慶応大学OBらがマハラジャで80年代に戻るダンパを開催

林田力

何かと話題になることが多い慶應義塾大学(慶応大学)の出身者であるが、2011年2月19日には東京都港区の六本木マハラジャに卒業生が集まり、「80年代に戻ろう」を合言葉にダンスパーティーを開催する。ダンパは「KEIO BOYS & GIRLS DANCE PARTY AT MAHARAJA」と題し、14時半から17時までの予定である。

マハラジャは80年代に一世を風靡した伝説的なディスコである。ミラーボールやレーザー光線、お立ち台、黒服などバブル経済期の象徴となっている。ゴージャスな内装や服装チェックなど従来のディスクにはなかった高級感に満ち溢れていた。

「たらこスパゲティ」「五目焼きそば」「きゅうりサラダ」など料理に凝っていた点も特徴である。ハニートースト(はちみつトースト)にバニラアイスを添えるなどフードの組み合わせにも趣があった。マハラジャはバブル崩壊と共に下火になったが、昨年11月2日に六本木マハラジャで再オープンした。

ダンパは1990年の卒業生が中心の企画である。学生時代がマハラジャ全盛期であったバブル世代である。マハラジャでは大学のイベント系サークルによる貸し切りイベントなども開催されており、入り浸っていた学生も少なくない。

主催者側は300名程度の集客を見込み、各年代の卒業生にも声をかけている。また、聴きたいナンバーのリクエストも募っている。バブル世代が80年代の活気を復活させるイベントになりそうである(林田力「慶應OBらがマハラジャで80年代に戻るダンパを開催」リアルライブ2011年2月2日)。

林田力


林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』はFacebookページを運用しています。「いいね!」をよろしくお願いします。Facebookページに「いいね!」していただけますとご案内も届きやすいかと思います。情報をリアルタイムに入手できる手段として、まだ未登録の方には是非「いいね!」をお願いします。ページ上部にある「いいね!」のボタンをクリックして下さい。
シェアして拡散していただけるともっと嬉しいです。Facebookでの記事に対するご意見、ご感想をお待ち申し上げます。一緒にFacebookを楽しみましょう。