸介『訴えてやる!』扶桑社、2007年
加藤新太郎編著『新版民事尋問技術』ぎょうせい、1999年
河野順一『本人訴訟』中央経済社、2004年
倉田卓次他『判決訴権の濫用』日本評論社、2002年
人権と報道・連絡会『報道の人権侵害と闘う本』三一書房、1995年
鈴木経夫判事退官記念論文集『新しい家庭裁判所をめざして』ルック、2000年
高橋裕次郎『すぐに役立つ裁判・訴訟のしくみと手続き』三修社、2002年
高橋裕次郎『裁判と訴訟手続きのすべて』日本実業出版社、2001年
高村明子『泣き寝入りしたくない人のための本人訴訟のススメ』創栄出版、2000年
田中豊『事実認定の考え方と実務』民事法研究会、2008年3月6日
中村俊夫『裁判に勝つには』星雲社、2003年
仁田伸一郎、小磯治『書式 家事事件の実務 全訂六版』民事法研究会、2007年
山口宏、福島隆彦『裁判の秘密』宝島社、1999年

【弁護士】
高中正彦『弁護士法概説第3版』三省堂、2006年
原誠『懲戒弁護士』双葉社、1999年
別冊宝島Real 028号『モンダイの弁護士』宝島社、2003年

●民事訴訟法
伊藤滋夫『要件事実・事実認定入門 補訂版』有斐閣、2005年
井上治典他編『現代民事救済法入門』法律文化社、1992年
石川明編『はじめて学ぶ民事訴訟法』三嶺書房、1997年
上原敏夫他『基本判例民事訴訟法』有斐閣、2002年
大島明『書式 民事訴訟の実務 全訂6版』民事法研究会、2006年
小林資明『示談の事典』ぎょうせい、1985年
小林秀之『民事訴訟法がわかる』日本評論社、2002年
小山弘『司法書士の裁判事務実例集』日本加除出版、2004年
近藤基他『書式 和解・民事調停の実務 全訂6版』民事法研究会、2006年
染野義信他『口語民事訴訟法 改訂第3増補版』自由国民社、2003年
中野貞一郎編『現代民事訴訟法入門新版』法律文化社、1998年
中野貞一郎『民事裁判入門 第2版』有斐閣、2004年
福永有利、井上治典『民事の訴訟 補丁版 事例でみる手続きの展開』悠々社、1996年

●民事執行法
石井正夫『強制執行の仕方と活用法 改訂新版』自由国民社、2004年
上原敏夫、長谷部由起子、山本和彦『民事執行・保全法』有斐閣、2004年
中央総合法律事務所『新版債権回収必携執行トラブルQ&A』経済法令研究会、2004年
中野貞一郎編『民事執行・保全法概説 第2版増補版』有斐閣、2004年
三谷忠之『民事執行法講義』成文堂、2004年

研究

荒井章『自分でやるモノの徹底修理術』山海堂、1998年
石原豊昭『「詐欺」悪の手口と撃退マニュアル』自由国民社、2004年
門田和雄『基礎から学ぶ機械工学』ソフトバンク クリエイティブ、2008年9月24日発行
木下是雄『理科系の作文技術』中公新書、1981年
木下是雄『レポートの組み立て方』筑摩書房、1994年
斎藤祥子『北海道の洋服化への道』青山社、2008年
東京情報堂『東京ライフパートナー住みたい遊びたい23区』新紀元社、2000年
三浦研『定年後もタイガー・ウッズのように飛ばす!』亜紀書房、2007年

●グルメ
友里征耶『ガチミシュラン 自腹・覆面で食べ歩いた星付きレストラン89+9』講談社、2008年
日和佐省二『旨い酒』朝日出版社、1992年

●学術
石川輝吉『カント 信じるための哲学』日本放送出版協会、2009年
上田秀樹, 増山伸之, 柴山隆行, 岡崎大記, 長友春一郎, 井上真二, 林田力「変圧器加圧時の瞬時電圧低下算出手法について」電気学会研究会資料、2007年
川口友万『あぶない科学実験』彩図社、2010年
児玉龍彦『内部被曝の真実』幻冬舎新書、2011年
松尾憙道『素人がよく分かる相対性理論の大間違い 巨大なマインドコントロールを解く』朱鳥社、2008年
盛岡大学言語教育委員会『言語教育研究 第2号』青山社、2009年
イーフー・トゥアン、小野有五・阿部一訳『トポフィリア』筑摩書房、2008年

●歴史
伊藤栄洪、堀切康司『豊島区史跡散歩』学生社、1994年
氏家幹人『江戸の怪奇譚』講談社、2010年
芳即正『権力に抗った薩摩人』南方新社、2009年
斉藤亘弘『原点としての東京大空襲』ロゴス社、2008年
戦国巡礼研究会『“戦国BASARA”武将巡礼 真田幸村』JTBパブリッシング、2009年
堤治郎『かまくら切通しストーリー』かまくら春秋社、2008年
中路正恒『古代東北と王権』講談社現代新書、2001年
深津真澄『近代日本の分岐点』ロゴス、2008年6月16日発行
藤ノ木陵『天駆ける皇子』講談社、2010年1月12日発行
松本健『仮名草子の<物語>『竹斎』・『浮世物語』論』青山社、2009年

●美術
オットー・ブレンデル著、辻成史監訳『ローマ美術研究序説』三元社、2008年
ローナ・ゴッフェン著、木村太郎訳『ヴェネツィアのパトロネージ』三元社、2009年

●茶道
安西二郎『新版 茶道の心理学』淡交社、1995年
近藤道生、尾関宗園、尾関紹保『主客一如 禅と茶 無からの発想』金融財政事情研究会、1995年
実方浩信『日本人の特権 やきものと茶の湯』朱鳥社、2005年
南大路豊『焼きもののみかた』実業之日本社、1995年

冠婚葬祭
学研実用ナビブックス『葬儀後に必要な届出と手続き』学習研究社、2004年
窪田順生『死体の経済学』小学館、2009年
碑文谷創監修『いざというときにすぐ役立つ葬儀と法要の手帳』小学館、2001年
三浦繁監修『葬儀のあとのお金と手続き事典』新星出版社、2001年

経済、ビジネス

青島幹朗『決定版クレジットカードの実務と業務知識』シーメディア、2003年
あずさ監査法人IT監査部編『内部統制を高めるIT統制と監査の実務Q&A』中央経済社、2006年
加護野忠男、角田隆太郎、山田幸三、上野恭裕、吉村典久『取引制度から読みとく現代企業』有斐閣、2008年12月5日発行
金子哲雄『「値切り」のマジック』講談社、2009年
菊田秀行、大友由紀夫『成功する小さい店の作り方』日本実業出版社、1981年
校條浩・本荘修二『日本的経営を忘れた日本企業へ2版』ダイヤモンド社、1996年
坂本桂一『新規事業がうまくいかない理由』東洋経済新報社、2008年
高橋修一『会社を筋肉質に変える!ローコスト・オペレーション』PHP研究所、2009年
田辺愛壱『交渉術の極意』毎日新聞社、2000年
谷口正和『ベンチャー コンセプト』日本コンサルタントグループ、1999年
田丸務『新版 現代の銀行』財経詳報社、1998年
寺澤弘忠『管理者のためのOJTの手引』日本経済新聞社、1991年
中山幹夫『はじめてのゲーム理論』有斐閣、1997年
仁木一彦『図解 ひとめでわかる内部統制』東洋経済新報社、2006年
日経産業新聞編『日経 市場占有率2007年版』日本経済新聞社、2006年
日本経済新聞社編『ゼミナール日本経済入門』日本経済新聞社、1985年
野口吉昭『ビジネスプランの技術』PHP研究所、2002年
堀内昭義『金融論』東京大学出版会、1990年
本間之英『誰かに教えたくなる社名の由来Part2』講談社、2003年
升田純、関根眞一『モンスタークレーマー対策の実務と法 第2版』民事法研究会、2009年10月16日発行
森永卓郎『大不況!!年収120万円時代を生きる』あ・うん、2009年4月22日発行
早稲田大学消費者金融サービス研究所『第6回公開シンポジウム「消費者信用市場とクレジットカウンセリング」報告書』2006年
ラビ・バトラ著、ぺマ・ギャルポ、藤原直哉監訳『資本主義最終章の始まり 大恐慌2009〜2010』あ・うん、2009年7月13日
マルコム・グラッドウェル、高橋啓訳『急に売れ始めるにはワケがある』ソフトバンク クリエイティブ、2007年

【投資】
菊池誠一『マネーIQ株式投資編 年金崩壊時代を生き抜く50の知恵』日経BP社、2004年
サーチナ・中国情報局編集部『入門「中国株」の買い方がよくわかる本』中経出版、2002年
ジャネット・ロウ著、平野誠一訳『新版バフェットの投資原則』ダイヤモンド社、2008年8月21日発行
杉村富生『おそるおそるの仕手株売買』明日香出版社、1999年
照沼佳夫『株の短期売買実践ノート』同友館、2003年
二階堂重人『【最新版】サラリーマンが株で稼ぐ一番いい方法』三笠書房、2007年
二階堂重人『株 デイトレード常勝のルール』すばる舎、2008年
二階堂重人『二階堂重人の初めての株デイトレード』日本文芸社、2008年
田村正之『月光!マネー学』日本経済新聞出版社、2008年5月20日発行
東保裕之『株式投資これだけはやってはいけない』日本経済新聞社、2006年
藤原慶太、マネー経済プロジェクトチーム編『株のネット取引がわかる基礎の基礎講座』講談社、2001年
浜島昭平『ネット投資家の戦い方』明日香出版社、2004年
DAIBOUCHOU『DAIBOUCHOU式サイクル投資法』宝島社、2006年
William J.オニール、竹山隼訳『1銘柄投資のサクセス法』中央経済社、2001年

【労働】
大竹文雄『労働経済学入門』日本経済新聞社、1998年
奥井禮喜『労働組合とは何か』有限会社ライフビジョン、2005年
奥井禮喜『労働時間とは何か』有限会社ライフビジョン、2006年
奥井禮喜『だから、組合に行こう』ライフビジョン出版、2010年
西村健一郎他『労働法第6版補訂』有斐閣、2000年
水町勇一郎『労働法 第2版』有斐閣、2008年
屋嘉比ふみ子『京ガス男女賃金差別裁判 なめたらアカンで! 女の労働』明石書店、2007年
NHK「名ばかり管理職」取材班『名ばかり管理職』NHK出版、2008年

【ヒューマンスキル】
芦屋広太『SEのためのヒューマン・スキル入門―35のコーチング事例で学ぶ』日経BP社、2004年
芦屋広太『仕事を成功させる「芦屋式」コミュニケーション5つの技術』ソーテック社、2006年
社員教育総合研究所『人間関係の基本がわかる本―仕事を楽しむヒューマンスキル』大和出版、1993年
中谷彰宏『「人間力(ヒューマンスキル)」で、運が開ける。』ダイヤモンド社、2006年
野田稔『燃え立つ組織』ゴマブックス、2007年
船井幸雄『船井幸雄の「人財塾」』サンマーク出版、2003年
行本明説『見える化で社員の力を引き出すタイムマネジメント』東洋経済新報社、2008年
横山泰行『ドラえもんの「育て力」』イースト・プレス、2005年
アラン・G・ロビンソン、サム・スターン『企業創造力』英治出版、2007年
スティーブン・C. ランディン、ジョン クリステンセン、ハリー ポール、相原真理子訳『フィッシュ!―鮮度100%ぴちぴちオフィスのつくり方』早川書房、2000年
デイナ・ゲイン・ロビンソン、ジェームス・C・ロビンソン、鹿野尚登訳『パフォーマンス・コンサルティング 人材開発部門は研修提供から成果創造にシフトする』ヒューマンバリュー、2007年
ドン・コーエン、ローレンス・プルサック著、沢崎冬日訳『人と人の「つながり」に投資する企業』ダイヤモンド社、2003年
坂下夕里『これならわかるC 入門の入門』(翔泳社、2005年)

【NPO】
新石正弘『アジアに架ける橋―ミャンマーで活躍するNGO―』コモンズ、2009年
加藤哲夫『一夜でわかる!NPOのつくり方』主婦の友社、2004年
齋藤力夫、田中義幸『NPO法人のすべて 増補2版』税務経理協会、2001年
パートナーシップ・サポートセンター、岸田眞代『点から線へ 線から面へ』風媒社、2008年

会計
御旅屋尚文『図解キャッシュフローの全て』日本文芸社、1999年
山田真哉『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』光文社新書、2005年
山田真哉『世界一やさしい会計の本です』日本実業出版社、2004年

家計簿

横山光昭『貯金生活 chokin!家計簿』ディスカヴァー・トゥエンティワン、2009年
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/488759741X
馬場由貴著、丸田潔監修『2列式 新レシート貼るだけ家計簿―最近の大判レシートに対応』主婦の友社、2009年
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4072687480
本田直之『ビジネスパーソンのための家計簿―本田直之式アカウントブック』主婦の友社、2009年
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4072672521

心理

浦野啓子『信頼される人のキメのひと言』幻冬舎、2006年
三郎丸光明『密教福寿開運法 願いをかなえる開運呪文パワー』実業之日本社、2000年10月12日発行
内藤誼人『「人たらし」のブラック心理術』大和書房、2005年
藤本修『きょうだい メンタルヘルスの観点から分析する』ナカニシヤ出版、2009年

●男女
富澤豊『女の前で号泣する男たち 事例調査・現代日本ジェンダー考』バジリコ、2008年
米山公啓、二松まゆみ『セックスする脳』メディアファクトリー、2008年8月7日発行

進藤雄介『アフガニスタン祖国平和の夢』朱鳥社、2004年
進藤雄介『タリバンの復活―火薬庫化するアフガニスタン』花伝社、2008年
渡辺光一『アフガニスタン/戦乱の現代史』岩波書店、2003年
前田耕作・山根聡『アフガニスタン史』河出書房新社、2002年
マーティン・ユアンズ著、柳沢圭子訳『アフガニスタンの歴史』明石書店、2002年
ヴィレム・フォーヘルサング著、前田耕作・山内和也監訳、愛甲恵子・前田龍彦・村山和之訳『アフガニスタンの歴史と文化』明石書店、2005年

漫画、アニメ

あずま きよひこ『よつばと!第8巻』電撃コミックス、2008年
天野明『家庭教師ヒットマンREBORN!第22巻』集英社、2008年
池田憲章・徳木吉春編『機動戦士ZガンダムHAND BOOK1』徳間書店、1985年
尾田栄一郎『ONE PIECE 第54巻』集英社、2009年6月4日発売
尾田栄一郎『ONE PIECE 第55巻』集英社、2009年9月4日発売
神崎裕、田中利花『娘。物語3』講談社、2002年
かわぐち かいじ『ジパング 第37巻』講談社、2008年
岸本斉史『NARUTO―ナルト―第43巻』集英社、2008年
岸本斉史『NARUTO―ナルト―第44巻』集英社、2008年
北芝健原作、小林政王作画『新まるごし刑事 第1巻』実業之日本社、2009年3月21日発行
天王寺大原作、渡辺みちお画『白竜LEGEND 第14巻』日本文芸社、2010年9月9日発売
冨樫義博『HUNTER×HUNTER 第26巻』集英社、2008年
なかがわみどり、ムラマツエリコ『パンツダ。』サンクチュアリ・パブリッシング、2009年
新田たつお『静かなるドン 第96巻』実業之日本社、2010年9月29日発売
原哲夫作、武論尊監修『蒼天の拳 第19巻』新潮社、2008年
武論尊、原哲夫『北斗の拳1』集英社文庫(コミック版)、1997年
真島ヒロ『FAIRY TAIL 第12巻』講談社、2008年
安彦良和『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 8』角川書店、2004年
龍門諒原作、恵広史作画『BLOODY MONDAY 第8巻』講談社、2008年11月17日発売
山原義人『龍狼伝 中原繚乱編 第4巻』講談社、2008年11月17日発売
和月伸宏『るろうに剣心 明治剣客浪漫譚 完全版02』集英社、2006年
GAINAX・カラー原作、高橋脩作画『新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画 第6巻』角川書店、2008年

CD, DVD

DJ OZMA「アゲアゲENDLESS☆騎士」東芝EMI、2006年
浜崎あゆみ「ayumi hamasaki CUNTDOWN LIVE 2005-2006」エイベックス、2006年