日本海賊TVで立正佼成会関係都議の話題

インターネット動画放送局・日本海賊TVは2017年6月15日、「山さんの選挙ウォッチ」を放送した。ホストは山内和彦(元川崎市議)。ゲストは田淵隆明(公認システム監査人)、林田力(東急不動産消費者契約法違反訴訟原告)。

番組では東京都議会議員選挙情勢やフランス総選挙を取り上げた。都議選情勢では偽装ファーストの話題で盛り上がった。都民ファーストの会所属ではないのに都民ファースト所属のような表現をする予定候補のことである。東急不動産だまし売り裁判原告としては、消費者を欺くものであり、問題である。有権者ファーストで考えなければならない。

たとえば大津ひろ子(大津浩子)東京都議会議員(渋谷区)のポスターは最下部に「都民ファーストのTOKYO」と書き、都民ファーストの会所属と紛らわしい。大津都議は推薦議員であって、都民ファーストの会所属ではない。さらに民進党の山口拓前東京都議会議員(世田谷区)は「都民第一。」のたすきをかけている。

番組では大津都議と立正佼成会の関係も指摘された。この問題は立正佼成会附属佼成病院家族として関心のあるところである。この問題は以前から日本海賊TVが指摘していた。立正佼成会は民進党の蓮舫代表を看板候補にするなど政治に影響を及ぼしている。有権者の判断材料として明らかにする意義のある問題である。

週刊ポストでも大津ひろ子都議と立正佼成会の関係を報じた(「小池新党の異色女性候補 過去の言動に公明党が神経尖らす」NEWSポストセブン2017年6月16日)。記事では立正佼成会が大津都議を支援したことがあるとする。大津都議は否定するが、記事は大津都議の回答から大津都議が立正佼成会の内情に詳しいと判断している。

林田力

共謀罪の現実と行動

インターネット動画放送局・日本海賊TVは2017年6月11日、共謀罪(テロ等準備罪)特集番組として「共謀罪の現実と行動」を放送した。講師は斎藤まさし(MPD・平和と民主運動(市民の党)代表)、聞き手は山内和彦(元川崎市議)、林田力(希望のまち東京in東部代表)。司会は須澤秀人(日本海賊党代表)。

斎藤氏は静岡市長選挙を巡る公職選挙法違反で逮捕され、未必の故意による黙示的な共謀で有罪判決を言い渡された。事件は現在、上告中である。斎藤氏は、この経験を踏まえて共謀罪の問題を指摘した。

私も日本海賊TVの共謀罪特集番組で「共謀罪と著作権法」を担当した。そこでは共謀罪以前に共謀共同正犯という行為者ではない人物が正犯として罰される司法実務が問題と指摘した。単に新しい法律にばかり反対する左派市民運動の傾向には疑問を抱いている。それは個別的な現実の問題に対応できない。これに対して未必の故意の共謀共同正犯の刑事訴訟を闘う人物の言には耳を傾ける価値がある。

番組では他にも興味深い点が二点あった。第一に野党共闘に批判的なことである。今や野党共闘は民進と共産の枢軸を目指しているが、それを悪手という。現実に野党共闘は普通の現役世代の問題意識から離れているところがある。昭和の五五年体制を懐かしむだけではない人の言葉は聞くことができる。

第二に戦後の総評中心の労働運動に批判的なことである。何でも陰謀で説明する傾向がいただけないが、総評から連合への流れを堕落とみなす左翼運動家が多い中でユニークな視点である。戦後の歴史について解説番組を作ると面白いのではないか。

林田力

日本海賊TVで佼成病院裁判結審

インターネット動画放送局・日本海賊TV「金八アゴラ」が2017年6月2日、立正佼成会附属佼成病院裁判控訴審第2回口頭弁論を取り上げた。コメンテーターは飯田佳宏(地方議員ゼロの会代表)、山内和彦(元川崎市議会議員)、石川公彌子(政治学者)、田淵隆明(公認システム監査人)、林田力(希望のまち東京in東部代表)。司会は須澤秀人。

立正佼成会附属佼成病院裁判控訴審(平成28年(ネ)第5668号)第2回口頭弁論は収録日の午前中の2017年5月31日に開かれた。控訴審は結審し、判決は2017年7月31日(月)午後1時10分から東京高裁424法廷で言い渡される。

番組では佼成病院の問題を話した。佼成病院の対応は、インフォームド・コンセントの視点からも、QOLの意味からも全く基本を守っていない。人の生死を画する重大問題が簡単な手続きで実行されたことに驚きを禁じ得ない。これでは、まだ生きられる高齢者まで殺されてしまう。高齢者は、ひそやかに死んでいる。

呼吸ができずに喘いでいる患者の姿を見ながら「苦しそうに見えますが今お花畑です」と患者を見捨てる担当医師の言動は、許しがたい。患者に苦痛を与える対応をしたことに対し、「なんて恥ずかしい仕事をしているのか」と、怒りを持つ医療関係者がいる。立正佼成会が「すべてのいのちを守るために」との声明文を出していることは矛盾ではないか。

番組前半は飯田代表の地方議員ゼロの会の話題であった。地方議員ゼロの会は地方議員ゼロだけで政策がないというイメージがあったが、規制緩和の政策を持っていた。都民ファーストの会は、そこまで規制緩和一辺倒ではないが、利権政治を変えるために共闘できると感じた。

林田力

憲法座談会

インターネット動画放送局・日本海賊TVは2017年5月18日と6月1日に「日本憲吉の「憲法座談会」安倍首相の改憲発言を受けて」を放送した。コメンテーターはジョー 無頼 栗原、新界明一、森田龍、須澤秀人、林田力。

私は東急不動産だまし売り裁判原告の立場から押し付け憲法論の議論に疑問を提起した。護憲派は押し付け憲法論を否定するために日本国憲法に日本側の意見が通ったことを指摘する。しかし、連合国軍総司令部の命令があってのもので、日本の自由意思で日本国憲法を作ったとは言えない。それを押し付けではないと強弁するならば、マンションだまし売りなども自由意思にされかねない。

私見は無条件降伏の結果として押し付け憲法は当然との立場である。連合国は日本を平和的な民主国家にすることを求めており、それが大日本帝国憲法では実現できない以上、憲法改正は無条件降伏に含まれており、押し付けに何も問題ない。

林田力

東急電鉄がランサムウェアに感染

日本海賊TV「金八アゴラ」が2017年5月26日に放送され、「東急電鉄がランサムウェアに感染」を取り上げました。林田力が出演しました。
東急電鉄がランサムウェアに感染

東急不動産の合コン最悪と痴漢申告で青葉台駅人身事故

日本海賊TV「金八アゴラ」が2017年5月20日に放送されました。林田力が出演し、「東急不動産の合コン最悪と痴漢申告で青葉台駅人身事故」について話しました。
東急不動産の合コン最悪と痴漢申告で青葉台駅人身事故

東急不動産だまし売り裁判と共謀罪

林田力『東急不動産だまし売り裁判と共謀罪』(枕石堂、2017年5月13日)は東急不動産問題や共謀罪(テロ等準備罪)を取り上げる。東急リバブル東急不動産は不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした。東急不動産だまし売りは卑しい。何もかもが偽りの姿である。東急不動産だまし売り営業は東急不動産だまし売りにきちんと向き合わないことには、これから先の人生を上手く前に進めていくことができなくなる。

共謀罪についての論稿はインターネット動画放送局「日本海賊TV」の共謀罪特集番組「共謀罪と著作権法」の資料である。人身売買や薬物犯罪対策は必要である。著作権をそれらと同列に論じることができるかという点が議論になる。番組の議論でも共謀罪という犯罪類型そのものの是非よりも、これが論点になった。

二次創作の是非は著作権法の問題であるが、文化の発展のために著作者の権利を抑制することは個人主義に反するのではないかと問題提起した。番組のコメンテーターは須澤秀人・日本海賊党代表と岩井努・千葉海賊党代表である。著作権に抑制的な海賊党の方を前にして挑発的な問題提起であったが、意外にも海賊党の二方とも著作者の意思に反する二次創作には否定的であった。個人主義の立場から興味深い。

東急不動産だまし売り裁判と共謀罪

ブランズ六番町の住環境破壊

日本海賊TV「金八アゴラ」が2017年5月12日、放送されました。林田力が出演し、「ブランズ六番町の住環境破壊」について話しました。
ブランズ六番町の住環境破壊

東京外環道と東急不買運動

林田力『東京外環道と東急不買運動』(枕石堂、2017年5月3日)は東京外郭環状道路の事業承認に対する異議申し立てについての7回目の意見陳述を収録する。意見陳述は以下の7回実施している。
2016年8月26日、第1回、国土交通省(合同庁舎2号館)
2016年9月27日、第2回、国土交通省(合同庁舎2号館)
2016年11月28日、第3回、国土交通省(合同庁舎2号館)
2017年2月15日、第4回、経済産業省
2017年2月24日、第5回、経済産業省
2017年3月27日、第6回、国土交通省(合同庁舎2号館)
2017年4月27日、第7回、国土交通省(合同庁舎2号館)

意見陳述では東急不動産だまし売り裁判原告として東急グループの問題も取り上げた。東急建設は外環道の施工業者の一社である。東急不動産だまし売りも外環道も「赤信号みんなで渡れば怖くない」「あとは野となれ山となれ」である。

東急不動産だまし売り裁判は東急リバブル東急不動産のやり方がどのようなものであるかという真相を世界にさらけ出した。東急不動産だまし売りは恐ろしい不幸を生み出した。何故ならば東急不動産だまし売りは人間の基本的な特性である、他人を信じるという思いを踏みにじるものだからである。

東急不動産だまし売りは消費者に対する非人間的かつ卑劣な取り扱いである。東急リバブル東急不動産は頑迷で無慈悲かつ冷淡である。東急不動産だまし売りのような人間的堕落を見過ごすことは許されない。東急不動産の消費者契約法違反に対する告発者の正しさを疑う余地は存在しない。東急リバブル東急不動産は消費者の信頼を失った企業である。
東京外環道と東急不買運動

佼成病院裁判と院内感染

林田力『佼成病院裁判と院内感染』(枕石堂、2017年4月29日)は立正佼成会附属佼成病院裁判と裁判の証人尋問で証言された多剤耐性緑膿菌(multidrug resistance Pseudomonas aeruginosa; MDRP)の院内感染の問題を取り上げる。

立正佼成会附属佼成病院に入院後に死亡した患者の長女は、患者の死から2年後にカルテを見て患者の長男の意思で治療が中止されて母親は命を絶たれたことを知った。カルテを見ていなければ知らないままになるところであった。患者の長男が酸素マスクを拒否したから、呼吸が苦しくて喘いでいる患者に酸素マスクをしてあげずに、ことさら苦しめて死に至らしめた。

法的には家族には治療中止を代行する権限はない。あくまでも患者の自己決定権が優先される。病院は、入院患者のためを考えて24時間最善の医療を提供するものではないか。医療は、家族の都合で行われるものではなく患者の幸せを考えて行われるべきものである。「医療は患者の為にある」ことを見失っている。「命の大切さ」を議論して欲しい。

京都府・公益社団法人京都府看護協会『介護職員等喀痰吸引等京都府研修手順書(演習及びプロセス評価用)平成28年5月改訂版』「経管栄養の評価項目、評価の視点、実施手順」には「評価の視点」として「意識レベルの低い場合でも、利用者に処置の説明を行っているか」と記載する。患者の意識レベルが低くても本人に説明しなければならないものである。

日本海賊TVで東急不動産の遠隔医療抱き合わせ

林田力が出演した「金八アゴラ」が2017年4月28日、日本海賊TVで放送されました。「東急不動産の遠隔医療は抱き合わせ販売」について話しました。
東急不動産の遠隔医療は抱き合わせ販売

日本海賊TVで豊洲問題と東急不動産の乱開発

林田力が出演した「金八アゴラ」が2017年4月21日、日本海賊TVで放送されました。「日本海賊TVで豊洲問題と東急不動産の乱開発」について話しました。
日本海賊TVで豊洲問題と東急不動産の乱開発

希望の江東区

林田力は2017年4月15日、「希望の江東区」を東京都豊島区の「みらい館大明」で希望の塾塾生有志開催のイベントで発表しました。東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)、門前仲町と浅草の違い、ワンルームマンション規制、中央卸売市場移転問題を話しました。

東急電鉄らの駐車場上保育園は安心か

林田力が出演した「金八アゴラ」が2017年4月14日、日本海賊TVで放送されました。「東急電鉄らの駐車場上保育園は安心か」について話しました。
東急電鉄らの駐車場上保育園は安心か

『FJネクスト不買運動旅行記』

林田力『FJネクスト不買運動旅行記』(枕石堂、2017年4月8日)はFJネクスト不買運動家の旅行記である。本書の前半はFJネクスト問題、後半は温泉などの旅行記である。FJネクストはマンション投資の迷惑電話や悪質マンション建設で評判が悪い。赤羽橋のガーラ・プレシャス東麻布や江東区東陽のガーラ・グランディ木場は住環境を破壊する。

マンション投資は先の見えない真っ暗トンネルである。先はどん詰まりのトンネルである。マンション投資は失敗に向けて爆進中である。中身も知らずに話は独り歩きして期待だけ膨らましながら、肝心のものは空っぽである。マンション投資は多くの人々を破滅させ、名誉を失わせてきた。自殺の原因にもなっている。マンション投資は百害あって一利なしである。もし利益が出ても、すぐに消し飛んでしまう。

マンションは供給過剰である。表面的には供給過剰となると賃借人に有利になるように見えるが、近視眼的である。先を見る必要がある。居住コストが下がると言っても、最低でもオーナーが払う借金の元本と利息、固定資産税以下にはならない。実際にはこれに維持・保守経費も上乗せしなければならない。一方で人口はどんどん減っていく。オーナーは儲からないなら手放そうとするが、購入者はいない。金融庁もアメリカのリーマンショックと同じようなことが起きると警戒している。

FJネクスト不買運動は消費者の権利を死なせたりしない。消費者の権利を沈滞させることもない。パトリック・ヘンリーの演説にならって指摘する。カエサルにはブルータスがいた。チャールズ一世にはクロムウェルがいた。FJネクストにはFJネクスト不買運動がいる。

FJネクスト不買運動は清浄な生気を湛え、言葉の満幅の意味における善性を有している。FJネクスト不買運動の炎は静かに、そして確実に人々の胸の中で煽り立てられる。FJネクスト不買運動のことをできるだけ多く吸収したい。海綿が水を吸い込むような貪欲さで。

東急不動産だまし売り裁判と東京外環道

林田力『東急不動産だまし売り裁判と東京外環道』(枕石堂)を2017年3月31日、Amazon Kindleから刊行しました。

林田力『東急不動産だまし売り裁判と東京外環道』(枕石堂)は東京外郭環状道路(外環道)地中拡幅部の都市計画事業の変更承認の取り消しを求める陳述を収録する。これは2017年3月27日に東京都千代田区の国土交通省合同庁舎2号館で行った。意見陳述は今回で6回目になる。
外環道は工夫で何とかなるレベルではない。外環道は負の遺産となる。住民説明会の応酬をもっと表舞台で実施し、世論がどちらの味方に付くか見てみたら良い。政府は外環道を強行することより、自動運転車やドローンなどの成長分野にパラダイムシフトする様な政策を取らなければ日本社会は錆びて崩れ落ちてしまうだろう。

立正佼成会附属佼成病院で院内感染の証言

林田力が出演した「金八アゴラ」が2017年3月31日、日本海賊TVで放送されました。「立正佼成会附属佼成病院で院内感染の証言」について話しました。

東急不動産だまし売り裁判と日本海賊TV

林田力『東急不動産だまし売り裁判と日本海賊TV』(枕石堂、2017年3月27日)はインターネット動画放送局・日本海賊TVの番組「金八アゴラ」のレポートを中心に収録する。林田力は「金八アゴラ」にコメンテーターとして出演し、東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)原告の立場から東急グループの問題を紹介している。

東急不動産だまし売り被害は氷山の一角である。マンションだまし売りの東急リバブル東急不動産は消費者の苦しみを全くわかってない悪い企業である。自分達だけの利益追求、周りは損をしても構わない。そのような商売は長続きできない。開発、人口増加、経済成長という浅い考えから抜け出せていない。

東急不動産だまし売りは特殊詐欺と変わらない。東急不動産だまし売りの手口は巧妙である。ブローカーが暗躍する。東急不動産だまし売りのような詐欺が許されるなら日本株に投資する外国投資家は居なくなる。21世紀にもなって、これほど品性下劣な悪徳不動産業者を野放しにしていることは、ただただ日本の恥である。

東急不動産だまし売り裁判が広がることは、マンションだまし売りの抑止力になる。東急不動産マンションは買わないことが一番である。悪徳不動産業者の世界では無理かもしれない。しかし、東急不動産不買運動の世界では、しばしば物事が単純に運ぶものである。

東急建設らの外環道工事に住民避難計画なし

林田力が出演した「金八アゴラ」が2017年3月24日、日本海賊TVで放送されました。「東急建設らの外環道工事に住民避難計画なし」について話しました。

東京外郭環状道路陳述

林田力『東京外郭環状道路陳述』(枕石堂)を2017年3月20日、Amazon Kindleから刊行しました。

林田力『東京外郭環状道路陳述』は東京外郭環状道路(外環道)地中拡幅部の都市計画事業の変更承認の取り消しを求める陳述を収録する。これは2017年2月24日に東京都千代田区の経済産業省で行った。
意見陳述は今回で5回目になる。東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)原告の経験などを踏まえて外環道の問題を指摘する。

佼成病院裁判控訴審始まる

林田力が出演した「金八アゴラ」が2017年3月17日、日本海賊TVで放送されました。「佼成病院裁判控訴審始まる」について話しました。佼成病院裁判は、佼成病院を運営する立正佼成会に「命の大切さ」を問う裁判です。命の大切さを議論していただきたいです。損害を被る被害者を出さないようにするために正すべきところがあるのではないかを大勢で議論していただきたいです。

佼成病院裁判控訴審第1回口頭弁論

林田力は2017年3月13日、立正佼成会附属佼成病院裁判控訴審(平成28年(ネ)第5668号)第1回口頭弁論を傍聴しました。佼成病院裁判は、長男夫婦の治療拒否によって、酸素マスクもしてもらえず苦しんで命を絶たれた母親の長女が、立正佼成会と長男夫婦を一緒に訴えた裁判です。

林田力『東京外環道と自動運転車』

林田力『東京外環道と自動運転車』(枕石堂)を2017年3月4日、Amazon Kindleから刊行しました。東京外郭環状道路(外環道)地中拡幅部の都市計画事業の変更承認の取り消しを求める陳述を収録します。

小池百合子政経塾「希望の塾」講義

林田力は小池百合子政経塾「希望の塾」に参加しました。
2017年3月4日、第六回講義、帝京平成大学・池袋キャンパス冲永記念ホール
2017年2月4日、第五回講義、帝京平成大学・池袋キャンパス冲永記念ホール
2017年1月14日、第四回講義、帝京平成大学・池袋キャンパス冲永記念ホール
2016年12月10日、第三回講義、グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール
2016年11月12日、第二回講義、帝京平成大学・池袋キャンパス冲永記念ホール
2016年10月30日、開塾式、帝京平成大学・池袋キャンパス冲永記念ホール

世紀東急工業らアスファルトのカルテル容疑で立ち入り検査

林田力が出演した「金八アゴラ」が2017年3月3日、日本海賊TVで放送されました。「世紀東急工業らアスファルトのカルテル容疑で立ち入り検査」について話しました。

二子玉川ライズ本社社員の覚醒剤事件

林田力が出演した「金八アゴラ」が2017年2月24日、日本海賊TVで放送されました。「二子玉川ライズ本社企業社員が覚醒剤密輸で逮捕」について話しました。

東急不動産だまし売り裁判提訴12周年

2017年2月18日は東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)提訴12周年です。林田力は2005年2月18日、売買代金の返還を求めて東急不動産を東京地方裁判所に提訴しました。支援者の皆様に支えていただいて、ここまで走ってこられました。

東急リバブル東急不動産は、消費者と折り合っていく常識的な道筋をとりませんでした。それ故に東急不動産だまし売り裁判が起きました。東急不動産だまし売りの時代は終わりました。The time for TOKYU Land Corporation Fraud is over. 東急不動産だまし売りを正当化することは、恥ずかしい行為です。

2月3日は節分、11日は建国記念日、14日はバレンタインデーと様々な記念日がありますが、東急不動産だまし売り裁判にも契約取り消し記念日や提訴記念日や判決記念日があります。年男・年女ならぬ「年提訴」となりました東急不動産だまし売り裁判を今後とも宜しくお願いします。12周年は結婚記念日ならば絹婚式と呼ばれます。「絹のようにきめ細やかな二人の愛情」という意味が込められています。東急不動産だまし売り裁判も消費者の権利に対して、絹のようにきめ細やかな愛情を注ぎます。

2017年に入り、早くも1月半が経ちました。寒さが厳しく、凍えるような毎日が続いています。体調を崩されていないでしょうか。寒いと家に引きこもる機会が多くなります。東急リバブル東急不動産不買運動の機会にはぴったりです。東急不買運動では東急不動産だまし売り裁判の学習を通じ、トラブルの発生を防止することができます。東急不買運動の広がりによって、東急不動産だまし売り裁判に対する認識も、より現実的なものになっています。まだまだ寒い日が続きますので、暖かくして、どうぞご自愛ください。

楽天の復活策は二子玉川ライズ本社脱却

林田力が出演する「金八アゴラ」がは2017年2月17日、日本海賊TVで放送されました。「楽天の復活策は二子玉川ライズ本社脱却」について話しました。

希望のまち東京in東部読書会第30回「労働力の商品化」

林田力は2017年2月11日、江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所にて希望のまち東京in東部読書会第30回「労働力の商品化」に参加しました。

音楽教室から著作権料を取らないで

林田力は2017年2月11日、「音楽教室から著作権料を取らないで!! 日本の音楽教育存続のために」に賛同しました。

豊洲市場予定地を国際展示場に

林田力は2017年2月10日放送の日本海賊TV「金八アゴラ」で「豊洲市場予定地を国際展示場に」と提言しました。

『投資マンション不買運動』

林田力『投資マンション不買運動』(枕石堂、2017年2月4日)はマンション投資の問題を取り上げる。マンション投資を続ければ行き着く先は益々都合の悪いものになる。マンション投資の失敗は、大抵少し時間が経ってから分かる。

事実と異なる虚偽に基づいたマンション投資の収益予測は、必ず下ぶれする。ランニングコストが苦しめる。不動産バブルは害悪である。バブルとその後の不景気をセットで考えられない愚者が少なくない。たった数年のバブルのためにその後数十年不景気が続く。

FJネクストやJoyful Investment株式会社(ジョイフルインベストメント)はマンション投資の迷惑電話で評判が悪い。FJネクスト迷惑電話がかかってくると、酷く不快な感じが腹の上、肋骨の下あたりに沸き起こってくる。勧誘電話は、いかにも怪しげでマンション投資に手を出そうとは思わない。

迷惑勧誘電話営業には親しみやすさという要素が皆無で、ゆとりや優しさにつながる柔和な雰囲気を一切持ち合わせていない。迷惑勧誘電話営業は人を貶める言い方をしてご満悦の能無しである。悪徳不動産業者は今だけ、自社だけである。FJネクスト迷惑電話で無駄にした時間は、ブラジルから帰国した時の時差ぼけよりも酷い疲労をもたらす。

投資用マンションは住環境を破壊する。ガーラ・グランディ木場建設による環境被害は想像を絶する。受忍限度を著しく侵害する。建設現場には悪臭が漂っていた。薬品みたいな金属みたいな臭いは錆だらけの潰れた工場を思い起こさせた。

本書は迷惑勧誘電話や新築マンション乱開発の問題が中心である。それは、それらの問題が多数オープンになっているためです。金融ローンが被害者を生産していることへの問題意識は持っている。契約に問題がある。提携ローン業者が用意されている。ローン業者は第三者的な立ち位置で逃げるが、それは契約実態と異なる。

そこを儲からなくすれば迷惑電話や悪質マンション建設の根を断つことができる。そのために大いに関心のある分野であるが、個々の契約締結者の問題として中々オープンにならない点が課題になる。

ペット引き取り屋のような動物園

林田力は2017年2月4日、「インドネシアの動物園で飢えに苦しむクマを救ってください!」に賛同しました。ペット引き取り屋のような動物園があることに驚きました。

東急電鉄「ヒールが似合う人」マナー広告は女性蔑視

林田力が出演する「金八アゴラ」が2017年2月3日、日本海賊TVで放送されます。「東急電鉄「ヒールが似合う人」マナー広告は女性蔑視」について話します。

東京都政におけるIRの未来について

林田力は2017年1月29日、すみだ産業会館にて第四回雄弁会「東京都政におけるIRの未来について」に参加しました。

東急田園都市線遅延と立正佼成会推薦議員の炎上

林田力が出演した「金八アゴラ」が2017年1月27日、日本海賊TVで放送されます。「東急田園都市線遅延と立正佼成会推薦議員の炎上」について話しました。

希望のまち東京in東部市民カフェ第130回「火の鳥」

林田力は2017年1月26日、江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所にて希望のまち東京in東部市民カフェ第130回「火の鳥」に参加しました。 希望のまち東京in東部

横浜市の原発いじめ問題

林田力は2017年1月26日、「横浜市の原発いじめ問題について横浜市教育委員会にいじめ認定を求めます!」に賛同しました。日本は、いじめ認定が歪んでいます。北本いじめ裁判東京地裁判決(舘内比佐志裁判長、杉本宏之裁判官、後藤隆大裁判官)は同級生から「きもい」と言われたり、げた箱から靴を落とされたりしたことを認定しながら、「一方的、継続的ではなく、自殺の原因になるようないじめがあったとは認められない」と、いじめを否定しました。

『東京都議選争点』

林田力『東京都議選争点』(枕石堂、2017年1月6日)は東京都議会議員選挙の争点をまとめた電子書籍である。ここでは脱法ハーブ撲滅とブラック企業対策を論じたい。

脱法ハーブ撲滅は2017年東京都議会議員選挙の争点の一つである。危険ドラッグや脱法ハーブは避けなければならない。危険ドラッグや脱法ハーブは、あらゆる害悪を生み出す悪徳である。

危険ドラッグや脱法ハーブで検索すると東京都の「STOP 危険ドラッグ」や「危険ドラッグ 絶対にダメ」が上位に表示されるようになっている。東京都墨田区の堅川中学校には薬物乱用を戒める看板がある。これらは大切なことである。一方、米国ではオバマ政権が国家薬物取締政策局長を閣僚級ポストから格下げにした。これは薬物蔓延阻止の観点から残念である。

ブラック企業対策も東京都議会議員選挙の争点の一つです。ブラックな働き方をなくすことが大切である。ジョブ型雇用を進め、属人化を解消し、誰でも仕事を引き継げるようにする。ブラック企業の不当な利益は清算しなければならない。命に関わらなくても、肉体的苦痛や精神的苦痛を受けた時は、被った損害について上司だけでなく使用者である会社も使用者責任を負う。

ブラック企業は創造意欲を失わせる。ブラック企業は労働生産性が低くなる。精神主義は、一番危険な麻薬である。ブラック企業のブラック社員は労働基準法を無視しても「オレ、仕事してる」と熱くなっている。部下をいじめ抜くことを精神の鍛錬と勘違いしている。

ブラック企業はパワハラを諌めるどころか一緒になってパワハラをしてしまう陰湿な体質がある。残業を強要する、孤立させて指導しない、はたまた自分の機嫌次第で怒鳴る。およそ人の道を外していることが恥ずかしくないのか。

謹賀新年

【2017年1月1日】新年明けましておめでとうございます。新年のお慶びを申し上げます。
昨年におかれましては、格別のお引き立てをいただき、誠にありがとうございました。
本年もまたいっそうの努力を重ねて参りますので、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。
2017年は酉年です。私にとって前回の酉年の2005年はマンションだまし売り裁判を提訴した年でした。私の社会性の原点となりました。2017年も大きな出発点になるのではないかとワクワクしています。
林田力

『凍天』

林田力は2016年12月28日、大津留公彦さんから句集『凍天』(パブー、2016年)を御寄贈いただきました。ありがとうございます。

『投資マンション迷惑電話』

林田力『投資マンション迷惑電話』(枕石堂、2016年12月22日)はFJネクストなどのマンション投資の迷惑電話や投資用ワンルームマンションの住環境破壊を取り上げる。『投資マンション迷惑電話』は嘘に嘘を塗り固めた迷惑勧誘電話営業の生き方も問う問題提起である。

不動産投資の問題は低金利も一因である。投資は需要のあるところになされるものであり、金利を下げれば投資が活発になるというものではなく、そのように投資を誘導すること自体が経済にとって不健全である。ケインズ経済学の呪縛に囚われ過ぎている。

FJネクスト迷惑勧誘電話に比べれば、縁日の香具師の方が真面目である。ガーラ・プレシャス東麻布やガーラ・グランディ木場などのFJネクストの悪質マンション建設は地域を劣化させる。悪徳不動産営業は目がぎらついて、汗の臭いが臭い。頭の先から尻の穴まで性根が腐っている。

マンション投資は多重債務者の製造工場である。マンション投資は転がり落ちる一方である。どこまで落ちても底がない。ねずみが逃げ出した後すぐに沈んだ船のことを安定とは言わない。マンション投資は、もう止めにしよう。どこに投資価値を見出だしているのか実際に投資している人に聞きたいレベルである。

マンション建設反対不当逮捕緊急集会

林田力は2016年12月9日、「景観と住環境を考える全国ネットワーク」緊急集会に参加しました。 カルティア瑞穂が丘反対運動で不当逮捕

伊豆急行THE ROYAL EXPRESSは地域性欠如

林田力が出演した「金八アゴラ」が2016年12月9日、日本海賊TVで放送されました。「伊豆急行THE ROYAL EXPRESSは地域性欠如」について話しました。

『東急不動産ホールディングス不買運動』

林田力『東急不動産ホールディングス不買運動』(枕石堂、2016年12月2日)は東急不動産だまし売りなど東急不動産の問題を取り上げる。東急リバブル東急不動産の重要事項説明は、ところどころに事実を織り交ぜることで、何となく話の筋が通っているように見せているだけである。

東急不動産のマンションを買ってはいけない。新築マンションは1日住んだら中古マンションになる。一泊いくらの高級宿になるか。新築マンションは1年もしないうちに中古マンションとして売りに出てくる。東急リバブル東急不動産には信用すべきではないという定評がある。東急ブランドをありがたがる人が減り、情報を得て順当なコスパを評価できる人が増えている。

悪徳不動産業者は自社の利益のためなら、いくらでも残酷になれる輩である。悪徳不動産業者は実行不可能な要求を羅列する。悪徳不動産業者には必ず罰が与えられる。どのような物語でも悪徳不動産業者には悪いことが起こる。例えば貧困ビジネスのゼロゼロ物件業者の息子が危険ドラッグ犯罪者になるとか。

今や企業は消費者や住民にどれだけ貢献しているかを見られる時代になった。もう自社の利益以外みてないジャイアン企業の時代は終わった。東急不動産だまし売りに黙って服従することは、安易な道ではあるが、決して道徳的な道ではない。それは臆病者の道である。東急リバブル東急不動産不買運動は軽やかでありながら、同時に力強くもある。

中目黒高架下立ち退き

林田力が出演した「金八アゴラ」が2016年12月2日、日本海賊TVで放送されました。「東急電鉄の中目黒高架下と立ち退き」について話しました。

東急ハンズTwitter炎上

林田力が出演した「金八アゴラ」が2016年11月19日、日本海賊TVで放送されました。「東急ハンズTwitter炎上」について話しました。 東急ハンズ過労死と顧客情報流出、予防接種拒絶

東急電鉄マナー広告批判

林田力は2016年10月26日、江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所にて日本海賊TV「金八アゴラ」の収録に参加しました。「東急電鉄の車内化粧マナー広告は女性抑圧」について話しました。

東急建設ら施工豊洲市場問題

林田力が出演した「金八アゴラ」が2016年9月23日、日本海賊TVで放送されました。「東急建設ら施工豊洲市場問題」について話しました。 東急建設ら施工の豊洲市場に問題続々

東急電鉄おそ松さんコラボに批判

林田力が出演した「金八アゴラ」が2016年6月10日、日本海賊TVで放送されました。「東急電鉄おそ松さんコラボに批判」について話しました。 東急電鉄おそ松さん『スター・ウォーズ』コラボに批判

新宿署痴漢冤罪裁判

林田力のコメントが2016年3月30日、ジャーナリスト・上田眞実さんの新宿署痴漢冤罪裁判の東京地方裁判所判決についての記事に掲載されました(上田眞実「新宿署、痴漢冤罪めぐる証拠隠蔽・改竄工作が発覚…違法捜査受けた男性は直後に死亡」ビジネスジャーナル)。 新宿署痴漢冤罪裁判コメント

『月刊まなぶ』にFJネクスト問題

林田力「空き家活用と投資用マンション問題」が2015年12月10日発行の労働大学『月刊まなぶ』2016年1月号に掲載されました。希望のまち東京in東部の空き家活用とFJネクストなどの投資用マンション住環境破壊問題について書いています。

第8回消費者契約法専門調査会

東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)が2015年4月10日、内閣府消費者委員会の第8回消費者契約法専門調査会「参考資料1」で「事例1−7 消費者契約法検討会報告書 裁判例【109】」として紹介されました。
「原告がマンションの一室を購入するに当たり本件建物の眺望・採光・通風といった重要事項の良さを告げている一方、当該重要事項に関して本件マンション完成後すぐにその北側に隣接する所有地に三階建ての建物が建つ計画があることを知っていたのに被告の担当者が説明しなかったのは不利益事実を故意に告げなかったものであるとして、消費者契約法4条2項に基づく売買契約の取消に基づく売買代金の返還を建物明け渡しによる引換給付とともに請求し認容された事例」

『東急不動産だまし売り裁判17』

林田力『東急不動産だまし売り裁判17』(2013年10月12日)は東急不動産だまし売り裁判を描くノンフィクションの番外編的随筆集である。銀座5丁目プロジェクトや渋谷再開発、東急ハンズ過労死、WORK HANDS、東急ストアTwitter炎上事件などを取り上げる。

東急リバブル東急不動産は不利益事実を隠して新築分譲マンションをだまし売りした(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。マンション購入は究極の買い物である。消費者を保護する必要が高い。東急不動産のトラブルを電子データにしてオンラインで閲覧できるようにすることには価値がある。

東急不動産だまし売りはイメージを壊して自分で自分のブランド価値を破壊する行為である。東急不動産だまし売りはヴィジョンもない、スピード感もない、決断力もない経営の成れの果てである。

東急リバブル東急不動産の対応は不誠実であった。前言に責任を持たない。前に言ったことを平気で覆す。論理構造を持っていない。何も一貫性がない。色々と弾けさせることが好きである。行く先は雲散霧消である。

東急不動産だまし売り営業には現実の人間とは思えない空虚さがある。東急不動産だまし売りには反省なく、希望もない。消費者の意見を無視するどころか逆に改悪に改悪を重ねて煽る始末である。

悪徳不動産営業は品がない。自社の論理以外のものを受け入れない。悪徳不動産営業は対話が成り立たない。夜郎自大で現実を直視できない臆病者が悪徳不動産営業の本性である。ここを直さないとどうにもならない。悪徳不動産業者に在籍したことは自慢にも箔にもならず逆にマイナスである。

東急コミュニティー解約記

林田力『東急コミュニティー解約記』(2013年4月12日)を刊行しました。

区民参加の計画づくりの進め方に向けた提案

林田力は2011年12月4日、NPO法人「街づくりの仲間たち」主催の「区民参加の計画づくりの進め方に向けた提案―世田谷の未来を共に築くために―」に参加しました。住民参加を徹底する方策に関連して以下の趣旨で意見を出しました。
「二子玉川ライズ問題では二子玉川まちづくり協議会のワークショップや第二地区再開発への意見書などで既に住民の意見が出されている。本気で住民参加と言うならば改めて住民の意見を聞くまでもない。住民の意見の実現を検討する段階である。
街づくりへの意識が低い住民がいるとの問題意識については、二子玉川ライズのように住民が反対意見や代案を表明しても無視されて開発が進められてしまうために、無意味・無駄という意識になってしまう。住民から出された意見を現実に反映するプロセスを積み重ねることで参加者が増えていくと考える。」

UMA/幽霊の法律相談

林田力は2011年10月14日、阿佐ヶ谷ロフトで開催された「山口敏太郎祭4〜オカルトオタクの逆襲、武蔵野歴女会が乱入予告!!」の「UMA/幽霊の法律相談」に出演しました。

北方ジャーナル

林田力のコメントが2011年7月15日発売の『北方ジャーナル』2011年8月号の記事「東電会見のネイビー記者逮捕 記者会見オープン化への影響は」に掲載されました。ネイビー通信・田代氏の生の声を伝えています。記事には林田力のウェブ記事も引用されています(「東電記者会見の名物記者、田代裕治氏が逮捕2日前に記者仲間に語ったこと」THE INCIDENTS 2011年7月2日)。

東急不動産だまし売り裁判と小国町

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社)が2010年11月31日までに山形県小国町おぐに開発総合センター図書室に入りました。同時期に入った書籍には伊藤孝博『イザベラ・バード紀行「日本奥地紀行」の謎を読む』(無明舎出版)や筒井康隆『現代語裏辞典』(文藝春秋)などがあります。

二子玉川東第二地区再開発事業

林田力は2010年4月20日、二子玉川東第二地区再開発事業について、世田谷区玉川総合支所で東京都に対して意見陳述しました。

トヨタ自動車の大量リコールとコスト削減

林田力「トヨタ自動車の大量リコールとコスト削減」が2010年3月30日、韓国の月刊誌『月刊労働世の中』の金知賢(キムジヒョン)記者の記事「下請け弾圧コールして、トヨタ・リコール 無理な原価低減、新自由主義経営が呼び起こしたトヨタ問題」内で翻訳されて紹介されました。

まちづくりのタネ研究会

林田力は2010年2月5日、「もめごとのタネはまちづくりのタネ研究会」2月定例会で東急不動産だまし売り裁判を報告しました。

サイゾー2010年1月号

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社)が2009年12月18日、サイゾー2010年1月号「警察、学会、農業……の危険な裏 告発本が明らかにした「日本の闇」」で紹介されました。

東急不動産で買ってはいけない

東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)が2009年9月3日、佐藤裕一さんのMyNewsJapan記事で取り上げられました。「日本初となる消費者契約法によるマンション購入の解約と代金全額を取り戻すことに成功」とあります。 東急不動産で買ってはいけない 被害者が語る「騙し売り」の手口

東急不動産だまし売り裁判

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』が2009年7月1日、ロゴス社から出版されました。東急不動産消費者契約法違反訴訟のノンフィクションです。

林田力『ポチの告白』コメントが『ぴあ』に掲載

警察の腐敗を暴く映画『ポチの告白』(高橋玄監督)に対する林田力のコメントが雑誌『ぴあ』2008年2月19日号37頁に掲載された。

東急リバブル東急不動産炎上

週刊ダイヤモンド2007年11月17日号39頁の記事「ウェブ炎上、<発言>する消費者の脅威−「モノ言う消費者」に怯える企業」が東急不動産だまし売り裁判に言及しました。東急不動産だまし売り裁判について、裁判をきっかけとしてインターネット上で東急リバブル東急不動産への批判が急増し、炎上しました。東急リバブル東急不動産へのインターネット上の批判は同業他社と比べてズバ抜けて多いとします。「営業マンの対応が高慢」「頼みもしないDMを送りつけてくる」といった批判的な書き込みで溢れ返っているとします。

東急不動産側が、マンション購入者に「不利益事実」を伝えなかった呆れた言い分

ジャーナリストの山岡俊介さんが東急不動産だまし売りを取材しました。アクセスジャーナル「東急不動産側が、マンション購入者に「不利益事実」を伝えなかった呆れた言い分」(2005年2月21日)で「ここまで明白な違法販売を東急ともあろう大手業者がやるとは、驚きだ」と伝えてます。

林田力『東急不動産だまし売り裁判』

Twitterで日々の出来事をつぶやき中。SNSをご利用であれば、林田力と交流しませんか。林田力のtwitterへのフォローやFacebookへの「いいね」は大歓迎です。
I invite you to follow me on Twitter @hayachikara and join the conversation. Have you checked out my account? Thanks for following me. I will follow you right back. I hope you will enjoy my tweets. Enjoy the rest of your day.
林田力『東急不動産だまし売り裁判』をメール、ブログ、twitter、facebook、mixiなどで広めて下さい。拡散よろしくお願いします。シェアして拡散していただけるともっと嬉しいです!Facebookタイムラインのトピックスにも「いいね!」「シェア」をよろしくお願いします。皆様の御理解と御協力をお願いいたします。Please visit and like my Facebook. Thank you!
#林田力 #Amazon #kindle #アマゾン #キンドル #電子書籍 #東急不動産だまし売り裁判
東急不買運動ハッシュタグ #東急不買 #東急不買運動 #東急不動産不買 #東急不動産不買運動 #東急リバブル不買 #東急リバブル不買運動 #不買運動 #不買 #東急 #tokyu #東急不動産 #東急リバブル #東急コミュニティー #東急ハンズ
不動産トラブル #マンション #不動産 #家を買う #家 #建て替え #怖い #びっくり #korehahidoi #これはひどい #ブラック企業 #被害 #トラブル
FJネクスト問題 #FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト不買運動 #FJネクスト反対運動 #FJネクスト不買 #FJネクスト反対 #投資 #消費者 #悪徳商法 #悪質商法 #アパート #賃貸 #貸家 #勧誘電話 #迷惑
東急グループ不買運動ハッシュタグ #東京急行電鉄 #東急電鉄 #東急ホテルズ #東急バス #東急百貨店 #東急ストア
#拡散希望 #拡散 #拡散希望RT #拡散希望RTお願いします #鬼拡散希望
最後までお読みいただきありがとうございます。







HOME





お気軽にお問い合わせください。貴重なご意見まで聴かせてくださった方々に、この場を借りて厚く御礼を申し上げます。Any help will be greatly appreciated. I would greatly appreciate it if you kindly give us some feedback on "The Suit TOKYU Land Corporation Fraud".



Search in 林田力



まえがき
東急不動産を提訴
東急不動産の弁論欠席
弁論準備手続開始
東急不動産の証拠改竄を指摘
東急不動産の図面集捏造に反論
倉庫との虚偽説明を糾弾
アルス東陽町での進行協議
証人尋問
地上げ屋の証言
原告への陰湿な攻撃
東急不動産従業員の証言
偽りの和解協議
東急不動産の卑劣な提案
予定調和の協議決裂
東急不動産に勝訴
東急不動産の遅過ぎたお詫び
耐震強度偽装事件と欠陥施工
勝訴の影響
社会正義の実現のために
林田力、ロゴス社、2009年7月1日発行、ISBN978-4-904350-13-3 C0032 46判 110頁 定価1100円+税
林田力はリンクフリーです。相互リンクも募集しております。
林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業 ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 住まいの貧困 放射脳カルト 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区 東陽町 世田谷区 都議会 選挙 写真 スレイマン 1ch 2ch 3ch Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook
FJネクスト不買運動 迷惑電話 評判 採用 勧誘 年収 断り方 ガーラマンション 優待 総合 口コミ スタッフサービス 福利厚生情報 解約
エフ・ジェー・ネクスト反対運動 リゾート 営業 中止依頼 撃退法 西新宿 gala 株主総会 お土産 株価 株主優待 面接 利回り 賃貸 旅館

林田力