HOME こうして勝った

林田力『こうして勝った』週刊少年マガジン

『FAIRY TAIL 第1巻』魔法ファンタジー

本書(真島ヒロ『FAIRY TAIL 第1巻』講談社、2006年)は週刊少年マガジンに連載中のマンガの単行本である。魔法が使える架空の世界を舞台としたファンタジーである。魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に加入したルーシィ・ハートフィリアと、ナツ・ドラグニルらギルドの仲間達の活躍を描く。テレビアニメも2009年10月12日からテレビ東京系列で放送中である。
『FAIRY TAIL』は魔導士達に仕事の仲介等をする組合「魔導士ギルド」が各地に存在する世界が舞台である。新人魔導士の少女・ルーシィは、ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に憧れ、一人前の魔導士を目指す。冒頭ではルーシィと「妖精の尻尾」所属の滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)・ナツの出会いを描く。
この導入部は異色である。この時点ではルーシィは「フェアリーテイル」に所属していない。憧れのギルド「フェアリーテイル」に入りたいと思っているところで、ナツと出会うことになる。ルーシィの目を通して「フェアリーテイル」及び所属する魔導士達を描いていくことで、読者も作品世界に自然と入っていける。順調な滑り出しであり、今後の展開に期待したい。
本作品の世界では、ギルドは人々の困った問題を解決する何でも屋のようなもので、ルーシィ達は受けた依頼を解決するために奮闘する。これら依頼の解決や闇ギルドとの戦いがストーリーの基本である。
タイトルの通り、ギルド「妖精の尻尾」が物語の中心に位置している。悪の魔王を倒すために主人公一行が旅を続けるという冒険物ではない。外部に冒険に行っても、それが終われば主人公達はギルドに戻る。毎回独立した依頼やイベントを繰り返す点が長期連載の要因である。
一方で、単発の依頼やイベントの繰り返しにはマンネリ化の危険がある。それを『FAIRY TAIL』では物語を主人公達の過去のエピソードに絡ませることで回避している。第三者が持ち込んだ依頼であっても、依頼内容が主人公達の過去のエピソードに何らかの形で関わってくることが多い。破天荒な「妖精の尻尾」の魔導士達も実は重たい過去を抱えている。依頼を解決していくことが、彼ら自身が過去と向きあうことになる。これによって物語に厚みを持たせた。
たとえば第12巻(真島ヒロ『FAIRY TAIL 第12巻』講談社、2008年10月17日発売)ではエルザ・スカーレットのエピソードが中心になる。妖精女王(ティターニア)の異名を持つエルザは「フェアリーテイル」の総長(マスター)・マカロフが自分の後継者として考えたこともある人物で、実力者揃いの「フェアリーテイル」の中でもトップクラスである。主要キャラクターの中でも抜きんでた存在として描かれ、主人公らと同じ目線に立ちながらも、導き役的な存在であった。
そのエルザも実は重たい過去を抱えていたことが、今回のエピソードで明らかになる。一人で全てを背負うつもりで過去に立ち向かうエルザであったが、エルザを思う仲間に助けられる。エルザにとって「フェアリーテイル」の仲間達は自らを犠牲にしてでも守りたい大切なものであった。しかし、自らを犠牲にすることが、その仲間達を悲しませることになる。それを知ることでエルザにとってギルドとの絆は一層深いものになった。
本作品は魔法が使える世界で主人公達が魔法を駆使して敵と戦う冒険マンガであるが、ギルド「フェアリーテイル」が物語の中心に位置する点が特徴である。悪の魔王を倒すために主人公一行が旅を続けるというようなありがちのパターンではない。外部に冒険に行っても、それが終われば主人公達はギルドに戻る。
戻るべき場所があるということが作品世界を地に足ついた安定的なものにしている。このパターンが今後も続くのか、それとも少年漫画にありがちな強大な敵と戦う長編バトル化していくのか。今後の展開が注目される作品である。

『FAIRY TAIL』第26巻、キャラクターの過去が物語に厚み

真島ヒロが『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中の漫画『FAIRY TAIL』第26巻が4月15日に発売された。この巻では「妖精の尻尾」の聖地・天狼島で、「妖精の尻尾」が闇ギルド最強を誇る「悪魔の心臓(グリモアハート)」の攻撃を受ける。そこではナツと関係がありそうなゼレフや、マスター・マカロフと先代マスター、師匠ウルの死の原因となったグレイ・フルバスターとウルの娘・ウルティアと因縁の関係が目白押しである。同時並行するキャラクターの因縁に注目である。

『FAIRY TAIL』第27巻、大長編となったS級魔導士昇格試験編

真島ヒロが『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中の魔法ファンタジー漫画『FAIRY TAIL』第27巻が6月17日に発売された。この巻ではナツ・ドラグニルら魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」の面々と闇ギルドの幹部「グリモアハートの七眷属」との戦いが継続する。
『FAIRY TAIL』はギルドへの依頼などのイベントが一まとまりの話になっている。イベントが解決すれば、別の話に進む。現在の話はギルド内のイベント「S級魔導士昇格試験」の最中に闇ギルド「悪魔の心臓(グリモアハート)」の襲撃を受け、熾烈な戦いが繰り広げられるという内容である。
「妖精の尻尾」の有力な魔道士が競い合う「S級魔導士昇格試験」だけでも濃い内容になるが、そこにマスター・マカロフさえ重傷を負った「悪魔の心臓」との戦いが加わる。この戦いによって昇格試験どころではなくなった。この点で主題は闇ギルド最強と謳われた「悪魔の心臓」との戦いであって、昇格試験は単なる導入部の様相を呈した。ところが、この巻ではギルドの危機にもかかわらず、カナ・アルベローナが昇格試験合格を目指して単独行動に走る。
もともと昇格試験編の冒頭ではS級魔道士昇格に賭けるカナの想いに力点が置かれていた。今回のカナの行動によって昇格試験そのものも重要なテーマであることを再確認させた。描きたいテーマが多数詰め込まれた昇格試験編が大長編になることも当然である。実際、昇格試験編は単行本の第24巻から開始したが、この巻の「あとがき」で作者の真島ヒロは「まだ半分程度」と述べている。
この巻ではジュビア・ロクサーの戦いが見どころである。ジュビアは昇格試験の参加者の一人である。別のギルド「幽鬼の支配者(ファントムロード)」ではS級魔道士格のエレメント4の一員であったジュビアが昇格試験を受験するということは、「妖精の尻尾」が認定するS級魔道士の基準は独自のものということを意味する。
ジュビアはグレイ・フルバスターに一目惚れして妄想癖のストーカーと化したが、この巻では「妖精の尻尾」の精神に沿った戦いを展開した。ファッションは「幽鬼の支配者」時代のものに戻ったジュビアであるが、名実共に「妖精の尻尾」の一員として成長している。

『進撃の巨人』第3巻、驚愕の展開から主人公の内面へ

諌山創が『別冊少年マガジン』(講談社)で連載中の人気マンガ『進撃の巨人』の最新刊第3巻が12月9日に発売された。『進撃の巨人』は人類が存亡を賭けて巨人と戦うサバイバル作品である。口コミなどで掲載誌購読層を越えて話題になり、コミックス2巻で累計100万部を突破した。宝島社のムック『このマンガがすごい!2011』(2010年12月10日発売)ではオトコ編首位に輝いた。
物語の舞台は近世ヨーロッパ風の世界である。但し、多くの架空歴史作品と同じく、習俗や技術が部分的に現代的になっている。世界は突如、出現した巨人に支配されていた。巨人は圧倒的に強く、人間を捕らえて食べてしまう。追い詰められ、僅かに残された人類は高さ50メートル以上の頑丈な城壁を作り、その中で暮らしてきた。しかし、その城壁をも破壊する大型巨人の出現により、人類は存亡の危機に追い込まれる。
捕まえた人間を生きたまま食べる巨人がグロテスクである。間抜け面をしている巨人の外見が一層恐怖を引き立てる。巨人は基本的に知性がなく、圧倒的な力で無意味に人間を殺戮し、補食する。それが絶望感を増大させる。
物語世界には多くの謎がある。巨人の正体は何なのか。巨人は何故、人間を補食するのか。王政府は何故、外界の情報を規制するのか、などである。独特かつ精緻な作品世界の設定が本作品の大きな魅力である。
しかし、それに終始する作品ではない。主人公の周囲には次々と事件が降りかかり、息をつかせない。文字通り、人類の存亡をかけた緊迫感が存在する。また、キャラクターも個性的である。情けないキャラクターも含め、人間のリアリティがある。
著者は当初、ジャンプ編集部に作品を持ち込んだが、「『漫画』じゃなくて『ジャンプ』を持って来いって言われた」という。ジャンプとしては大きな魚を逃したことになるが、確かにジャンプ的な作品ではない。もしバトルが王道のジャンプで連載したならば、主人公が修行で鍛えた必殺技を駆使して巨人を撃破する展開になっていたかもしれない。
一方で、3巻まで読み進めると、当初とは異なる要素の比重が高くなっている印象がある。それは主人公エレン・イェーガーの精神内部の動きである。もともとエレンは人類が城壁の中で安住することに疑問を抱き、巨人の駆逐という激しい怒りを抱いていた。この点で分かりやすい人物であり、人類の存亡を賭けて巨人と闘う物語の主人公に相応しい。
しかし、物語が進むにつれ、エレンの過去の記憶や家族生活、精神世界の葛藤が物語の鍵になっていく。これは社会現象となったアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』を想起する。巨人化したエレンは、ネット掲示板ではエレンゲリオンと呼ばれているが、それは外見の類似性だけではないだろう。
人類の存亡がかかったストーリー展開でありながら、最後は主人公の精神的成長で終わらせる物語は『新世紀エヴァンゲリオン』だけでなく、岩明均の『寄生獣』や浦沢直樹の『20世紀少年』にも見られる。『進撃の巨人』がどのような展開に進むのか、目が離せない。

『進撃の巨人』第4巻、訓練兵時代の過去編で脇役をキャラ立ち

諌山創が『別冊少年マガジン』(講談社)で連載中の人気マンガ『進撃の巨人』の第4巻が、4月8日に発売された。『進撃の巨人』は人類が存亡を賭けて巨人と戦うサバイバル作品で、単行本の各巻が各々100万部、累計400万部を突破する話題作である。この巻はトロスト区奪還作戦の続き、訓練編時代の過去編、新たな方向性と盛りだくさんの内容であった。
冒頭は前巻の続きのトロスト区奪還作戦である。巨人化した主人公エレン・イェーガーが巨人の破壊した壁の穴を岩で塞ぐ作戦であったが、巨人になったエレンは自我を失い、暴走する。人類は絶望的な戦いを強いられ、アルミン・アルレルトは必死でエレンに呼びかける。何故、危険な外の世界に出るのかというエレンの内面の葛藤がポイントとなるが、エレンの精神的成長よりも、諦めることなくエレンの心に響くように工夫して呼びかけ続けたアルミンの努力に負うところが大きい。
前巻まででエレンには巨人化という他の人間にはない圧倒的な能力を持っていることが確認された。主人公が圧倒的な能力を有することは漫画の定番設定であるが、主人公だけが活躍して他のキャラクターが空気となってしまう危険がある。
しかし、『進撃の巨人』では巨人化したエレンは暴走し、エレンに呼びかけ続けたアルミンや、巨人を引き付けて犠牲になった多数の兵士が存在しなければ窮地を脱することができなかった。現時点のエレンは完全無欠なカッコいいヒーローではないが、主人公一人で何もかも解決するよりも物語としては精緻である。
壁の穴を岩で塞ぐ作戦の終了後、物語は小休止して訓練兵時代にさかのぼる。この過去編ではジャン・キルシュタインやアニ・レオンハートら同期兵士の性格を掘り下げている。たとえば過去に食糧庫から肉を盗んだサシャ・ブラウスは、訓練中にも芋を食べる食いしん坊キャラで、殺伐した物語の中で貴重なギャグ担当になっている。
この訓練兵時代の過去編ではエレンの非凡さも明らかになるが、その演出が巧みである。上位の成績で訓練兵団を卒業するエレンも、立体機動装置の最初の訓練では劣等生で、兵士としての適性がないと酷評されるほどであった。しかし、努力して上達したというような王道パターンではなく、意外な理由が明らかになる。
過去編からの切り替えも巧妙である。「内地で安全な生活を送りたい」という小市民的な理由から憲兵団を志願していたジャンであったが、同期の兵士から自らの適性について冷静な意見を聞かされる。話が巨人の襲撃後に戻り、その兵士の変わり果てた姿を見たジャンは、巨人と直接戦う危険な調査兵団入りを決意した。
最後は週刊少年マガジンに掲載された特別編『リヴァイ兵士長』の主役・リヴァイ兵士長が本編に絡む方向性を示して終わる。「人類最強の戦士」と呼ばれるリヴァイ兵士長と共に巨人への反撃が進むのか、展開が注目される。

『進撃の巨人』第5巻、原点回帰の緊張感

諌山創が『別冊少年マガジン』(講談社)で連載中の人気マンガ『進撃の巨人』の第5巻が、8月9日に発売された。この巻では物語の原点に回帰する緊張感が色濃く表れた。
『進撃の巨人』は人類が存亡を賭けて巨人と戦うサバイバル作品である。圧倒的な巨人に対し、非力な人間が生き残りを賭けて戦う構図である。人間を生きたまま食べるという原始的な恐怖と絶望感が人気の要因である。必ずしも美しいとは言えない絵柄も絶望感の演出に一役買っている。しかし、主人公エレン・イェーガーが巨人化し、巨人を倒すという展開によって巨人対人間という緊張感は弛緩した。
『進撃の巨人』は現実とは異なる世界の物語であるが、架空の世界なりの約束事はある。人間の巨人化は『進撃の巨人』の世界においても非現実的で、巨人化によって窮地を脱するという展開は御都合主義の香りがする。
巨人化したエレンには他の巨人を撃破する力があるが、反対に暴走して人類を害することもある。その点では御都合主義ではないが、巨人の力の制御はエレンの精神世界の問題とする描写があり、主人公の精神的成長を描く内向きの物語に進む可能性がある。
これに対して、この巻では原点に戻る内容となった。序盤ではエレンの扱いをめぐって人間社会の醜い面が表出する。保守派や宗教団体は巨人の侵攻という危機から目を背け、自分達の思惑から身勝手な主張を繰り広げる。巨人との戦いに危機感を抱くエレンと、相対的に安全な場所にいる人間の温度差が浮き彫りになる。これは物語開始時の外界への探検を望むエレンと壁の中の平和に甘んじる一般人の対比を深化させている。
後半では調査兵団に入隊する新兵の決意が描かれる。ここでは絶望的な戦いに身を投じる悲壮な覚悟が描写される。これも物語開始時の主人公らの入隊動機を深化させるものである。
そして調査兵団の遠征では、巨人との絶望的な戦いが繰り広げられる。巨人との戦いのノウハウを蓄積している調査兵団であったが、これまでのノウハウが通用しない巨人に苦戦させられる。巨人の謎もますます深まり、今後も展開に注目である。
(林田力)

『新 仮面ライダーSPIRITS』第4巻、往年のファンも納得のエピソード

村枝賢一が『月刊少年マガジン』(講談社)で連載中の漫画『新 仮面ライダーSPIRITS』第4巻が、4月15日に発売された。通常版と特装版の同時発売で、特装版には過去エピソードを完全オールカラー化した別冊が同梱されている。
仮面ライダーは石森章太郎が原作のヒーロー・アクションで、ウルトラマンや戦隊モノと並ぶ代表的な作品である。これまでに『仮面ライダーV3』や『仮面ライダーアマゾン』など数多くのシリーズが作られた。村枝が『月刊マガジンZ』で連載した『仮面ライダーSPIRITS』は『仮面ライダーZX』の世界観を継承した作品である。『月刊マガジンZ』の休刊後は『月刊少年マガジン』で『新 仮面ライダーSPIRITS』として連載を再開した。
他の作品と異なり、仮面ライダーSPIRITSという名前の仮面ライダーは存在しない。その代わりに仮面ライダー1号(本郷猛)から仮面ライダーZX(村雨良)まで数多くの仮面ライダーが登場し、悪の組織BADANと戦う。自身も熱烈なファンという村枝による、原作やテレビ放送を踏まえたエピソードは往年のファンからも評価が高い。
この巻では仮面ライダースーパー1(沖一也)が北陸の医王山でジンドグマの四幹部と交戦する。『仮面ライダースーパー1』ではジンドグマの四幹部(魔女参謀、幽霊博士、鬼火司令、妖怪王女)が互いに罵り合う展開が多かった。しかし、ここでは一致団結して長期戦に持ち込み、チェックマシンのメンテナンスを受けられなくなったスーパー1は窮地に陥った。一方で沖をかばって死亡した玄海老師や弁慶のエピソードが登場するなど『仮面ライダースーパー1』のファンには懐かしい展開になった。
仮面ライダー・シリーズは悪の組織に改造人間にされた仮面ライダーの痛みや怒りを描く点で、他のヒーロー・アクションには存在しない生々しさがある。この点は『仮面ライダーSPIRITS』も引き継いでいるが、仮面ライダー以外のキャラクターにも拡大している。
悪の組織BADANはショッカーなどの秘密結社と異なり、大々的に世界征服に乗り出し、日本の自衛隊を壊滅させる。このBADANの攻撃で大切な仲間を失ったキャラクターも多く、彼らの苦しみにも目を向ける。さらにBADANが神話の神々に通じる存在であることが明らかになり、物語は人類全体への因縁と風呂敷が大きく広がった。(林田力)

異色三国志『龍狼伝 中原繚乱編 第4巻』

本書(山原義人『龍狼伝 中原繚乱編 第4巻』講談社、2008年11月17日発売)は月刊少年マガジンに連載中の架空歴史漫画の単行本である。主人公の天地志狼とヒロインの泉真澄は現代日本の中学生であったが、修学旅行中に三国志時代にタイムスリップしてしまう。「竜の子」と崇められた志狼は当初、劉備の軍師として戦うが、「中原繚乱編」では曹操の下で呉軍と戦うことになる。

本作品では三国志に登場する群雄が活躍し、赤壁の戦いなど史実と同じ戦いも見られたが、現在では仲達の存在によって史実とは大きく異なる展開となった。曹軍の武将であった仲達は赤壁の戦いで曹操を裏切り、漢の丞相になった。三国志で朝廷を擁し、最大勢力を誇っていた曹軍は都から追放された状態である。仲達と通じている呉の都督・周瑜は荊州に軍を進める。志狼は曹操から征南将軍に任命され、竜騎兵を率いて呉軍を迎え撃つ。

当初は歴史の知識によって有利な立場に立っていた志狼だが、単行本が『龍狼伝』で37巻、『中原繚乱編』で4巻まで刊行されるほど物語が進行した現在では古代中国に完全に馴染んでいる。この巻での歴史知識の活用は周瑜の病気を知っていること程度である。

本作品では歴史上の人物だけでなく、仙人や怨霊のような存在も登場する。志狼自身も「雲体風身」や「闘仙術」という仙術を身につけており、それが現在の彼の最大の力になっている。このため、作品自体がバトル漫画の趣となった。しかも常人の戦闘ではなく、人間離れした能力を身につけた者同士の戦いになっている。

この巻では、志狼率いる竜騎兵が周瑜率いる呉軍と戦う。志狼には三国志演義において諸葛亮と並ぶ才能の持ち主と評されたホウ統である。若くして戦死してしまったために知名度は低いが、本書では罠を張るなど軍師としての知略を発揮している。

一方、周瑜は「三国志演義」では諸葛亮の引き立て役という損な役回りになっているが、正史では能力、人格共に優れた人物として記録されている。この巻では全面的な決戦前の様子見にとどまったが、周瑜は簡単に主人公に同調しない信念や敵の罠を見破る知略を発揮している。「三国志演義」では見せ場の少なかったホウ統や周瑜の活躍がどのように描かれるか楽しみである。

『龍狼伝 中原繚乱編』第9巻、傀儡の皇帝も超人バトルに参画

山原義人が月刊少年マガジンに連載中の架空歴史漫画『龍狼伝 中原繚乱編』第9巻が、8月17日に発売された。三国志時代を舞台にしたタイムスリップ物であるが、史実を外れたバトル展開となり、この巻では皇帝までもが超人的なバトルに参画する。
『龍狼伝』は1993年に連載を開始した長期作品である。主人公の天地志狼とヒロインの泉真澄は現代日本の中学生であったが、修学旅行中に三国志時代にタイムスリップしてしまう。「竜の子」と崇められた志狼は当初、劉備の軍師として戦うが、「中原繚乱編」では曹操の下で呉軍と戦うことになる。
『龍狼伝』では三国志に登場する群雄が活躍し、赤壁の戦いなど史実に沿った出来事も描かれたが、現在では仲達の存在によって史実とは大きく異なる展開になった。曹軍の武将であった仲達は赤壁の戦いで曹操を裏切り、漢の丞相になった。三国志で朝廷を擁し、最大勢力を誇っていた曹軍は都から追放された。仲達と通じている呉の都督・周瑜は荊州に軍を進める。志狼は曹操から征南将軍に任命され、竜騎兵を率いて呉軍を迎え撃つ。
物語の序盤ではタイムスリップ物に相応しく、志狼は歴史の知識を利用して、活躍するシーンが多く見られた。しかし、連載が進むにつれ、超人的な能力を持ったキャラクター達によるバトル漫画の趣となった。
作品中には歴史上の人物だけでなく、仙人や怨霊のような存在も登場する。志狼自身も「雲体風身」や「闘仙術」という仙術を身につけており、それが現在の彼の最大の力になっている。史実では軍師として知られる司馬仲達も圧倒的な戦闘能力を有する人物となっている。
そして、この巻では史実では傀儡の皇帝と位置付けられる献帝までも常人離れしたバトルに参画する。帝は仲達の訓練を受け、諸将を前に「人食い魔獣」と恐れられる大虎と決闘する。帝本人が率先して戦う姿を見せることで、諸将を心服させるという筋書きである。しかし、大虎の猛攻によって献帝は左肩を負傷し、窮地に陥る。そこからの帝の戦いぶりが見どころになる。
巻末のオマケ漫画では作者の脳卒中で入院した際の経緯が描かれている。片方の手で物をつかめなくなり、顔の半分もマヒしてしまうなど、淡々とした描写ながら病気の怖さが伝わってくる内容である。作者のライフワークとなっている『龍狼伝』で、作者の死生観が反映されるかにも注目である。
(林田力)

『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』リンク

アマゾン | 楽天ブックス | ビーケーワン | 枕石堂 | JBOOK | livedoor BOOKS | オンライン書店e-hon | Neowing | ジュンク堂書店 | 紀伊國屋 | HMV | TSUTAYA | セブン&アイ

書店

アマゾン 家族みんなのセブンネットショッピング! SNIPER Gmarket Googleブックス エキサイト商品情報

ブクログ JUGEM レビュー 復刊ドットコム

ブログ

livedoor blogspot 幕府 ティーカップ イザ 東急不動産だまし売り裁判

つぶやき

『東急不動産だまし売り裁判』 (hayariki) on Twitter Tumblr Twilog Hiwihhi TweetBuzz

プロフ

Amazon Oricon 桐田詩夜葉 Yahoo Yahoo!モバゲー Windows Live Googleプロフィール Picasa ウェブ アルバム Gravatar Profile
Clip You Tube

ウェブ

Sauropol webnode 新聞

atpages haya ha hayariki3 google hayarikinet 三郎

seesaa anime-navi ヤフー ジオログ blogspot まどっこ dti 沖楽 フルーツ wordpress ライブドア