『ONE PIECE 73』ヤンキーの卑小

林田力

尾田栄一郎『ONE PIECE 73』(集英社、2014年)はドレスローザ編の続きである。ドレスローザの悲劇の真相が明らかになる。ドレスローザの表向きの繁栄の裏には虐げられた人々の存在があった。これは一部の人々がアベノミクスに舞い上がり、貧困が忘れ去られる現代日本の格差社会と重なる。ルフィ達が戦う理由は一層明確になった。ドンキホーテ・ドフラミンゴを倒し、ドレスローザ王国をひっくり返したならば痛快である。

ドフラミンゴは強敵との位置づけであるが、チンピラ・ヤンキー風の外見から、あまり迫力は感じられない(林田力『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』「『ONE PIECE 69』脱法ハーブへの警鐘」)。最初の七武海のクロコダイルのような貫禄に欠ける。

ドフラミンゴがドレスローザ国王になった手口はクロコダイルのアラバスタ王国への陰謀と同じである。時系列的にはドフラミンゴが先である。また、クロコダイルの陰謀は阻止されたが、ドフラミンゴは成功した。本来ならばクロコダイルが二番煎じとなるが、物語としての登場はクロコダイルが先であり、ドフラミンゴが二番煎じの小物に見える。

クロコダイルは失敗した部下を容赦なく切り捨てる。この点では一見するとドフラミンゴは指導者として器が大きく見えるかもしれない。しかし、クロコダイルの部下切り捨ては、自分の力に圧倒的な自信があり、自分一人になっても戦えると思っているためである。悪役にふさわしい存在である。これに対して組織や家柄を属性に持つドフラミンゴは小物感がある(林田力『二子玉川ライズ反対運動12上告』「『ONE PIECE 72』社会性の深まり」)。

また、ドフラミンゴの部下への温情は旧来の部下に限定される。ベラミーのような新参者は捨て駒にする。お友達・身内には甘いという点もヤンキー的である。誰であっても容赦しないクロコダイルの方が敵としては大物である。

さらにドフラミンゴが敵対者にしていることは、気に入らない人間を殺してしまうクロコダイル以上に悪質である。敵キャラクターとしての悪の魅力、悪の華がない。東急不動産だまし売り裁判における東急リバブル東急不動産と同じである(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。


     
     
     
【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』
『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』
『裏事件レポート』『ブラック企業・ブラック士業』『絶望者の王国』『歌手』『脱法ハーブにNO』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『貧困ビジネスと東京都』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』

林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区長選挙 東陽町 世田谷区 Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook
Yahoo! Japan
#書評 #小説 #読書 #読書感想